2018/12/8

冷え・・・・・  健康

今日は朝から曇り空の一日でした。

今年は冬らしくない陽気が続いているけれど、さすがに寒さを感じてる日が多くなってきました。

冬は身体が冷えやすくなるのも常なので、冷えについて調べてみました。

人間の平均体温は36.5℃位で、平均体温は体内の酵素が最も活性化され働く温度で、体温が1℃下がると、免疫力の低下や基礎代謝の低下、体内酵素活性の低下が起こると言われています。

その結果、風邪や感染症等病気にかかりやすくなったり、アレルギー症状がでやすくなったり、太りやすくなる・・・・・などの症状が出てきます。

体温が低くなることでおこる症状では、「風邪をひきやすくなる。」「太りやすくなる。」「疲れやすくなる。」「妊娠しにくくなる。」「早く老けやすい。」 「ガンになりやすくなる。」などがあげられるようです。

季節に関係なく、生活習慣や体つきでも、体は冷えやすくなります。

暑い時期は冷房や冷たい飲み物などで、体を冷やしてしまう事が多いと言われますが、他にも体が冷える要因として、「筋肉量や力が少ない。」「運動不足。」「お酒、たばこの影響。」「活動量の低下。」などがあります。

冷えを防ぐ生活習慣として、定期的に運動をするのも効果的です。
筋肉は熱生産するので、筋肉が増えると体温が上がります。また、基礎代謝も上がり、痩せやすい体作りにも繋がります。
有酸素運動は、全身の血液循環を促す効果もあります。

体を温める服装も大事で、腰、お腹が冷えないような服装、また手足等体の末端は血流が滞って冷たくなることもあるので、手袋や厚手の靴下の着用や指先の体操なども効果的です。

それからお風呂も血流の促進、リラックス効果などの効果も期待されます。シャワーだけでは体の芯まで温まりません。湯船にじっくりつかりましょう。

聞けば当たり前の事だけど、意外と忘れてしまって、冷える生活をしてしまいがちです。
もう一度あらためて思い出して、健康な冬を過ごしましょう!
(;^ω^)




4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ