2013/5/14

捉われないように・・・  整体師の独り言・・

今日は朝からお天気が良くて、夏のように暑い一日でした。

私は整体の学校に通っていた時に、少しだけ医学的な勉強をしました。
また、同時に「知識がなければ・・・」と、自分なりにも色々と本を読み漁って、東洋医学的なものも勉強しました。

そんな中で、面白い本にも出会いました。
例えば、あるお医者さんの話で「菌やウィルス、事故などでの怪我以外で、医者が治せる病気なんてない!ただ、医者は薬で症状を緩和させて、患者さんの体が治してくれるのを待っているだけです。ですから、医者が偉いわけではなくて、本当に凄いのは患者さん自身の身体なんですよ。」と書いてありました。

また、「今までに、薬で副作用の無いものは無い。」とのことです。

それから、「腰痛と神経の圧迫は関係ない」と発表されたお医者さんの本も読みました。
腰痛の無い、ただ内科検診で来られた患者さんのレントゲンと腰痛で来院された患者さんのレントゲンを比較したら、腰痛の無いただ内科検診で来院された患者さんの方が、脊椎間が狭くなっていて、神経が圧迫されているとみられるものが多かったそうです。

なんとも説得力のある内容で、これが全て、お医者さんが書れているのが面白く感じました。

まぁ〜、事実は分からないですけど、そんな事実も頭に入れて、柔軟な物事の捉え方をしていきたいと思います。
m(__)m

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ