2012/8/31

主として・・・・・  整体師の独り言・・

今日は朝からお天気の良い一日でした。

グッズの「ミサンガ ルティ」「ブレスレット アメン」が入荷いたしました。
お待たせいたしました。
m(__)m

以前ある本の中で、有名なお医者さんが言っていた言葉があります。
「自分たち医者が治せる病気は、事故とかの怪我や菌やウィルスなどが原因のもの以外は何もない!自分たちは患者さんの症状が緩和するお薬を処方して、後は患者さん自身の身体が病気を治すのを待つだけです。
だから、医者が偉いわけじゃなくて、本当に偉いのは患者さん自身の身体だよ・・・・。」

こんな話が書かれていました。

なるほど・・・・って思ってしまいました。
私たちも同じで、ただ、患者さんが自身の身体が改善されるために、良い体内の環境を作るお手伝いをしているだけにすぎない。・・・・って整体の師からも言われていました。

まったくその通りだと思います。

以前勉強をさせてもらった他の整体法でも、できる限り施術をしない?ように、患者さんが「こんなんで改善するの?」って思ってしまうくらい軽い施術なんですけど、やっぱりその時の師は「患者さんの身体が改善するために、できる限り患者さんの身体と対話して最低限の刺激の施術をする」・・・・なんて感じの話をされていました。

思えば、傷ができても、時間とともに改善されていつのまにかキレイになっているのですから、「生きよう」とする身体の細胞の力を感じてしまうし、感動すら覚えます。

そんな「必死に生きよう」とする、身体の細胞を守ってあげることが、主としての役目な気がしてきています・・・・・

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ