2012/8/21

考えていたら腐っちゃいそうです・・・・  整体師の独り言・・

今日は朝からお天気の良い一日でした。

私がヒーラーとして普段、気を付けていることは、「余計なことはしない!」と言うことです。
ですから、基本的には言われたこと以上のことはしないようにしています。

そうでないと、「大きなお世話の押し売り」になってしまうからです。
そこまでいくと、もう施術側の高慢なってしまったりもします・・・・もちろん、どこで線を引くか・・・・は難しいことですし、どれが正しいのかなんて言うのもわかりませんけれど、直ぐに調子こく私にはとても大事な「決まり事」にしているわけでして・・・・

以前はよく、こちらから見ていて、「こうしてほしいのかな?!」なんて思うと善意のつもりで、手をだしたりしてしまったりもしました。

でも、その陰で「どこまでが善意で、どこからがこちらの欲」なのか?・・・って悩んでいました。(まぁ〜、善意も欲なんでしょうけれどね・・・・汗)


だって、「患者さんを楽にしてあげたい」って、善意のようですけど、施術をする人の「してあげたい」って言う「欲」ですよね?!
「欲を持ってはいけない!」って教わるのは「常」ですけれど、どれが欲でどれが善意って分からなくなっていました・・・・

そんな時ある本の中に「人のためって言うのは、どこまで行っても自分のためで、欲だ。だから、決してそれを相手に言ってはいけないし、見返りを求めてはいけない」って書いてありました。

これを見たときになんか心の中がスッキリしたのを覚えています。

どんな聖人だとしても、「誰かのため」とか「何かのため」って言うのはその人の欲でもあるわけで、それを無くすって言うのは、相手が求めたことを自分の器でしてあげること・・・が一番「近い」ことなんだと思いました。

もちろん、色々な考え方やとらえ方があると思うので、どれが正論なんてないと思いますけど、私はそんなところに自分自身の活路と言うか、方向性を見た気がします・・・・

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ