2011/2/6

癒しになってないでしょ?!・・・  整体師の独り言・・

今日は曇り空のお天気の1日でした。

お医者さんでリウマチということで、膝が曲がらず痛みもあって、屈伸もできないと来院されました。

このまま悪くなるんじゃないか?との不安も持たれているようでした。
10分程度ヒ−リングを行なって、屈伸に挑戦してもらったのですが、かなり曲がるようになり、曲がる嬉しさとビックリしたのとで涙を流されて喜んでいました。
「こんなに曲がるのを旦那さんやお母さんに見せたい!」って、ほんと喜んでいました。


患者さんが、ある癒しのグル−プの講習会に参加した時に買ってきたネックレスを身につけると肩が重くなったりして、調子が悪いとのお話でした。
講習会では、みんながそのヒ−リングの効果やグッズの効果に凄い!凄い!って盛り上がっているけれど、その方にはあまり感じられず、肩こりの施術を受けたけど本当はあまり効果を感じなかったらしいのですが、その場の雰囲気で、「楽になった」って言ってしまったそうです。

お話を聞いていると、とても不信感を持たれていたように感じました。

こうなってくると、「癒し」の場ではなくて、無言の強制の場?になってしまうんじゃないでしょうかね?
「癒し」とは反対の「威圧」になっているように思います。

グッズも類もそうで、例えばいくら「つきのうさぎ」さんのグッズが効果あると言っても10人が10人同じように効果を感じてもらえる・・・なんて私は思っていませんし、効果を感じない・・・と言う意見は意見で受け止めればいい・・・と思います。

ヒ−リングにしろ、グッズにしろ使う方や施術を受けられる方が楽になればそれで良いのですから、こちらのウンチクや威厳?なんてど〜でも良いのですから・・・・

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ