2009/6/23

いつの日からか学びました。  整体師の独り言・・

今日は午前中は雲が多かったのですが、午後からはお天気も良くなって、暑い一日でした。

色々な患者さんとお話ができるおかげとヒ−リングに出会えたおかげで、大分考え方や生き方?が変わってきました。

以前は、例えば腰痛で来院された患者さんの施術をして、痛みが改善されたことを自慢?に思ったり、その事(患者さんを自分が治したって御バカなおもい)で、自分で自分を凄いでしょ?!って思ったりしていた自分がいたように思います。

でも考えたら、そんなの当たり前のことなんですよね・・・。

痛いのをなんとかしたくて、来院されるわけだし、そのための職業なんですから、それが当たり前なわけですよね・・・。

どんなに腕の良い美容院に行って髪の毛セットしてもらっても、お客さんからすれば、それは当たり前のことだし、美容学校でどんなに成績が良くたって、世の中にでれば、当たり前の範ちゅうで、なんの自慢にもなりません。

整体やヒ−リングで有名だろうと、学校で優秀だろうと、それで生活をしているプロなんですから、それは当たり前のことで、なんの自慢になることではないわけです。

それに、いかにも自分は努力と特別な技術、能力があるように自慢しても、それを教えてくれた先輩方やサポ−トしてくれた周りの人達、育ててくれた患者さん達の見えないところでの応援のおかげだってことにも気がつかずに調子こいていたりします。

そんな当たり前のことにも気がつかず、過ごしていた自分を振り返って恥ずかしくなった時がありました。

「自分の、このやり方は間違っていない!」って思うことが間違っているのかもしれません。・・・ってそんな反省の時間を持つことの大切さを、いつの日だったか?学び、今でも忘れずにいます。

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ