2006/11/14


今日もとてもよいお天気で、暖かな一日でした。

院内には骨模型の「こつ夫」君がいます。この「こつ夫」君は子供達に大人気で、来院するなり手を捻られたり、足を引っ張られたりと大忙しです・・・・。

でも、その内骨折でもするのでは?と少々心配です・・・・(;一_一)。

昨日の日記でも触れた風邪のことですが、以前の話なんですが、当時サラリ−マンだった時にかなり重症な風邪にかかり熱も40度くらいあったのですが、当時の会社の社長さんの教訓で「とにかく、会社に出社しさない。それがサラリ−マンだ〜!」みたいなものがあって、それを素直に信じた私だったんですが、さすがにそれくらいの熱で仕事をしていると意識は朦朧としてくるし、フラフラしてくるしで「もう〜ダメだ〜・・・」と思ったんです。
と、その時に頭の中で「ブツッ!?」と音がしたんです!?。(ほんとに!)

そうしたら、なんとそれを境に急速に熱は下がるし風邪の症状はウソのように、すっかり改善してしまいました。
あれが「峠」ってやつだったのかはわからないのですが、確かに何かを越えた?感じでした。

そんな経験ありませんか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ