2006/1/5

知らぬが仏?  整体師の独り言・・

久しぶりの友達との会話で昔のことを思いだしました。

中学生の頃ですが、その頃キャンプにはまっていたのですが、普段の足と言えば「自転車」だけで、キャンプ場とか遠くの高原へ・・・なんて言うのはできず、近くの川原で数人の友達とキャンプをしました。

テントを張って、食事を作って話しをして・・・とても楽しい時間でした。
で、寝ようとするとテントの下に、寝るとちょうど背中があたる場所に何やら「ボコッ」と出っ張っているものがありました。
「何だこれ〜」と言いながらパンチや蹴り?で平らにしてから一晩を過ごしました。

次の日テントを片付けると、何やら黒と金色の物が・・・「ビックリ」でした。

昨夜、キックとパンチで平らにした「ボコッ」とした物の正体はなんと、
どなた様かの「位牌」でした。何でこんな所にあるの?なんてそんな事はわかりませんでしたが、「知らないって事はなんて幸せなことなのか・・・・」ってその時、勉強しました。

もちろん、その後もすっかり忘れていましたし特に悪い事もなく、今でも笑い話になっています。
(^_^;)



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ