2008/1/26

棺おけ車?!  整体師の独り言・・

今日は朝からお天気が良く、寒かったものの日差しが暖かく感じた一日でした。

お昼休みに少し時間があったので、新しい相棒となった愛車で、雑貨を買いに行きました。
まだ、慣れなくてとても気を使いながらの運転でした。
思ったのですが、最近の車と言うのは、昔帰り?をしている部分もあるような気がします。昔、爆発的人気のスカイラインシリーズで通称「ケンメリ」とかを私達は「棺おけ車」と言っていました。

何が「棺おけ」かと言えば、窓が小さくて大きいドアやグッと沈み込むようなシートに囲まれて、箱の中に入った感じになるからです。

で、最近の車もだんだんと安全のためなのか、窓が小さくなって囲むような車体の車が多くなったような気がします。
私の相棒も乗るとそんな感じをうけます。でも、当時の車はそれでも、ボンネットや角ばった形が多かったので、運転するのが意外と楽だったのですが、最近のはほとんど車体が視界に入らないし、おまけにドアミラ−なので、ボンネットの感覚がつかめなくて、ワンボックスタイプばんり乗っていた私には、少々慣れるのに時間がかかりそうです。

でも、車自体はなかなかお気に入りなので、早く慣れて意気投合して走れる相棒になるように、仲良くしていこうと思います。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ