イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

哲学的考察とその実践

クリックすると元のサイズで表示します

日曜日の大物前打ち敗北の理由は、釣りの肝・キモとなる餌の仔カニの確保が少なかったことである・・・と賢考しました。

前打ち名人の皆さん必携:仔カニ捕獲網=私の6年間前の網は壊れていて使用できず、餌カニの浪費にビクビク怯えながら釣っていたのが、黒鯛が釣れない理由だったと悟ったのです。精神的な問題でした。

そこで、日曜日の夜、夜なべして壊れていた仔カニ捕獲網をセルフビルドで修復改良しました。
カニトリちゃんです。(壊れていた旧商品名カニとりくん1.8m延柄;安物)
柄を延ばせば、1.7mになります(10cm損失作品)

Z屋現行最新商品は柄がステンレス製で¥3000円以上していました。
あんな仔カニ捕るのに何でそんなお金を掛けなきゃならんのか?大いなる疑問です。
大きな需要・釣師の要望があるのか?
ウ〜仔カニ捕りたい・・・人の弱みに付け込んだ商品の典型ですね。

私の安価なカニトリちゃんがあれば、大物獲たも同然・・・
今後は「東海岸のわらしべ長者」と敬意を込めて呼んでください=黒鯛獲った時に・・・

こいつの唯一の欠点は、カニ捕りに夢中になってしまうことです。
鯛の時合を逃す可能性もありますなあ〜わっはっはっは〜

投稿者:imorimasuda

今日の気持ちはコバルトブルー

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、うねりもあり波も1.5mとの予報だったので砂浜サーフとテトラ帯のTバーではなく、比較的穏便な港に行ってきました。
まあ、ひどく荒れた海を見れば釣りはやめようと思いますけども・・・この港は大概の場合大丈夫です。
釣れないことが多いんですけど・・・今日も期待はせずに行きました。いつも期待はしていない釣り場です。

朝、6:30からお昼過ぎまで。ホウボウ1、キス2、ヒイラギ2のみ。かなり寂しい結果に終わりました。でも、ホウボウは美しいから気持ちがいいですね。味もいいし。
この画像:左は水の中。右はは堤防の上、ヒレの開き方が違いますね。怒るとヒレ拡げて威嚇するんでしょうか?
・・・堤防上の陸置きのホウボウ君。ぶーぶー鳴いて:泣いていました。


ふたつのヒイラギは、今回は食材にせず、泳がせ釣りの餌にしました。狙いはデカイヤツ。エイでも掛かってくれればそれはそれで楽しいし、仮に同じフラット系のヒラメだったら飛び上がるほど嬉しい。実はタコも期待していました。・・・ですが何も反応なし。

しかし、投げ釣りでトロトロ引きしていたキスの一つは尻ビレより後方尾っぽが食いちぎられていました。もうちょっと辛抱すれば普通の投げ釣りで、でっかいヤツが手に入ったかも・・・このような時のために、私は投げ釣りの仕掛けスペックを市販品より上げています。黒鯛40cmが仮に掛かっても対応できる仕掛けにしてあります。

明日7月17日海の日は茅ヶ崎の浜降祭。
遊魚船は大漁旗で飾っていました。
港と浜は一斉清掃と竹で会場作り・・・大勢の方々が西浜・港でいろいろ準備をしていました。
早朝は、ふんどし姿の方々がお清めで海に入っていました
投稿者:imorimasuda

ハコフグの味は至福の味、蘇る舌の記憶

クリックすると元のサイズで表示します
懇意していただいているP氏の掲示板BBSに、Lさんのハコフグコメント(下↓)が載っていました。
「旨ッ! ネギ味噌焼きにしてみました。なるほどーこりゃ皆が絶賛するわけだわ。肝は驚くほどの量だったのに、焼いたら小さくなって身の量とちょうどいい比率になりました。魚料理としてはかなり濃厚な部類ではないでしょうか。ワインとか合いそう。 」・・・とありました。
タモ網で掬ったそうです。

私も以前、二つ釣った時のこと、食べたときの味を思い出しました。
上の画像がその時のものです。
たぶん「めおとのハコフグ」だと思われました。
本当に素晴らしい味です。

喩えるならば、最高級品地鳥の上品なササミ&下関トラフグの身を合体させ、世界的美味フォアグラと日本的手製味噌でまぶした<WEST MEATS EAST>のロースト料理と言った感じです。
私、フォアグラは食ったことがないけれど。・・・

私が料理をしている時、家族はハコフグの顔を見て大笑いしてました。
さかさまにして焼き始めた料理をみて、また笑いまくっていました。
笑った後、変なもの食っている親父のそばには近寄らず、遠目でちらちらと好奇の視線でした。

ハコフグネギ味噌焼き=この料理の最大の長所は鍋フライパンなど器を全く必要としないことです。
ご存知の方はご存知ですが・・・ハコフグ本体の骨格と皮が鍋なんですよ。


投稿者:imori masuda takao

湘南の海は荒れて茶色だった

最近は土曜日曜日が仕事のことが多いので、平日の夕方から夜か、早朝しか自分の時間がありません。
そこで本日7月12日、仕事の打ち合わせを終えた時間が夕方だったので港東提先端に行ってみました。19:30〜20:30。

ニベ34.5cm1のみ1時間DEゲット。(^^)
画像だと長さが不足か?でも尾っぽが垂れているので伸ばして測った大きさです。

隣の方(常連グレ師)は狙い通り、T港で稀な口太グレ30cmオーバーゲット。餌はコマセを丸めた練り餌とのこと。

後ろの方は東南アジアのゴンズイ網籠罠師、私が帰る時に既に40ゲット、目標は80くらいとのこと、もう少し粘ると・・・仲間と携帯で連絡取り合っていました。帰ってスープ(鍋のことらしい)パーティやるとのこと。(^^)
このゴン罠師は以前出合った人でした。しかも以前私が鮫を差し上げたらスーパードライをくれた人でした。
ゴンも鮫も唐辛子一杯入れたトムヤンクンみたいなスープ仕立てに料理すると言っていました。
凄く旨いと言っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao

七夕は幸運を呼ぶ


「七夕は幸運を呼ぶ」

7月6日18:00仕事を早めに終えて久しぶりに近所の港に行きました。
のんびりと夜の大物ブッ込み釣りの準備をしていました。並継ぎ竿にリールをセットし終えて仕掛けを作ろうとしていると・・・
一人の茶色タンクトップの若者が必死の形相で走ってやってきました。眼が血走っていました。
「タモ!網!貸してください!絶対、絶対!!お願いします!!イカ、イカ、イカ、イカなんです!!!アオリイカ・・・」迫力に押されました。私、すぐに貸しました。
彼は、凄いスピードで釣り場に走って戻っていきました。

私は数秒間考えました。「初心者ではないようだし、あの慌てようは変だ?何かおかしい。ひょっとしてもの凄くデカイんじゃないか?」
そんな思考後、約5秒後に私も彼のあとを追って走りました。私の直感が「彼を手助けしろ!!」と命じたのです。
実は、「先端まで来る途中、突き出し堤防にいた彼の釣り方」を(スカウト活動で身についた癖)観察しておりました。
彼は軽量メバル用ロッドにワーム:ソフトルワーでチョワチョワやっていたんです。今時メバルはいないのでフッコかカサゴでも狙っているのかなあ?と思って通り過ごしたんです。

まだ獲物を見ていない段階で、私は50m程後方から大声で叫びました。
「おい!タモ網出してやろうか?助っ人しようか?」 
「はい、お願いします。」と明快な返事。
彼はタモ借りにくる間、獲物をくっ付けたまま軽い短いロッドを放置していました。
一人なんでどうしようもなかったと言っていました。

海を覗いてみると、極細ハリス糸に黄色いナイロン道糸をくっ付けて悠々と泳いでいるデッカイアオリイカがいました。
私は、興奮している彼を落ち着かせ、イカの背後に回り、タモ網を静かに沈め、彼にイカを動かないようにする指示を出しました。
獲ったり、掬ったり、掴んだりするのは私の得意分野ですから、私には失敗しない自信がありました。
ハリス糸は0.8号でしたので、掬った後引っ張ったらすぐに切れました。

私は、彼のカメラで写真撮影:イカを抱きかかえた彼の満面の笑顔をパチリパチリ・・・
ここで信じられない言葉が・・・
「おじさん、このアオリイカ貰ってもらえませんか?釣っただけでいいんです。僕はいらないんです。どうですか?」
「えッッ!!えッ!!! 何?何?ナニ〜〜 今なんて言った?」
「あげます。あげます。アオリイカ。コレ!!」
「本当かよ!!貰う貰う貰う〜〜絶対貰う〜」
二人で一緒にわっはっは〜

・・・という訳で自分で釣りやる前にデッカイ獲物をゲットしたのです。
私たちの周りに集まってきた釣人たちは、私だけをもの凄く羨ましそうに見ていました。
イカを抱えた私を妬んでいた人もいたようです。

「正直かつ親切心に溢れた・・・心優しい義侠心溢れた」私の性格が幸いしたんですね。
人を助けたら自分にも幸せがやってきた。
一日一善・・・やってみるもんですね。
日頃の活動で培った何気ない観察力の成果でした。
今が旬のアオリイカ=イカでは最高の味、最高級価格の逸品です。
私の大物ブッ込み釣りの釣果は、20時半までやってチビちゃいキス1匹。幸運は一つで充分
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ