イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

夜の3時間くらいしか時間がない

最近はというか毎度というか、土日も、平日も仕事・・・

気分転換しないと・・・
何か運動しないと・・・

そう思っているが、夜には何とか3時間くらいは時間がある。
睡眠時間を削れば、時間ができるが、それもあまり好ましくない。


やはり、海が近いので、夜の海に出掛けるか、必要に迫られて仕方なく野営場の整備に行くかしか体を動かす機会がない。


それで、夜の海に行くことにした。
時間が遅く、釣具屋は閉まっているため、活きの良い餌は買えない。


必然的に、擬餌での短時間釣行となる。
2〜3時間くらいしかないし・・・

でも最近は、釣った魚が小さくなってきていて、キープ持ち帰りサイズを自己規定している大きさに満たない獲物が多くなってきた。
折角、釣ってもリリースばかり。

そろそろ、釣り場を変える時が来ている気がする。
今度行く時は、別の所にしようと思う。
そのほうが、新鮮な感じだろうし、気分転換にもなる。
運動量も増しそうだ。



写真は、全てリリースしたカサゴ。
20cm未満のサイズばかりだった。
活き餌ではなく、全て擬餌を使用した。

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:imori masuda takao

自然薯は、強いから、家の周りに植えるな・・・という指摘

自然薯は・・・「強いから、家の周りに植えるなって、ということを誰からか聞いたことがあるという」・・・こんなことを、ある時、釣り友が呟いていたので、ちょっと気になったため、BLGに書き残しておこうと思いました。


蔓・蔦類は壁を登るから、外壁の傍に植えると、家の外壁が緑化され、環境的な建築の姿になるようにも思いますが、細い根っこも外壁の小さい穴・ひび割れに根を張ることがあり、湿気も発生滞留、外壁が乾燥することが少なくなり外壁の傷みが増すと考えられます。

特に木構造の土台部分:土の傍は常に湿気に満ちている状態となり、土台部分が危なくなる恐れが高くなると思います。
木造の場合は、湿気の滞留によって、内部の木構造:柱梁の腐食進度のスピードと腐食確率が上がると考えられます。
外壁が虫・害虫の棲家ともなり衛生的にも辛くなります。
また、虫を食べるヘビ・トカゲ・ヤモリ・鳥類等も訪れてきます。

ですから、木造住宅の場合、蔦類は家から離して植えることが多いと思います。
自然薯は、秋には枯れますが、勢いの良い元気な自然薯は繁殖力が旺盛ですから、ムカゴも多く、更に落下したムカゴから蔓が生え、更にネズミ算的に増えていくと思われます。

外壁から3〜4mくらい離して植えれば、問題はないかとは思いますが、1mくらいだと、外壁際に蔓が生えると思います。
はっきりとしたことはわかりませんが・・・


都内都心部での設計監理の仕事の時、現場常駐オフィスの外壁は、全面蔦に覆われた風情ある建物でした。
しかし、虫が凄く、窓は開けられませんでしたし、ヤモリがコピー機の中に入り込んで負傷絶命、コピー機の中が赤い血で染まったこともあったくらいでした。
この建物は鉄骨造でしたから、まあ何とかなっていましたが・・・

木造だと、長い時間・経年変化の状況によっては、腐食していた可能性が高いと思いました。

投稿者:imori masuda takao

鵠沼野営場 不法廃棄物撤去

超大型トラックのタイヤ2つ、中小タイヤ6つ、何かのクソ重いエンジン、廃棄自転車4台、ストーブ等家電製品多数、ダイニングチェアー2つ、皮製かばん、大型クーラーボックス、大量のダンボール、木杭数本、工事用資材、道路交通整理道具類、その他いろいろ・・・ホントにいろいろ、たくさん。

ここ数年で不法投棄されていた大ゴミ類をイタズラ防止のために貯めていた仮設倉庫が満杯で、もう収容不可能になった。


先週、困ってしまい、市のK市民センターに相談に行った。

親切な担当の方に、良いアドバイスをいただき、市の環境局から不法投棄処理トラック2台が来てくれた。
2tトラック2台だ。

その2台が満杯になって、去っていった。
スゴイ量だった。
ここ数年分だからだが、この他に放置廃棄盗難自転車は、10台くらいを別にその都度処理してきた。
大変だった。


これで、何とかゴミ倉庫が空になったので、また不法投棄のゴミを入れることができる・・・
ここ数年の繰り返し・・・
困ったことだ。

投稿者:imori masuda takao

月が美しい夜は

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

秋の長夜の短い時間
月の美しい夜は、海の散歩がいい
竿を立てた自転車に乗って風をうける
北風が少し寒いくらいがいい

春告魚を秋に見るのもいい
冬の産卵の前 眼張を得た
満月の夜は明るい 眼張はこれひとつだけ

明るすぎる夜は 見えすぎるのだろう
人は心地よいが 海の中は警戒心でいっぱいになる

時期早々の春告魚
抱卵していたが おいしくいただくことにした





投稿者:imori masuda takao

半夜釣行 久しぶりに金銀銅

仕事を終えたその足で、海に寄ってみた。
19:00〜23:00。

運動不足解消と気分転換を兼ねて、キャスティング。
海は穏やかで、月は美しい。
弱い西よりの北風だったので、気分良くキャストできた。

久しぶりに、金:メバル、銀:メジナ、銅:カサゴの3色が出揃った。
この時期に、このサイズのメバルが釣れるとは・・・予想もしていなかったので、メバル好きの私としては、とてもとても嬉しい。
帰ってから、早速美味を堪能したいので、今回の魚は少々小振りだが、鮮度保持の活き〆と神経抜きを施して帰還。

クリックすると元のサイズで表示します


本命は、スズキだったが、一度もそれらしいアタリはなかったが・・・

メジナ21〜26cmと黄金メバル26cmと20cmカサゴをキープできたので、まあまあの結果だと思う。


メバルは12月に入ってからだと考えていたが、10月末にゲットできるとは思ってもみなかった。
去年も12月に初ゲットだったし、ここ数年は、冬らしくなってきてから出没していたからだ。


他にリリースしたのは、ドチサメ70cm1つとゴンズイ数尾、小カサゴ数尾。
ドチサメもゴンズイも美味い魚だが、食いきれないのでリリースした。
リリースカサゴは、いつも20cm以下程度を目安にしている。



次回は、スズキ・フッコの接岸を期待して、本命のデカイヤツをゲットとし、持ち帰りたいと思う。


投稿者:imori masuda takao

寒い風 冷たい雨 体の鍛錬 心の鍛錬

最近は、ハードでアグレッシブな野外行動をしていない。
カヌー激流下りもイカダ漂流も雪中トレーニング野営も無人島サバイバル野営も、とんとしていない。
これではイカン・・・何かせねば、体が鈍ってしまう。すると、心も鈍ってしまうかもしれない。
釣りは何とかたまにやってはいるが、あまりハードな感じで釣りをやってはいない。
どちらかというと、おかず確保か酒の肴キープという心の安定・クツロギのために釣りをしている感じだ。


そんなことを考えていたので、秋の風もだんだんと冷たく感じてきた土曜の夜、あえて雨降る北風の中、わざわざ、夜釣りに行ってきた。


雨が降って北風も強かったが、今の私には関係ない。
体と心を鍛えなおす第一歩を踏み出すのが目標だからだ。
雨と寒さには、防寒防雨の完全装備で備えたので別に問題はない。

フッコスズキ本命・大穴で巨メジナ・まあいいかの妥当カサゴという感じで行ってきた。
魚は釣れなくても、鈍った体を厳しく鍛えるためだから釣りの成果は二の次・・・それ故、狙いは適当でよいと考えた。

でも、スズキが欲しかったけれど・・・


今年はフッコ・スズキの近接が、昨年までのここ数年と比べて遅いようで、ルワーマンも少ない感じ。
去年は、夜釣りでのルワーグループが10月中旬から、かなりの人数いたんだが、今年はほとんどいない雰囲気だ。
まあ、それもしょうがないか、なんせ、北風強い雨の夜だし、天気予報も雨が続く傘マークの連続だから・・・
こんな夜に釣りするヤツは、ほとんどいないと言ってもいい。
まして、この前の強烈な波浪の台風の後は、魚がどこかに行っちまったという噂もあるし・・・



・・・ちょっとだけ釣れた。
今晩の成果は、カサゴ19cm2つ〜21cmと23cmの計4つを持ち帰り。
カサゴ19cm以下を2つリリース。
大ゴンズイもリリース。
という〜ちょっと寂しい結果だが、まあいい。
魚が目的ではなかったので・・・
しかし、くやしい。
色々考え悩んだが、カサゴの煮付けは好物なので、今日はちょっと小さめサイズ19cmも持ち帰った。



ただ、貴重な自作ド遠投ウキ(150g)+LED発光ピースの仕掛けを2つも磯岩に捕られてしまった。
複雑な形状の磯際50cm:距離60mくらいと65mくらいのポイントに道糸PE5号を引っ掛け、強引に引っ張ってしまい2つとも瞬間切断。
赤く光るウキ2つが下の針付き仕掛けとともに漂うハメに陥ってしまった。
途中1時間くらいのその仕掛けの回収(ファイヤーライン5号+ケミホタル+27号錘+ルワー仕様で)に励んだ。
この重たい回収仕様で80mくらい先のピンポイントを狙ってフルキャスト、フルスピードで巻いてはフルキャスト、フルスピードで巻いてはフルキャストの連続を1時間・・・
で、とてもとても疲れた。

1つは、3投目で回収に成功したのだが、もう1つは、回収途中で発光しなくなり、どこにあるのかわからなくなってしまった。
漂っているポイントを想像しながらピンポイント遠投に努めた。
しかし、目標がないためどうもうまくいかず、途中で諦めた。
まあ、1つは遠くから回収できたので、ヨシとしよう。


この150gの自作発光夜間対応ウキは、30〜33号鉛削り出し自家成型錘+市販浮力体をステンレス0.8mm棒鋼を中通し速乾軟性弾性透明シリコン厚肉固めで一体化流線型に自然流動固形したもの。
仲の良い釣り友からは、テポドンと呼ばれて恐れられているというか笑われているものだ。
まだ、夕陽が残っている薄明るい時に私が投げるスタンスに入ると、ゴルフの第一打ドライバーショット時のように、私の傍からみんな距離をとって離れていくし・・・


1つの自作ウキを回収できたのは、80m先のピンポイント狙いの所に投入できたことが幸いだったが、3投目での回収は、たまたま運が良かったのだと思う。
ウキの遊動三つ又サルカンの小さい穴に、ルワーのフックがたまたまうまく入っていたからだ。これは、掛けられたことが自体が幸運だ。
針の穴を通す・・・という感じで引っ掛っかったからだ。
普通は、もっと苦闘するはずというか、不可能なことだろう。
まあ、普通はほとんどの人は諦めて、回収という無駄な行為はしないと思う。



しかし、私は・・・
・諦めが悪い性格だ。
・執念深い性格でもある。
・それに加えて自信過剰な性格でもある。
一般的には、最悪な性格と言ってもよいだろう。

しかし、私の性格を言葉を変えて表現すると、
・決して諦めない 精神で根性がある。
・記憶力が良く、物忘れをしない、思い入れ思いやりがある。
・鍛錬努力を怠らず、実力を絶えず磨いておき、いざという時に備えている謙虚な男である。

・・・という表現をすることも可能であろう。
これは、一般的には、最も尊敬されるであろう性格と言ってもよいだろう。

投稿者:imori masuda takao

希望へと続く道


この道は、やはり自ら切り開いていくしかない。





投稿者:imori masuda takao

無理なこと

まあまあの年齢の釣り友(自転車も趣味)が、標高差500mのルート90kmをサイクリングしてきたという。
それは、今の私には、とても無理なことです。
20年くらい前までなら、行く気になったと思いますが・・・


別の釣り友は、フグ各種の見分け正確につくという。
それも、昔から今現在までの私には、無理なことです。
私は、釣ったフグを調理することも出来ないので、見分けることに興味がほとんど無かったことも理由のひとつですが・・・


今から努力しても無理なこと・・・昨晩、2つ気が付きましたが、まだまだ、無理なことがたくさんあります。



今は、ゆっくりした休日を取ることが、無理な状況です・・・当分、無理な見通しです。
6月からずっと続いている状況です。


7月初旬には、無理に無理がたたって、食あたりになってしまいました。
しかも、美味しかった〆鯖で。
ですから、好物だった〆鯖はここ数ヶ月食べていないのですよ。


投稿者:imori masuda takao

身近にある秘境

私の住んでいる傍に、こんな獲物がゲットできる秘境があったとは・・・

大アジしかもマアジだ。特筆するべき大きさの36cm。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな大物が、陸釣りでゲットできるとは・・・
やはり、今回の強烈台風の影響で、彷徨い迷って近くまできたのかもしれない。






そして、何だかよくわからない知らない生き物まで、私に近づいてくるし・・・
クリックすると元のサイズで表示します
一体、こいつは何だぁ〜
突っついたら逃げていきやがった。


投稿者:imori masuda takao

夜の獲物

クリックすると元のサイズで表示します

日曜の夜、18:00〜22:00まで、台風後はどうかな?っと思い、人の気配の少ない秘境まで、ザック背負って行ってみました。

昨夜の獲物は、美味絶品36cmアジを筆頭にまあまあサイズの刺身メジナ、GOODサイズ刺身カサゴ1と21cmサイズ煮付けカサゴ2等をキープ。

バラシが2回程ありましたが、その内の1度はGOODサイズのアジらしき引きでした。
悔しかったです。

どの魚も100m〜70mくらいの遠目の距離であたってきました。
遠目で魚を掛けたので、近場での魚の反応はわかりませんでした。



写真の他には、今後の成長に期待してカサゴ20cm以下4つをリリース。
ゴンズイは4つゲットしましたが、東南アジア人らしき人にプレゼントしました。
東南アジア方面では、このようなナマズ系は大変なご馳走魚だそうです。



↓写真:リリースしたカサゴ4つの内2つ、大きく見えますが、20cm以下です。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao

台風18号の跡

茅ヶ崎港は、台風の猛威で金曜日は滅茶苦茶でした。
日曜日に行ってみましたら、復旧作業後で普段のように戻っていました。

今回の非常に強い台風は、漁師の方々も今まで見たことがないような大大大波だったそうです。

波の高さは、南堤防高の3倍くらい、土砂波は134号線手前の釣船宿まで押し寄せ、西浜駐車場脇の砂浜公園広場の鉄筋入りコンクリート手摺が95%折れて海の中または陸地に点在、西浜脇の堤防のテトラが4つほど駐車場手前の陸地に鎮座、屋根付き船着場は50cmの厚さの砂で埋まり、駐車場は砂浜のようになってヌカルミ状態になっていたとのことでした。


ですが、日曜日には、市役所と漁協の素早い復旧作業のおかげで、いつものような感じに戻っていました。
投稿者:imori masuda takao

台風の影響

ここ数年の台風の影響で、地元サーフ砂浜が侵食崩れてしまい、毎年公共事業にて造岸造浜のための山砂川砂投入追加工事等が頻繁に行われています。

その工事の主なエリアは、西の駐車場から海水浴場東側サーフあたりに集中しています。

その投入された砂は、大雨や海が荒れたときに泥土のようになって海に流れ出しています。
すると、再び山砂川砂投入追加工事等が行われているようです。
しかし・・・再再度、台風が来襲すると、泥土のようになって海に流れ出しています

すると・・・またまた・・・のように繰り返しが・・・


段々と砂浜の海が浅くなってきているように思います。
まあ、長い時間をかけて、遠浅の砂浜になることを目指しているのかもしれませんが、現在においては、濁りのある海浜サーフのようなイメージになっています。
これが、良いことなのか悪いことなのか、今一歩私には理解・判断できないことなのです。
では、他にこれに代わる代替案:砂浜整備案があるのか?というと、私にはわかりません。



私は、散歩がてらに釣り行く場合、その濁りの残る流れ出しが影響しているエリアには出向かないと個人的に決めました。
魚類貝類も土砂で濁った海水を嫌って避けるのではないかと考えたからです。

自然相手ですから、海岸ゾーンの環境整備は、とても難しいとつくづく思いました。


投稿者:imori masuda takao

朝飯前

本日日曜日、夜明け5:00から10:00、近場で良型キス小爆フェスティバルでした。
私は16cm〜22cmをゲット。
小さいピンキスは、8つくらいリリースしました。


昨日土曜日も良型キス小爆だったそうです。
常連の方の話では、金曜日が一番凄かったとのことでした。


金土のことを近所の釣りの先輩から聞いたので、日曜日は4時に起きて、自転車で出撃。
釣り場に着くと、常連の方々は、青物釣らずにライトタックルキス狙いばかりで既に満員。
私は、端の方で釣りました。


帰ってから、昼食はキスの塩焼き4つとこの前のイナダ(ワカシ)のアラの煮付け。
残りのキスは、家族メニュー用:天麩羅か塩焼きとなります。

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:imori masuda takao

自転車に乗って秋の美味を獲る

クリックすると元のサイズで表示します
上の画像の3つは、キッチンで刺身にしようとして頭部に包丁を入れた瞬間、「まだ、写真を撮っていなかった」ことを思い出して・・・
現場では、普通に正当に〆たのですが、写真を撮り忘れていました。

自転車漕いで海まで散歩釣行。
6ヒットで、3ゲットのワカシ。
後はダツの攻撃が一度。
ワカシ、最大38cmでした。
これは「絶対にイナダと呼ぼう」と私は強く宣言したいと思っています。(^^)
他には、マアマアサイズのカサガイを20個ほど持ち帰りました。

新品弓角を2つロストしてしまい、かなり古い地味な羽無し:針大甘弓角しかなくなったので、現地にて即興改造=針を砥ぎ出したのですが、うまくいかないため、妙な工夫を施し、ハリスは5号に変えて結びなおしました。
すると、驚くことに、いきなり5ヒット連発で3ゲット。
とても面白かったです。


これは、いいぞ!と思いましたので、家に帰ってから、速攻で、古いオンボロ弓角5つを改造してみました。

まあ、年増女の厚化粧というか、オカマさんのようなイメージで作ってみました。

次の休みの釣りでも、テストしようと考えたました。

・・・ひょっとしたらひょっとするほどの爆かも(^^)ふふふふふ。




投稿者:imori masuda takao

日曜日夜明け前、自転車漕いで

クリックすると元のサイズで表示します

自転車に乗って暗い時間:夜明け前、海に到着、4:45〜7:30までキャストしてきました。
朝10時から仕事だったので、早朝勝負。


カマス34cm1つとワカシ30cmくらい2つをキープ。

テトラ帯抜き際DEバラシ2とアタックDE針掛り浅し逃しが3。

3時間未満で計8回の魚感触がありました。



私の2m隣のテトラの名人翁は私と同じ時間内で10ゲット確実に捕縛。


後方の釣り場交代待ち(早帰り釣人とのバトンタッチ)の地元常連ギャラリーの方々に、散々言われてしまいました。
「おうおう、隣のKさんは確実にトットルぞ〜〜ワはははは^^大笑笑・・・^^笑笑^^」

誘い方に腕の違いが歴然、暴かれてしてしまいましたよ。



*上の画像は、デジカメ忘れで、写真を撮影する前に海で捌いてしまったので、WIKの検索データから借用しました。
投稿者:imorimasuda
2 3 4 5 6 | 《前のページ | 次のページ》
/25 
 
AutoPage最新お知らせ