イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

勝手気儘焚火の次は嘘つき硬式野球野郎共?

昨年秋の勝手気儘な焚火焼芋一家の次は、嘘つき硬式野球野郎共?どうなっているのか、最近は・・・
盗難放置自転車も多い、月に平均2台は野営場に捨て置いていくし、どうしたらいいのか、ため息ばかりの今日この頃。

また、妙な大人が出没したようだ。
IN鵠沼野営場:15日(木)平日の昼間。
藤沢市から電話連絡があった。

今度は、大人たちが「硬球を使った野球」を野営場と藤沢市管理の広場の両方でやっていたらしい。

近隣の人が野営場を通る時(買い物・駅への近道)に注意したとのこと。
「硬球と金属バット使用は危ない、大人の投げる球とか打球は速いし、打った硬球どこに飛んで来るかかわからない・・・子供老人も来るから危険。それにここはボーイスカウトの野営場。ボーイスカウトには連絡してあるのか?了承しているのか?」というように注意したとのこと。

そうしたら、その硬球野球の大人たちが・・・
「ボーイスカウトの了解は取ってあるから、問題ない」と答えたらしい。

近隣の人は疑問に思って藤沢市○課に連絡「ホントにボーイスカウト側は了解したのか?いいのか?」
という訳で、市から私に厳重注意と事情確認の電話が入った。
「ボーイスカウトが許可したらしいのだが、どういう理由で許可したのか・・・うんぬんかんぬん・・・なんだかんだ、軟球ならばまあ大目に見てもいいが、硬球だと、なんだかんだ」という注意の電話。

野球使用の件は連絡もないし、今まで20数年間一度もこんな話はなかった。
みんなが楽しく寝そべったり、散歩したり、木登りしたり、走り回ったりできるように、芝生・クローバー・下草の整備とか巨木樹木の下枝切りをしている訳で、広場を独占使用するような使い方は絶対にしないように、スカウト関係者は勿論、リトル野球関係者・他様々な方々・グループに説明を繰り返していた。

まあ、親子とか子供仲間で楽しそうにサッカーやったり、キャッチボールしたり、ノック練習したりしていることは、別に目くじら立てて注意するほどのことでもないので、かまわないと思い、優しく見守っていたのですが・・・
原っぱ広場がほとんど存在しない今の日本の住宅エリアで、子供たちが伸び伸びできるフィールドを残していこうと考えているのですが・・・


それにしても、住宅地にある原っぱ広場で大人が注意され開き直って嘘言いながら平日に硬式野球をやっていたとは〜
徒歩20秒の隣には広いバックネット付きリトル野球場(硬式可)もあるし、少し南(徒歩4分)には、大きな駐車場付きの鵠沼運動公園内:正式な硬式野球場(甲子園予選会場)もある。

わざわざ、こんな広場でやらなくても、平日ならばどこでも野球場は空いているじゃないか、申し込みをするのが面倒くさいのか?

変な言い訳と嘘を言いながら続けるほどのことかぁ〜たかが遊びの野球で

何で、私が市から注意を受けなければならんのか。
どうも、最初は私が許可したことになっていたらしい・・・
説明して市には理解していただき、誤解は解けましたが、釈然としない気持ちがまだあります。
投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ