イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ハコフグの味は至福の味、蘇る舌の記憶

クリックすると元のサイズで表示します
懇意していただいているP氏の掲示板BBSに、Lさんのハコフグコメント(下↓)が載っていました。
「旨ッ! ネギ味噌焼きにしてみました。なるほどーこりゃ皆が絶賛するわけだわ。肝は驚くほどの量だったのに、焼いたら小さくなって身の量とちょうどいい比率になりました。魚料理としてはかなり濃厚な部類ではないでしょうか。ワインとか合いそう。 」・・・とありました。
タモ網で掬ったそうです。

私も以前、二つ釣った時のこと、食べたときの味を思い出しました。
上の画像がその時のものです。
たぶん「めおとのハコフグ」だと思われました。
本当に素晴らしい味です。

喩えるならば、最高級品地鳥の上品なササミ&下関トラフグの身を合体させ、世界的美味フォアグラと日本的手製味噌でまぶした<WEST MEATS EAST>のロースト料理と言った感じです。
私、フォアグラは食ったことがないけれど。・・・

私が料理をしている時、家族はハコフグの顔を見て大笑いしてました。
さかさまにして焼き始めた料理をみて、また笑いまくっていました。
笑った後、変なもの食っている親父のそばには近寄らず、遠目でちらちらと好奇の視線でした。

ハコフグネギ味噌焼き=この料理の最大の長所は鍋フライパンなど器を全く必要としないことです。
ご存知の方はご存知ですが・・・ハコフグ本体の骨格と皮が鍋なんですよ。


投稿者:imori masuda takao
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ