イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

清々しい朝は、すがすがしかった。

クリックすると元のサイズで表示します

落ちキス・ヒネキス・でっかいキス・シーズン最後だから、たくさん狙うぞ・・・と意気込んで行ってはみたんですが・・・
  日の出の時、朝日はとても美しかったです。


港西浜とTバー西側ともに、デカキスは反応なしでした。
ピンキスがたまにちらほらだったです。

クリックすると元のサイズで表示します
読みがハズレとっても悔しいしので、ボーズ逃れにショウジンガニを、釣り道具であえて釣りました。
捕まえるんじゃなくて、釣る・・・一応フィッシングです。(^^)
しかも、ツ抜け(10以上)。
隣でこのカニ(イシダイ釣り用の餌)を獲っていた人を見ていたら、猛烈にカニの味噌汁が食いたくなったんですよ・・・
幻と言われているイシダイと私は、食事のオカズが一緒みたいですな。
何故か嬉しい気分です。

ショウジンガニを漢字で書くと「精進蟹」:大変良いイメージ・健康的な感じのカニですね。気持ちが豊かになります。

クリックすると元のサイズで表示します
背中にフジツボくっ付けたカニだけでは、とっても情けないので・・・ボーズ逃れにジャリメで掌メジナを、フカセ釣りであえて釣りました。
今日の状況で釣れそうでうまそうな魚は何かと考え、煮付けがGOODなメジナが、猛烈に食いたくなったんですよ。
メジナの煮付けは旨いですよ〜。ちょっと磯の香りが残る甘辛醤油煮のこの味、私は好みの和食ですね。海タナゴもきっとうまいぞ・良い味だと思ってキープしときました。

他にも小さいキスと小さいメジナ、小さいアナハゼも釣れましたが、ヒラメ狙いの泳がせ釣りの餌にしました。期待・希望とは裏腹にヒラメは釣れなかったです。
神様は、きっと不機嫌だったのでしょう。

今日は、狙いが外れたし釣れないので、あれもこれも色々悪戦苦闘・・・遠投硬調&近投軟調2種の投げ釣り・前打ち・穴釣り・ウキフカセ・泳がせ釣りにカニ釣り・・・やれることはやりつくして疲労しながら、これしかない釣果。
う〜ん、寂しいですね。

*ツ(つ)抜け=「ひとつ、ふたつ・・・ここのつ」と、数を数えて行くと、10以上は「ツ・つ」が付かないことから、10以上ゲットをツ抜けと呼ぶらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は、ホントに朝日がとても美しかったです。
釣り始めの気分は清々しく、神々しかったです。
 ・・・始め良ければ全て良し!でしたかね?

投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ