イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

七夕は幸運を呼ぶ


「七夕は幸運を呼ぶ」

7月6日18:00仕事を早めに終えて久しぶりに近所の港に行きました。
のんびりと夜の大物ブッ込み釣りの準備をしていました。並継ぎ竿にリールをセットし終えて仕掛けを作ろうとしていると・・・
一人の茶色タンクトップの若者が必死の形相で走ってやってきました。眼が血走っていました。
「タモ!網!貸してください!絶対、絶対!!お願いします!!イカ、イカ、イカ、イカなんです!!!アオリイカ・・・」迫力に押されました。私、すぐに貸しました。
彼は、凄いスピードで釣り場に走って戻っていきました。

私は数秒間考えました。「初心者ではないようだし、あの慌てようは変だ?何かおかしい。ひょっとしてもの凄くデカイんじゃないか?」
そんな思考後、約5秒後に私も彼のあとを追って走りました。私の直感が「彼を手助けしろ!!」と命じたのです。
実は、「先端まで来る途中、突き出し堤防にいた彼の釣り方」を(スカウト活動で身についた癖)観察しておりました。
彼は軽量メバル用ロッドにワーム:ソフトルワーでチョワチョワやっていたんです。今時メバルはいないのでフッコかカサゴでも狙っているのかなあ?と思って通り過ごしたんです。

まだ獲物を見ていない段階で、私は50m程後方から大声で叫びました。
「おい!タモ網出してやろうか?助っ人しようか?」 
「はい、お願いします。」と明快な返事。
彼はタモ借りにくる間、獲物をくっ付けたまま軽い短いロッドを放置していました。
一人なんでどうしようもなかったと言っていました。

海を覗いてみると、極細ハリス糸に黄色いナイロン道糸をくっ付けて悠々と泳いでいるデッカイアオリイカがいました。
私は、興奮している彼を落ち着かせ、イカの背後に回り、タモ網を静かに沈め、彼にイカを動かないようにする指示を出しました。
獲ったり、掬ったり、掴んだりするのは私の得意分野ですから、私には失敗しない自信がありました。
ハリス糸は0.8号でしたので、掬った後引っ張ったらすぐに切れました。

私は、彼のカメラで写真撮影:イカを抱きかかえた彼の満面の笑顔をパチリパチリ・・・
ここで信じられない言葉が・・・
「おじさん、このアオリイカ貰ってもらえませんか?釣っただけでいいんです。僕はいらないんです。どうですか?」
「えッッ!!えッ!!! 何?何?ナニ〜〜 今なんて言った?」
「あげます。あげます。アオリイカ。コレ!!」
「本当かよ!!貰う貰う貰う〜〜絶対貰う〜」
二人で一緒にわっはっは〜

・・・という訳で自分で釣りやる前にデッカイ獲物をゲットしたのです。
私たちの周りに集まってきた釣人たちは、私だけをもの凄く羨ましそうに見ていました。
イカを抱えた私を妬んでいた人もいたようです。

「正直かつ親切心に溢れた・・・心優しい義侠心溢れた」私の性格が幸いしたんですね。
人を助けたら自分にも幸せがやってきた。
一日一善・・・やってみるもんですね。
日頃の活動で培った何気ない観察力の成果でした。
今が旬のアオリイカ=イカでは最高の味、最高級価格の逸品です。
私の大物ブッ込み釣りの釣果は、20時半までやってチビちゃいキス1匹。幸運は一つで充分
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ