イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

台風の影響

ここ数年の台風の影響で、地元サーフ砂浜が侵食崩れてしまい、毎年公共事業にて造岸造浜のための山砂川砂投入追加工事等が頻繁に行われています。

その工事の主なエリアは、西の駐車場から海水浴場東側サーフあたりに集中しています。

その投入された砂は、大雨や海が荒れたときに泥土のようになって海に流れ出しています。
すると、再び山砂川砂投入追加工事等が行われているようです。
しかし・・・再再度、台風が来襲すると、泥土のようになって海に流れ出しています

すると・・・またまた・・・のように繰り返しが・・・


段々と砂浜の海が浅くなってきているように思います。
まあ、長い時間をかけて、遠浅の砂浜になることを目指しているのかもしれませんが、現在においては、濁りのある海浜サーフのようなイメージになっています。
これが、良いことなのか悪いことなのか、今一歩私には理解・判断できないことなのです。
では、他にこれに代わる代替案:砂浜整備案があるのか?というと、私にはわかりません。



私は、散歩がてらに釣り行く場合、その濁りの残る流れ出しが影響しているエリアには出向かないと個人的に決めました。
魚類貝類も土砂で濁った海水を嫌って避けるのではないかと考えたからです。

自然相手ですから、海岸ゾーンの環境整備は、とても難しいとつくづく思いました。


投稿者:imori masuda takao
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ