イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

美味しくいただく・・・活け締め・魚を捌く

サバ・ソウダ・ワカシ等の青物は、釣直後にエラ切って血抜き、内臓(寄生虫アニちゃん怖さ)も取ります。
美味しく食べるためというのが理由ですが、クーラーの容量・氷保冷材スペースの問題もあります。帰る時に、頭尻尾を切断、身と一緒に(食えそうな内臓も)キッチンペーパーで丁寧に包んでから(血と水分取り)、新品のビニール袋に入れてクーラーの中へ・・・

黒鯛・メジナ・シマダイ・キス等の白身魚の場合は、帰る時までスカリ・ストリンガー・網付バケツに入れて海中で生かしておきます。帰る時に活け締め・血抜きして内臓・鱗をとります。早めに締めてしまうと、直ぐに冷やさないといけないからです。
獲物がデカイ場合は、頭尻尾を切断、食えそうな内臓もキッチンペーパーで包んでから持ち帰ります。
海での活け締めは、一番美味しく食べるためというのが理由ですが、家で捌くと鱗が凄いし、内臓とかの生ゴミ処理で怒られるから・・・帰ったら直ぐに料理できる・食べられるからです。

ボラだけは、釣ったら直ぐに血抜き・鱗・内臓・腹の黒い皮を取って冷やします。イカ・タコ・カニ・エビは家に帰るまで生かしておきます。

軽快歩行・疲労軽減・両手フリーにしたいため、山岳アタックザックにパッキング、重いのを避けて、小型クーラーかソフトクーラーしか持ち込まないことも理由の1つです。できるだけコンパクトな処理を心がけています。

それに・・・海で魚を捌いてタコ等の居そうな海中に魚アラを入れれば、ゴミではなくカニ・タコ・微生物他の食材になるのでね。
捨てるのではなく、カニタコの家にプレゼントする感じでしょうか。
投稿者:イモリ 
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ