イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

春のライバル2009

私の秘密の土筆場:土筆採取の強いライバルが何者かが判明しました。


この前から、美形土筆の硬い緑頭部の2/3程が無い:かじられた跡のある土筆が多く存在していたので変だな?とは思っていました。
・・・どうもこれは、何者かが千切ったか、何かが摘んだ跡のように思っていたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
「何かに食われたと思われる美形土筆の姿」



ある日の午後天気が良いので、秘密の土筆場に今季最後の採取に行こうと思い車を走らせました。

里山エリアにあるその場所、入口の樹林には、その日はいつものカラス達はおらず、静かでした。

変な・・・何と言うか不思議な予感がしたので、できるだけ音を立てずにそっと歩き、土筆場に近づいたのです。
映画とかTVで見るみたいな〜忍びの者のように静かに気配を消しながら近づいた感じです。
私は、風下でもあったのが幸いしたのだと思いますが・・・

そこには・・・何と美しい雄キジが美形土筆を選んで食っている感じで突っついていた〜〜のです。

コイツだったのかいな〜
で、証拠写真をカシャ。
クリックすると元のサイズで表示します
「秘密の土筆場で食っている」


少しの間、観察。
気ままに美形土筆を選びながら、突っついています。啄ばんで食っています。
しばらくして、私の存在に気がついたのか、キジはちょっとずつ離れながら、少々距離をとりだしました。
最初は10mほどまでの所にいたのですが、その後15〜20mの離隔で相対していました。
クリックすると元のサイズで表示します
「あたりを警戒しだしたキジ君」
クリックすると元のサイズで表示します
「去っていく後姿」

3分くらいした後、茂みの中に身を隠しながら北西方向に去っていきましたので、私は今季最後になると思われる「残り少ない美形土筆」をキジ君の後から採取しました。


そこの場で採取後、車に戻って北西方向にある近場の別の土筆場に移動しました。

すると、そこにもさっきのキジ君らしいヤツがいました。
またまた、私よりも先に、美形土筆を食っていやがったのです。
慌てながら音を立てずに急いで、撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
「またまたコイツが私よりも先に美形土筆を食って・・・」


その場は、さきほどの場から、雑木樹林荒地直線コースだと200mくらいですが、車移動だと畑迂回道路で900mくらいの移動となってしまうのです。

クリックすると元のサイズで表示します
「拡大画像:多分日本在来のキジの雄と思う。でも高麗キジかもしれない?」







私は、野生のキジと同じくらい鋭敏な野生自然感覚を持っていると喜んでいいのやら・・・
所詮ね、私はね、鳥:キジ並みの脳ミソと思考嗜好しか持っていないと、嘆いた方がよいのやら・・・悩ましいもんだと思いましたです。

青空に映える桜がキレイな春の午後のこと・・・

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:イモリ
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ