イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

冬の夜釣りの訳は・・・

私が冬の夜釣りに行くようになったのは・・・

食べて旨い魚がこの季節に接岸するからが第一の理由であります。
ただ、その遠いポイントに根魚が存在していることがその場常連の釣り人の普通の会話にでてきますので、周知のことだと思っています。特に年配の常連の釣師、魚好きの方ならば、常識でしょう。
しかし、様々な方法でチャレンジした人が多かったのですが、ほとんどの人が根掛り地獄で釣りにならず敗北していたらしく、目立った釣果の話が聞けませんでした。


年齢が重ねって中高年になると、冬の夜釣りなんぞしなくなるというか〜
老眼暗闇で目に自信がなくなり、現地での夜間暗闇の細かい仕掛け作業ができない、敬遠気味になってしまう。
冬は寒いし夜は腹が減るし、しかもかなり寒い北風の時が良い状況だし〜それを思うと夜釣りの気力がなくなる・・・でチャレンジする気力が出ない。

というパターンで、魚がいることは知ってはいても、できない。

早寝早起きで、明け方からのんびりと釣りをするようになる〜ということみたいです。


このようなことが判り、それならば、私がやってやろうと考えたからです。
幸い、チャレンジし続けた3年後くらいに、老年の先達の方に冬の海で巡りあい、ためになるアドバイスをいただき、攻略方法に確信が持てた・・・というような流れで5年くらい経ってしまいました。


地元の元気の良い若い釣師の方々は、大概ルワー系に進んでいますので、あの遠い飛距離で勝負できない可能性が高い・・・
重いメタルジグならばOKなのですが、ちょっと気を抜くと直後にきつい根掛りで高価なルワーロストか高価なPEライン・ファイヤーラインの高切れで悔しい思いで終了・・・というパターンなので、今まで、放置放任されていたポイントのようです。

またしかし、かなりパワーのある方々は、問題が多く逮捕者が出てしまう立ち入り禁止ゾーンに不法侵入しているようですから、私が狙うあんな場所なんぞ見向きもしないので、取り残されていた。
ということだと考えています。


そんなこんなで、長い間試行錯誤しながら、真冬の夜釣りを楽しんでおりました。


投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ