イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

残念だったこと

夜、海に行く場合、いつも心掛けていることがある。
ゴミのことだ。

明るい時間帯だと、自分だけでなく大概人がいるし、人目もあるので、最近は多くの人は、大っぴらにタバコ吸殻とかゴミを放置しないが、夜釣りの場合はどうも変わってしまう人がいるようだ。

昨晩は初めて出合った釣り人が、私の目の前でタバコの吸殻を足で踏んでそのままの姿を見てしまった。

私もタバコを吸うのでいつも吸殻のことに気を付けている。
携行吸殻入れをライフジャケットの胸ポケットに2つ入れているので、余計気になった。
もう少し、配慮してもらいたいと、暗闇でポイ捨てする姿を見て考えてしまった。

地元の爺さんたちが、毎日そこの釣り場を掃除しているし、そこの柵には掃除道具も常備してある。それに周りを見渡せばゴミが落ちていないことに気が付くはずだし、ゴミがない理由は誰かが片付けていることにも気がつくはずだ。
夜の暗闇だが、よく観察すればわかることだと思う。
非常に残念に思う。
一人がそのような姿勢だと、グループがそのようなノリで夜釣りをしている感じがしてしまう。
一人だと静かで遠慮がちだが、数人集まると・・・・勢いがついてパワーアップ大胆になってくる・・・
自戒しなければならないことだと、改めて思った。



今年は、12月冬期の夜釣りのポイントで人に会うことが多くなってしまった。
12月が暖かいこともあるが、去年までは寒い夜に釣りで出会うのは大概一人か二人、それとしっかりとした装備技術で移動しながら果敢にアタックしているハイレベルなルワーマンだけであった。


夜のコミュニケーションは、個人的な情報交換の短い挨拶のような感じであったが・・・・・・
    
  心が乾くような寂しい夜になってきたなぁ〜
投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ