イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

秋の夜 一期一会

18日土曜日お昼時、満月関係うんぬんかんぬんのことをブログに書いてしまったので、無性に夜釣りに行きたくなってしまいました。
仕事終えて、家族で晩飯食った後、以前残った餌の青イソメがまだ冷蔵庫で生きていたので、やっぱり行こうと思ってしまいました。

酒を飲んでしまっていたので、自転車で近所の海に・・・20:30家をスタート。


私の目指す場所には、既に数人のグループがライト照らしながら釣りをしていました。
挨拶をして、私の釣り方法とキャストするポイントをお話したら、快く了解していただき、21:00頃から投げさせていただきました。

まあ、夜釣り乾電池ウキ使用遠投80m以上の距離で堤防際50cm〜1m範囲の根:岩礁帯の目標ピンポイント狙いですから、そのグループの方々は誰も本気にしていないというか「ホントかよ?」というような雰囲気でした。
まあ、やってみたらという感じの「いいですよ〜」という軽い返答でした。


第一投で、宣言通りの遠いピンポイント:岸壁際50cmに飛距離ピタッとキャスト。
10秒後にガツガツと当りを察知、ピシッと軽く合せて、20cmカサゴゲット。
遠くに光輝くサーフライトが上下に浮き沈むキャスト後1〜2分でした。

その直後から、彼らグループの私に対する対応が劇変。
賞賛の言葉と驚きの言葉が・・・

そして、暗くて狭い足元でも幾度も同じポイントに的確にキャストしているので、更に驚かれ誉め言葉の嵐の連続。

こうなると、誉め殺しに近い感じですわ〜

私は徐々に緊張してきて失敗キャストは許されない雰囲気になってしまいました。



しかし・・・更に遠い岸壁際50cmにキャストしメジナ24cmを遠くから引っ張り出しゲット。
益々驚きの声誉め言葉の嵐が・・・それと共に私の傍から離れなくなりました。

まあ、「彼ら数人発光ケミホタル満載+鈴付き7本竿21本針」は、それまで長い時間ゴンズイしか釣れていなかったようで、私のような一本竿一本針で到着直後、美味しい魚を速攻釣り上げたことに驚いて、嫉妬悔しさを通り越したような感じで近づいてきました。

私は到着後まだ、30分も過ぎていませんでした。

それから、仲良くなって、色々会話雑談。
暗くて顔は良く見えませんので、今度会ってもわかりません。


一期一会といいますから・・・
私はまた釣ればいいので、彼らにカサゴとメジナをプレゼントしました。
勿論スカリで生かしておいたものをプレゼント時点で活き〆血抜きし刺身で食うのに最適にしてお渡ししました。

それは・・・彼らの姿勢、気持ちよく釣り場に入れていただいたからです。
返礼に、おいしい缶ビールをいただきました。



私は、他に大ゴンズイゲットとバラシが2度ほどありました。


・・・1時間半ほど、朧月夜の下で夜釣りして自転車帰宅。




魚をプレゼントしたのには、もう1つの理由があります。
私のジンクスなのですが、プレゼントの倍返し=自然の恵み:湘南の大美味魚海から返ってくる=次回以降必ず私の手元に入るからなのです。
2倍以上の魚が釣れるはずだ・・・ということになるからです。



こんな事情ですので、今晩の写真はありません。
次回は、大漁大物の証拠写真をお見せいたす所存です。
投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ