イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

秋から冬へ

クリックすると元のサイズで表示します

秋の月が美しい。

夕陽は夏の日に比べ一瞬の間に沈んでいく感じがする。

満月は絵画のような丸々の満月の形をしている。

すぐに冬になる。

今年も暖冬だと思うが・・・それでもきっと寒いだろう。




随分前から、晩秋から厳冬期〜更に桜散り鯉のぼりの上がる時期まで、夜釣りをし続けている。
春後半から暑い時期には、私は夜釣りをあまりしない。
理由は・・・ほしい魚:私の獲物が寒い時期に近場に集まってくるからだ。
私が、獲りたい魚・食べたい美味魚の接岸時期なのだ。

始まりの時期には釣れなくても、「絶対にやってくる・いるはずだ」という期待感と確信が大きいので、寒さ冷たさは何の問題もない。
時節柄、小魚餌獲り他魚の動きが鈍くなるので、目指す獲物を狙い撃ちしやすいからだ。
一撃必殺で仕留めるような感覚・・・それがとても気持ち良い。

私が、出撃するポイントは、釣り禁止かつ立ち入り禁止エリアではない。
しかし・・・そのポイントの先には鉄柵があり全面侵入禁止ゾーンとなっている。

夜釣りをやっていると、大概、警察官のパトロールがある。
私には何の問題はないので、その場で警官と雑談している。
「この先に誰か、入っていますか?」という質問もある。
禁止エリアに不法侵入者のライトが見える場合は・・・
「何人入っていますか?」という質問になる。

ライトが見えない場合は、わからないので答えようがないが・・・
ライトがチラチラ見える場合は、知りません・わかりませんと言えないので「多分○○人くらいじゃないですか。あの感じは・・・」と警官にお付きあいで答えるしかない。
警官も人数を想定し、ハンディ警察無線電話みたいなもので連絡、すぐにバイクとパトカーの応援が来る。
バイク警官だけでなく、パトカーがやってくるのは、侵入者を警察署に連行するためのようだ。

5人くらいの警官が大きなハンドマイクを使って、
「そこの侵入者、直ちに出てきなさ〜い。隠れても無駄です。こちらからも、お迎え確保に出向きます。諦めて直ちに出てきなさ〜い。」というような内容の強い呼びかけを何度でも繰り返す。
しばらくすると、100mくらい離れた高い侵入禁止堤防の上に数人の人影がボーっと見える。大概竿を持っているので、細長い影も確認できる。

この光景が、結構笑える。
影しか見えないのだが、みんな同じように頭を下げたような悲しげな背を曲げた格好でトボトボとゆっくりと歩いているように見えるからだ。
いい年した大人が<勘念しましたちゃん>に見えるからだ。
笑っちゃいけないけれど、わ・ら・え・る・・・大笑笑笑々々

こうなると、私は釣りをやる気がしなくなる。集中力など既にない。
警官が隣に何人もいるし、ハンドマイクはウルサイし、捕縛時の隣で呑気に夜釣りなどやっていられるか!状況になるからだ。

スゴスゴと仕舞い仕度をして警官に挨拶をして帰る。家が近いから直ぐに帰って酒が飲めるので、気分的には少し楽だから、釣果に満足感が無くても悔しさは小さい。

警官パトロールは幾度もあり、今まで4回ほど不法侵入者の捕縛時に遭遇した。
ここの高い堤防で捕まると、警察署に連行される。
みんな、怒られ住所氏名・身分証明書を確認され、道具を持ちながらトボトボと歩いてパトカーの置いてある方へ行った。

この光景も、何か侘さが滲み出ていて笑える。
笑えるのは、本格的な密漁ではなくて、素人がただただ魚ほしさに汗垂らして重い荷物と脚立ハシゴを担いで寒い夜中に頑張っていた所に「非情な呼びかけで絶望している姿」が想像できるからだ。

今年初めから、更に厳しくなり2度目以降捕縛されると罰金は30万以上になるらしい。常習者と考えられるかららしい。

多分、今年も遭遇するだろう。
海が静かで、弱い北風で新月の真っ暗闇の夜に。
幾度も、きっと・・・

投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ