イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

青物は渋いけど・・・これから盛期か?

本日27日早朝のTバー・・・夜明けに常連の名人の方と顔合わせ、ご挨拶。
「昨日から潮が澄んできて、ワカシが良いかも、スズキも出てきたしなぁ〜いいぞっ」と、嬉しいお言葉を頂き、今日は期待できるぞ・・・と心は弾む。

早速テトラに到着、曇り空でしたが心は晴れ晴れ、良い気持ち。
サーフトローリングと保険のキス仕掛けの準備を急ぐ。
 *弱気なんですが、ジャリメも少々持参してました。
まだ、ワカシもソウダカツオも登場していないので、周りの人たちものんびりと準備したり、テストキャスティングしている。
これから起こるであろう短時間爆釣タイム:幸運の時を待っているに違いない。

6:00を過ぎた。釣船遊漁船もたくさん出港してきた。
でも、目前の海はまだ静か。
6:30、7:00を過ぎた。
でも、目前の海はまだ静か。

釣船軍団は、私たちの釣り場から1.5km向こうの烏帽子岩手前に集結して動かない。
きっと、あそこに青物の群れが寄ってたかっているんだろう。
名人が寂しく呟く。
「船のコマセに食い狂って、船円団の中をグルグル周回しているんだなぁ、ワカシやらサバやらソウダはな、きっとな・・・」

8:30を過ぎた。
でも、目前の海はまだ静か。

今朝のTバー。青物全く反応なし、だれもワカシ・ソーダを上げられず・・・というか、ワカシの姿がない・気配すらない状況。
8:00頃、ソーダカツオらしき数尾の小群が3度程・短時間瞬間高速移動、イワシを追っていたようでしたが、ルワー・弓角を慌てて投げても、過ぎ去った後、間に合わず・・・

私は、期待感満々で朝早い時間に弓角・サーフトローリングにチャレンジ。
でも・・・全く反応がないので、その後保険のキス釣り開始:17匹ゲット(14cm〜19cm)&何故かカワハギ1。
クリックすると元のサイズで表示します


常連の内、一人だけ黙々と近場でキス狙いの方がいました。
じっと観察していますと、ポツポツとコンスタントに15〜18cmくらいのうまそうなキスを上げています。
今日は、コレこいつが狙い目だったんだと覚醒。
保険のジャリメが・・・役立つ時が来た、嬉しい気分です。

澄んだ良い潮だし、キスは近場にいるらしい。
常連キス狙いの方を早速真似して・・・
<弓角ド遠投硬竿は止めて>磯竿1.5号・ファイヤーライン道糸・船天秤8号錘のハリス1.2号3本針・高技術極軟スペック
:80m程遠投して柔らかくサビきました。

*高技術極軟釣法=長くて柔らかい竿を用いチョイ投げの心構えと手法を洗練させ、エイっと思いっきりフルスイングしてターゲットを狙い獲るハイレベルな釣法。

楽しいですね。
1.5号の磯竿での遠投キス釣り。
当たりが明快で引きの感度も抜群で気持ち良いです。
ググッときて、ビビビっと引く・・・8号錘とキスで竿はいつでも満月みたいな感じ。
遠投並硬調投竿サーフリーダーCXとは大違い。
極軟仕掛けの魅力を再確認しました。
キスダブルとヒトデが一緒の時は、マゴチかヒラメが掛かったか?と錯覚してしまいました。
クサフグダブルとキスの場合も、キス1とヒトデダブルの場合も、キスダブルとフグの場合もあって、いつも大物が掛かった気分を味会えました。
キストリプルが無かったのが残念・・・不思議でしたが、ヒイラギは掛かりませんでした。

飽きないタイミングでコンスタントにキスが釣れましたが、Tバーでこういうキス日和は今後も少ないでしょうね。
今年、また今日のような幸運にめぐり合えるかどうか・・・

最後の一投と決めたキャストで、キスを掛けたと喜んでニコニコ顔・・・と思ったら、きれいなルワー↓が釣れました。きっと高価なレアアイテムでしょう。ロストした人は嘆き悔やんでいるに違いないと思います。
全長11cm、STB−11Fと「金文字」で刻印してありましたからね。
クリックすると元のサイズで表示します

レッドヘッドのシルバーピンク・キス色のルワー・・・
これはきっと「あなたは大物が釣れます。スズキとマゴチとヒラメ他、色々たくさん釣りなさい。その資格を授けましたよ。あなたなら釣れるはずです。」
という、神様のお告げでしょうね。
全て、ポジティブに解釈してしまうのが、私の長所であり短所・欠点でもあります。



Tバー近場&ワンドに気まぐれメッキがほんの一瞬現れました。
ガバガバと小魚を追って近場に来て直ぐに消えました。
私の目とヤツの目がバチっと合ったような気がしました。
私にガン飛ばして、去っていったんじゃないかと・・・

メッキ釣りも楽しそうですが・・・釣れるかどうかわかりません。
投稿者:マスダ イモリ 
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ