イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

無風だった夜の海

天気予報では、今夜遅い時間は北風が3〜4mくらい吹くということだった。

腰の状態がまだ完全に良くはなっていないため、体全体のヒネリとバネを使ったキャスティングではなく、追い風を利用した自然体オーバーヘッドキャストをして軽い感じで目指すポイントに投入しようと考えた。

そんなイメージで・・・深夜の海に立った。
1:30〜4:30まで3時間で終了。
日の出の前に帰ってきた。



天気予報とは異なり、無風に近い状態だった。
魚の反応も良くない。
追い風が期待できないので、キャストフィニッシュをビシュッとさせたキツイ止め方で振ることにした。

いつもの遠投ポイントに投入後、どうも小魚かフグに餌をすぐに突つかれてしまうようだ。
ベタ凪、無風、満月全開、雲ひとつ無い深夜の海。
頭上真南で輝く満月の夜はとても明るかった・・・海は半透明のペーパーを敷いたような感じで、海面は月光を反射していた。
こんな夜は、明るすぎて目当てのメバルは釣れそうにないな・・・と海に来てから思った。


やはり渋い反応・・・

小振りのカサゴとドンコのみ。

今回は、リハビリを兼ねていたし、煮付けで食いたくなったため、小振りだったが持ち帰ったきた=18cmカサゴ1と22cmドンコ2。

小さいカサゴはリリースした。

もし、もっとたくさん釣れたなら、これらの魚は全てリリースしただろう。


どうもこの時期の私の釣りは、深夜から夜明け前まではいつも良くない。


やはり私の場合、夕食後の時間から22:30くらいまでの半夜釣りのほうが好結果を産むような気がする。
自分の行動パターン上、相性が良い時間帯ということかもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ