イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

コミュニケーション

「一期一会」という言葉が昔からある。
この意味は、様々な方々が書籍で語られているから別段珍しい言葉ではない。

しかし、この言葉をそのままの意味で実感し、そのとおりになること・それを実感することは、少ないのではないかと思う。

日曜日の夜の港、日曜日の夜に海で会った人達・・・
色々な意味で中々個性的である。

休日明けの翌日の仕事のことを考えれば、夜の海に目的を持ってワザワザ出歩かないだろう。
近隣に住む散歩の人達を除けば・・・

しかし、たまにいる。
私もその一人である。

晩秋の日曜の夜に港に行ってみた。
目的は当然釣りであるが、心の底からの釣果狙いではなく、暗闇で釣りをしながらの「個人的な思索」という、極めて哲学的な志向と行動への欲求からである。
疲れてはいるが、曇り空で月も無い暗闇の静寂を好ましく思う心理的な要望が優ったからだと思う。

暗い港に着いて目的の場所に向かって釣り道具を背負い歩く。

物好きなヤツが遠くに二人いた。
LEDライトが二つ遠く離れて点滅していた。
あの点滅状況と光の向きの様子だと、釣りではなく、タコ類カニ類の網ワナ仕掛けの人だろうと思った。

もう一人、下ばかり観察している若者を確認した。
私は彼を追い越して通り過ぎる。


しばらくすると私の近くに誰かがやってきた。

「こんばんは、今日は何を狙っているのですか?」私は挨拶した。


この時間ではもう彼と私しかいない。
この時、明かりが確認できないので、網を仕掛け終わりタコカニ師は帰ったようだ。


「こんばんは」という返答があった。
「アオリイカを狙っているのですが、どのあたりがいいんでしょうか?」という質問を受けた。


私は正直に答えた。「ここはこうで、あのへんはああだし、むしろ東か西に行ったほうが良いよ」

その後、彼は私の言葉を参考にしてエギングしていたようだ。


そして釣れなかったようで、私の傍に来た。
私も釣れなかった。
そして、彼から色々話しかけられ、私も話した。

気がついたら、時間は2時間を過ぎていた。

彼が私の傍に来てから、私が帰り仕度をするまで、2時間くらい会話をしていた。
暗いから顔はわからない。

たくさんの魚とイカの話をした。
釣りの話をした。


22:45分頃港奥の堤防から帰った。
一緒に話しながら帰った。
港奥の船着場あたりで別れた。彼は離れていった。




私には、一つの疑問がある。
大きな疑問がある。

それは・・・
私が、目指す場所の堤防先端につく直前、遠くにある目指す場所に微妙に動く黒い人影を確認したことである。
だが、そこには誰もいなかった。

その場所に、私の到着後、彼が僅かな時間差で現われたことである。

顔も知らず、判らず・・・

話だけを2時間もしてしまった。
釣りを話題にした楽しいコミュニケーションが成り立った。
私は、釣りをながら話ばかりしていた。
しかし、彼は釣りをしていない。
私の傍にいて、私と話ばかりしていた。



22:45分頃港奥の堤防から帰った。
一緒に話しながら帰った。
港奥の船着場あたりで別れた。彼は離れていった。



しかし・・・私は彼が帰って行った方向を見たが、彼の姿は見えなかった。
確認できなかった。
一体、彼は誰だったのだろうか。
私の傍に2時間もいたが、彼の顔を私は覚えていない。

黒い人影の正体もわからない・・・

コミュニケーションをしたのは確かなのだが。


















投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ