イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2015
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

厳冬夜釣りのコミュニケーション

私は、どこの釣り場に行っても傍にいる方々には、ご挨拶し色々と情報交換等々コミュニケーションをはかります。
初対面の方、子供たちにも、同様に話しかけます。

特に寒い冬の夜釣りでは、一人で釣行する場合が多いため、必ず実行します。
情報収集以外の意味が大きいです。

それは・・・
冬の夜は、北風の時が多くとても寒いため、防風防寒着、防寒長靴、ライフジャケット、耳あて、防寒キャップ、手袋等、身動きが鈍くなるくらい、着膨れ気味になってしまいます。

動きにくいスタイルなため、キャスト時に体勢が崩れふらつき足を踏み外して、落水する可能性もあります。
1人で釣行した場合、水温が低い暗闇の冬の海に、落水した時のことを想定すれば、特にライフジャケットは必携です。

そのような時に、誰かがどこにいるかを事前に知っておく、または自分の存在を知っておいて貰う・・・レスキューしてくれる可能性のある人の存在を知っておくことが大切だと考えています。
自分が、他の人をレスキューする場合があることも、想定しておく必要があるでしょう。


何かしらのトラブルがあった場合や困った時に、自分のこと・自分のいる場所を知っておいて貰いたい・・・という意味から、釣行時での挨拶・情報交換等々のコミュニケーションを事前にはかっているわけです。
自分と相手間における相互レスキューの大切さ・考え方からなのです。
投稿者:imori masuda takao

今年は、やはりツイているのかも・・・しれない

クリックすると元のサイズで表示します

風が予報と少々異なっていましたので、初釣りとは別のフィールドで竿を出すことに・・・今回も目標の獲物は、メバルとフッコ。
連休初日の10日土曜日、日没直後に到着、釣りの準備をする前に写真を撮影。

眼にした夕焼け・赤色の光景は、とても鮮やかでした。
右側が富士、左に箱根から続く伊豆半島のシルエットです。
更に左は伊豆の先端、富士の右側が丹沢ですが、仕事用広角レンズのデジカメでも全光景はアングルに入り切りませんでした。

久しぶりに見た、美しいグラディエーションの夕陽です。
風で雲が飛び、空気も澄んでいたのでしょう。






クリックすると元のサイズで表示します

予報と違い、東南の風が強く残っていたため、風の影響が少ない方向にキャスト。
完全に暗闇になった数投後、10cmくらいの小さいカサゴ2つがアタックしてきました。
これは迷わず即リリース。

その後、しばらくは無反応・・・そして、金色のメバルをゲット。
とりあえず、キープ。

その後、しばらくは無反応・・・今日はダメかなっと思い、方向を変えて70mほどキャスト。
餌屋のおばさんが、1匹だけ新春プレゼントしてくれたイワイソメ(関西・東海地方ではマムシ)と大き目アオイソメを1本針にセットしました。
アオマムと呼んでいる餌付けの方法です。
10分くらい無反応・・・竿を操作し、数回程誘いを入れます。それを数度繰り返しました。
するとウキの動きに変化が、急いでアワセを入れました。
少し沈んだウキが、左方向にかなりの速さで走り出しました。
とても・・・とても、強いヒキです。中々近寄ってくれません。
ドラグを少し緩めて、しばらく対応。

タモ網は、離れた所に置いたまま・・・失敗したか!と思いつつ、魚を騙し騙し、竿をチョコチョコ扱いリールを巻きながら、タモ網の所まで移動。
誰も傍にはいませんので、一人で何とか、タモ入れの準備をしました。
寄せてくると、物凄く暴れます。ガバザバッと反転し元気一杯。

暗い海の中のシルエットは、細長い・・・コレハ、スズキだ。フッコサイズじゃない。
ボラじゃないのは、虫餌ですから、最初からわかっていました。
とても重かったですが、何とかタモ入れ成功。
スカリを忘れてしまい、ストリンガーも持っていなかったので、水汲みバケツのロープを切断して対応した簡易ストリンガーで活かしておきました。

その後、東南の風は変わらず、しばらくは無反応・・・今日はこれで終わりかと思い、スズキとメバルを活き締め後、撮影。
スズキはステンレス細鋼で、神経抜きをしました。
久しぶりの神経抜き、久しぶりの大きな獲物でした。

帰ろうかどうしようか、迷っていると、風の方向が北西に変わり微風に〜思い直して再度チャレンジすることにしました。




クリックすると元のサイズで表示します

最初にキャストした静かになった海の方向に再度トライ。
カサゴばかりをゲット。
即リリースの小サイズは4つ。
網付バケツに活かしておいたのも4つ。
どれを持ち帰ろうと思案・・・スズキがあるので、死んでしまったカサゴ1つのみ、持ち帰ることにしました。
生きていた抱卵カサゴ2つと元気カサゴ1つの計3つをリリースしました。

この死んでしまったカサゴは・・・
リールのベールアームを返したのに戻ってしまったのか、返し忘れたのか、アームを開放せずにキャストしてしまい、電気ウキを付けたままの仕掛けだけがブチッと切れ、遠くに飛んで行ってしまいました。
70mくらい南方向の所で、赤く輝いて漂っていました。

回収仕掛けを作り直して、再キャスト、運よく傍に落水してくれました。
漂流ウキを引っ掛けてレスキュー。
引いてくる途中で、獲物が漂流仕掛けに喰らい付いてきました。
引き方が、ちょうどよい誘いになったのでしょう。

しかし、引き引きレスキューの途中で獲物が暴れ、回収失敗。
50mほど離れた所で、獲物が喰い付いたままだと思われるウキが、沈み浮かび沈み浮かびしつつ、しばらく漂ったままでした。

回収はひとまず諦め、再び通常の仕掛けを作り直し、釣り再開で再キャスト。
30分ほど後、小さい魚を掛けた時に50mほど先の漂流電気ウキ仕掛けの近傍まで寄せ、針に掛けた小さい魚を漂流ウキ傍で泳がせ、漂っている仕掛けに絡ませて回収。
想像以上に、うまくいきました。

小カサゴ1つと瀕死の普通カサゴ1つ、更に漂流電気ウキ仕掛け1つを同時にゲット・・・一石二鳥〜三鳥かな?とはこのことでしょうか。
約30分間、針を外そうと抵抗しクタクタに疲れたこのカサゴ、針を飲んでいましたから、血が流れ瀕死状態になったのだと思います。


持ち帰ったのは、メバル1、スズキ1、カサゴ1です。
家に帰り、計測すると、メバル21cm、スズキ75cm、カサゴ22cmでした。

これで、初釣りのリベンジ完了・・・フフフフフフ。
ニコニコ笑顔で、捌きました。



*立った姿勢のまま広角レンズのデジカメで撮影していますから、魚サイズの比率が少々異なってしまいます。手前のモノが多少大き目に写っています。
あしからず・・・




*私が釣行してる冬季夜釣りの場所は進入禁止区域ではありませんが、初めての釣人には危ない感じがしますし、明るい時間の下見無しでは事故が起こる可能性もあると考ています・・・

この記述の意味は、事故・危ないということの他に、2014年の秋以降○○の巡回取り締まりが急に厳しくなり、夜間テトラゾーンに入って見つかると○○に即連行されます。
巡回が無ければ、これまでと同様ですが、ご注意ください。・・・という意味も含んでおります。
もちろん、立ち入り禁止柵の中に入っている場合は、従来通り○○に即連行されてしまいます。
注意看板に記載されている内容通りです。

私の釣り方は、仕掛けが長く重量のあるウキを使ったフルキャスト遠投ゆえ、足場の悪いテトラでは100%不可能なため、足場の良い平場で行っておりますし、立ち入り禁止区域内には決して入りません。

なにしろ、私のこの釣法・メソッドは、遠くにある「立ち入り禁止区域の海・遠方防波テトラ帯・沈み根・沖の根」にいるであろう「大きくて美味い獲物」を普通の安全な場所から狙う・ゲットするために考えたものなのです。
  ・・・立ち入り禁止区域等に入る必要がない、ということです。
D社HPに、かつて記載されていた「投魂物語・・・○の○釣法」をベースにして改良工夫したものなのです。

上記の内容は、巡回パトロールの○○の方々にも、お話しています。
仲が良くなった巡回パトロールの方にお会いした時は、毎回10分くらい話をします。

ご理解ください。
くれぐれも誤解無きようお願いいたします。

投稿者:imori masuda takao

初釣りの・・・後

土曜日の夜に初釣りに行ったのですが、芳しい釣果ではなく、餌も余っていたため、翌日の日曜夜に再度釣行しました。

100m先のポイントに数投、遠くのテトラ際の隅に何かが沈んでいたようで根掛かり・・・ウキ以下の仕掛けをロストしてしまいました。
このポイントでは、飛距離を重視し、PE1号200mをメインライン、その先に力糸PE3号15mをノーネイムノットで結束しています。その結束部で切れてしまいました。

(飛距離よりも仕掛けの回収を重視する場合は、PE3号200mのみをメインラインとしたリールを使っていますが、飛距離が少々落ちます。障害物が多いポイントに投入する時に、この仕様を使っています。)

更に、ロスト時にリールを早巻き回収している時、リールハンドルのネジ部が破損してしまいました。長い間ハードに使っていましたから、閉め込み部が痛んでいたのでしょう。
こうなると、翌日の仕事のこともあるし、釣りをあきらめ早上がりするほうがいいかな・・・と思い、わずかな時間で終了しました。

このD社製のリールは、中古品購入でしたから、見えない箇所が痛んでいたのかもしれませんが・・・ハンドル固定用のネジ頭箇所が少し耐久性に劣っているような感じがあります。
数年前には、ルワー用のD社リールも同様な箇所が破損しました。
ワンランク上の新品高価モデルを購入すれば、このような破損はないのでしょうが・・・価格の問題ですね。

S社のリールの破損箇所は、スプール回転機構のプラスチック部が破損してしまったことがありました。これもワンランク上の高価モデルにすれば、もう少し長持ちしたと思っています。
このリールは、10年近く好んで使っていましたから、寿命でしかたがなかった・・・とも思っています。


追記
*私が釣行してる冬季夜釣りの場所は進入禁止区域ではありませんが、初めての釣人には危ない感じがしますし、明るい時間の下見無しでは事故が起こる可能性もあると考えていますため、釣りの場所・日付は、正確に記載しておりません。ご理解くださるようお願いいたします。

また、釣り方、自作可倒式電気ウキ、自作仕掛け等も、他の釣り人とかなり異なって特殊ですから、単純な模倣ですと多分うまくいかないかな〜とも思っています。
なにせ、釣り仲間から、この自作可倒式電気ウキは「テポドン」と呼ばれ・・・遠投する時、釣り仲間たちは、私から離れて行きますので・・・

この「テポドン」ウキ、黒いシリコン塗料で目立たないように塗装しています。
それは・・・人に見られると恥ずかしいくらいの大きさ、形ですのでね〜
投稿者:imorimasuda

2015年 初春  初釣り

2015年 初春 18:30〜22:00ごろまで、初釣りにいってきました。

車の外で防寒着に着替えていると、久しぶりに地元の釣り仲間と偶然遭遇、一緒にメバル・カサゴ狙い・・・しかし、不調、不調、魚の活性が低く反応が少なかったです。

私は、いつものド遠投誘いミャク釣りですが、彼はルワーマンですからワーム仕様です。

お互い集中して釣り開始。しかし、リリースサイズのカサゴしか釣れません。
しかも、私の釣ったカサゴは6cmくらいの赤ちゃんカサゴ、餌のアオイソメよりも小さいサイズです。
なんじゃこりゃ・・・です。

帰り際に、21cmカサゴを1ゲット、今年初めての持ち帰りサイズでした。
1つだけでしたから、写真を撮る気にもなれません。

*元旦の雪の影響なのか、水温が年末に比べて、低いように感じました。
戻ってきた仕掛けの餌を手で確かめると、年末に比べてとても冷たかったので、釣り仲間に「ワームも冷たい〜?」と尋ねると、「冷たい。」との返事・・・
この会話で、今夜は釣りを終了しようという気持ちになりました。
水深があまりないため、地上の影響を受け易いのかもしれません。



後片付けをして、車の所に戻ると、黒ずくめの変な野郎が私の車の中を助手席側から覗いていました。

「あっ、俺の車の傍に誰かいるぞ・・・何やっているんだ!」
と、釣り仲間に普通に言いました。
しかし、私の声は普通よりも、かなり大きな声ですし、遠くまで通りますから、恐らく黒ずくめの変な野郎にも聞こえたはずです。
野郎は、こそこそと離れていきました。

車には何の跡もありませんでしたが、恐らく「車上泥棒」だったと思います。
このあたりの「車上泥棒」・・・頻繁に複数出没しているようです。

金目のものは全く載せておらず、比較的明るい場所に車を止めていたため、ダイジョウブだったのでしょうが・・・もう少し遅くまで夜釣りをしていたら、窓ガラスくらい割られていたかもしれませんでした。

何の被害も無く、幸いでした。
 「今年はツイていると信じよう・・・」と、思っています。

投稿者:imorimasuda

あけましておめでとうございます。


クリックすると元のサイズで表示します

本年もよろしくお願いします。
投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ