イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2010
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

人を信頼するということ、信頼されるということ、信頼されないということ・・・無人島の思い出

クリックすると元のサイズで表示します
ボーイスカウト関係のブログ・HPを読んでいたら、今まで経験した様々なことが思い浮かんできた。
私は、スカウト関係者のコメント内容に感応感化し・されたような感じで・・・
スカウトたちと共に経験し、スカウトたちと楽しんで感じたこと・・・を記載しておこうかと〜〜

スカウトたちの自主性・行動力・発想力関係で、良かった嬉しい話を〜
「サポートした立場で振り返り」・・・改めて、ブログにUP・記載し直なおしておこうと思ったのだ。

高校生・大学生の彼らと、一緒に夢中で楽しく、やっていたこと。
同じ様に疲労し色々なトラブルにあったこと。

自分がその年代の時、何を思い何で疲れるような行動をしていたのか・・・思い出しながら端的に短く書いてみた。



先ずは、無人島編・・・今までの中で特に印象に深く残っているのが、今回記載した無人島サバイバル自給自足野営のこと。

この島は、私がRSの頃・25年前から野営使用許可を貰い、渡船して無人島野営をさせていただいており、今までに6回ほど実行していた勝手知ったるフィールド。

この写真に記録してある2001年時は「1999年の同じ島での無人島プロの失敗を経て、再チャレンジしたい要望」がスカウト達から強く・・・
計画打ち合わせ時「再び同じ場所で実行し、自分たちの進歩を確認したい」という意見が・・・自然に出たもの。

団・隊で承認後・・・新たな21世紀のスタートを迎え、自然環境への理解と魅力的かつワイルドな価値ある活動の実践と、再度三河大島での自給自足生活にチャレンジすることを目標とした。

1999年の夏も、三河大島野営使用の許可・・・
(直前ではなく数ヶ月前にしっかりとした:目的意識が明確で実行能力に確信のある計画書を島の所有者である蒲郡市管財課に提出し説明・理解を得て使用許可を頂く=野営・直火禁止の島のため:かなりとても困難な過程)
    を頂き、海と島の自然について体験を通して・・・
これからの環境について考えるプロジェクトを鵠沼VS合同3隊で実施したのだが・・・

その当時、その合同隊では、参加スカウトの事前準備の度合い&能力&事前トレーニングを軽視した姿勢とその必要性の自覚の欠損が著しいくらいあったこと。
しかも、彼らの指導者ですら「お客さん気分」であったこと、スカウト同様に事前準備トレーニングを軽視した姿勢とその必要性の自覚の欠損が著しいくらいあったこと・・・

合同隊であり、各団・隊により無人島野営へ参加する自覚・準備・能力・事前トレーニングに「大きな差と乗り越えられない理解されがたい課題」があった故・・・
私たちF8のスカウトVSRS・指導者は、合同隊=他団からの参加希望をきつく断ったのだ。


この「参加意識と意欲に関係する事前の志・準備・対応・トレーニングの課題」が中々解消されず、F8の私とVS・RSのスカウト達は、「他団の相乗一見VS隊」には、頼まれても合同活動を良しとはせず、「合同で実行することを堂々と拒否」・・・
2001年は、藤沢8団VS隊単体で実行することにした。


・上進VSメンバーの参加意志を確認し、事前訓練をしっかり実行することを約束
・実行意欲を評価し、無人島での生活の工夫と漁労技術の習得を事前課題に設定
・スカウト全員の無人島への意気込みを尊重し、実行4ヶ月前に島の使用許可を得る
・安全対策・スカウト技術向上と海への理解を深めることを条件として企画スタート


港に深夜2時に到着。野宿して、早朝の渡船を待つ。乗船し、島に渡る。疲れと睡眠不足であるが、笑顔で乗船。

無人島では、獲物が確保出来ないと食べるものがない。このため、個人が懸命に行動する必要がある。
当然さぼる者も出てくるが、暑い島では歴史的な必然であり、許容事項でもある。

獲物確保のためには、生物を知り海を知る必要が生じる。
結果として自然から学ぶ姿勢が生まれる。環境問題に対する認識が深まる。

海では月中心の太陰暦、陸では太陽中心の太陽暦が実感できる。
南国での昼寝の習慣の意味と価値が理解できるようになる。
また、海の危険性と魅力を十分に自覚できる。

獲物を捕り、水を確保するために工夫が必要となる。
結果、自主的に考え、面白い思考錯誤、妙な工夫を見ることができ、笑い話が多く生まれ、思い出話ができる数年後が楽しみ。
野生味ある狩猟本能が刺激され、バイタリティある個性の誕生に期待出来る反面、失敗すると2度とやりたくなる恐れもある。
・・・等々、様々な有意義な体験をし、楽しく記憶に残るプロジェクトとなった。
中でも一番嬉しかったのは、このプロジェクトを体験したスカウトの内、2名が頑張って富士スカウトとなったこと・・・

↓当時の写真・記録
http://www.photohighway.co.jp/AlbumTop.asp?key=754643&un=164626&m=0

やはり、スカウト達が早くから自主的に動くと、実際の実行時の行動の質が違う・・・溌剌さが違う、言動もしっかりとし、事前の知識習得・準備も万全に近くなる。
この時は、実施1年前・2000年第5回ベンチャー大会(屋久島原生林&九州)参加終了後、直ぐに企画・計画に入り、実行6ヶ月以上前:真冬の1月・2月の段階で自給自足・自活できるような事前トレーニングと知識習得も開始されていた。
・・・これも非常に嬉しいことだった。



クリックすると元のサイズで表示します
この無人島野営は、生まれ故郷:愛知安城2団のスカウト仲間で親友の金海敏VSRS隊長の協力無しにはありえなかった。

彼は島を所有する蒲郡市に話ができる地元蒲郡青年会議所:JCの理事長でもあったので、その信頼力をたよりに、本来野営禁止の島の無条件使用特別許可を蒲郡市管財課から私たちは頂き、VS・RS自給自足野営が可能となり、安全面・緊急避難・緊急食料サポートもしてもらっていた。

鵠沼のVS隊と湘南地区の一部のRSは、かつて数度程、この島で自給自足野営を行っていたが・・・

彼は、湘南鵠沼のVSたちの行動と準備・自覚等について厳しい意見を私に出していた。
「無人島に来る資格がない!スカウトとして・・・だ!」
・・・こんな厳しい意見だった。

しかし、2001年時の時は異なっていた。事前に計画書をメールで送信。
「今回の計画書はイイ。絶対にうまくいく。これなら堂々と乗り込んで来い!!」
という返信があり、スカウト達に伝えると彼らの顔は強気で自信のある表情に変わっていった。とても嬉しかった。



・・・2004年、3月中旬、電話があった。
愛知安城2団団委員長:BS時代からの同級生・親友からであった。
CS・BS:スカウトの頃から、35年来の親友というかスカウト兄弟:金海敏安城2団VS隊長(44才)が急死した連絡であった。
心筋梗塞で発作から2時間で死亡確認されたという。

彼には、食い物不足で腹減ったVSたちに、大型クルーザーで食い物の指し入れもしてもらったし、潜ってニシ貝を獲る方法も教えてもらった。
だが、彼がいなくなってしまったので、三河大島での無人島自給自足野営は難しくなった。

今後、私が自由に使える無人島は、もう・・・なくなってしまったのだ。
クリックすると元のサイズで表示します





信頼したい、されたい、信用したい・・・と思う気持ちは、いつも誰にでもある。


本当に、自ら正面きって裸で無人島で付き合ってみると、相手の本心がわかる、というか、自分をさらけ出しているので、自分が隠せない・とり繕えない。

私も「相手からどういうふうに見られて判断されている」か、直接的に感じることができる・・・その同意感と違和感は、世代相違・年齢上下の関係は無く直観的に解るから、他人からの応答に対しての反応が早くなる。


無人島で、苦労辛苦で色々やってみると・・・

自分にも他の人たちにも・・・論理的な説明はできないし、理屈理由は別にして〜
「自分と他人か何か」とか「自分以外の生き物」とか・・・と言葉で言えばいいのか?〜
とにかく、無人島では・・・
    色々と軟らかく柔らかく付き合うことができるような感じがするのですよ。





投稿者:imorimasuda

秋の夜長 土曜 久しぶりの釣り


クリックすると元のサイズで表示します


土曜日、午前中から葉山で仕事だったので車で出かけた。
午後仕事を終えたその足で、仕事帰り日没からの半夜釣り。
秋の夜長、静かな海で18:00〜21:00まで。
夕食を食べずに竿を出したため、腹が減って集中力が続かず、21:00で断念・・・

少し雲が多い気がしたが、月がとても美しく、月光に反射する海面もキラキラ輝いて、秋の風情を感じた。
風は、北東から北北西の弱風、10月ではあるが、夜風はもう寒い感じがする。
季節的はまだ早いが、防寒防風ウエアを着用する。

久しぶりのド遠投フカセ釣り。80m向こうのピンポイントにキャストした。
メジナ26cmと23cm、カサゴ24cmをキープ。これは刺身にしようと思った。
帰り時間までスカリで生かしておき、荷物片付け後、活き締めと神経抜きを施した。
神経抜きは、刺身を美味く食べるためには欠かせない。
他に釣れたものは、チビカサゴ1とゴンズイ1だが、こいつらはリリース。
強烈なアタリが一度あったが、バラしてしまった・・・残念。
恐らく、フッコらしいアタックだったと思う。

今回は、カサゴのアタックがすこし少ない感じ。
やはり例年どおり、11月中旬以降がカサゴの盛期かな?と思った。
刺身で食べられるサイズのメジナがキープできたので、まあ今回は良しとしよう。


投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ