イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2010
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

英国UKスカウトIN鵠沼野営場

鵠沼野営場に英国UKのスカウト4名(18歳〜23歳の男性2名と女性2名):英国エクスプローラースカウト・ネットワークスカウトが移動野営で来訪しました。

クリックすると元のサイズで表示します

彼ら彼女らの英国UK:エクスプローラーベルトプログラム(Explorer Belt: EB)キャンプ生活&交流プロジェクトで、8月に来日、派遣メンバー滞在期間は16日間。
湘南鵠沼野営場ではその期間内の中の2泊3日、日本の歴史探訪にて鎌倉探索がメインプログラムです。

日本の色々な場所を約2Week転々と移動野営するプログラムの中のワンポイントが鵠沼野営場・・・今回は、その英国バークシャー県連盟スカウトネットワーク派遣メンバー16名の内の4名と英国指導者2名が野営場を使用しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

今回の行程概略は・・・
1日目の午後、彼らが到着した2時間後、突然強風と強い雨が・・・襲ってきました。
15m/Sの南からの強風と横なぐりの雨にやられ、藤沢21団のTMさんとTSさんを含め彼らと協議意見交換〜夕方に藤沢21団の本部があるマルコ教会(事前に避難協力依頼をしておきました)へ一時避難しました。

藤沢21団のスカウト・保護者もPM7:00に集まってきてくれて、楽しいささやかな歓迎パーティを開催、良い交流の場を開くことができました。
まあ結果論なんですが、避難したことでエアコン付きの部屋で寝られ、酷暑の湘南でのひと時の涼がとれて疲労回復、かえって良かったのかも・・・と思いました。

2日目は、猛烈な炎天下の中、彼ら4名とを歴史解説ガイド役の藤沢21団のTMさん・TSさんの計6名で鎌倉探索・歴史ディスカッション。
銭洗弁天・鶴岡八幡宮・大仏等を巡り、プロジェクト課題「日本の歴史文化関係」を真摯に整理まとめ、レポート作成していました。

台風一過の蒸し暑さ酷暑の下でしたので、みんな凄い汗をかきまくり、体力を消耗したようで、野営場に当日作っておいた簡易シャワーに帰着と共に飛び込むスカウトも居ました。
この夜も、前夜に来れなかったスカウト達と父母の方々も野営場を訪れ、再度楽しいナイトパーティができました。
スカウト仲間である辻堂在住のHSさん(千葉松戸鎌ヶ谷地区所属)がお忙しい中、駆けつけ一泊、更に盛り上がった楽しい夜になりました。

彼らが鎌倉探訪に行っている間、気持ち良く過ごしてもらえるようにシャワーブース等の快適生活設備類を制作設置・・・汗をタレ流しつつ黙々と労働。
前日に制作完了の予定だったのですが、荒天候のため当日に労働することになってしまいました。

この簡易シャワーブースの評判はとても良く「So,So,So〜〜So Good!!!」の連発・・・彼らは野営場帰着から寝袋に入るまで、数度づつシャワーを浴びていました。

2日目は、鎌倉にて視察に来た彼らの指導者達2名と合流、英国指導者2名も鵠沼野営場でテント設営キャンプし、翌朝8:00頃に別のグループのキャンプ地に視察移動していきました。

3日目、英国UKスカウト達4名は、AM10:00頃東京に向けて出発、無事に受入れ終了しました。


地元鵠沼の藤沢21団のスカウト達もこのような海外スカウト・実践英会話の機会に恵まれ、貴重な経験を得て、とても良かったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

派遣期間 平成22年8月の内16日間
派遣先 愛知、静岡、長野、山梨、神奈川、東京等
派遣主体 英国バークシャー州バークシャー県連盟
派遣団員 総勢 16名(内訳)スカウト 11名、 指導者5名(団長含む) (スカウトは17〜24歳で、英国全土からの参加)
派遣目的
英国連盟の1進歩章である「エクスプローラーベルト(EB)※」を取得するため。海外でのスカウティング経験を積むとともに、現地の人との交流を図る。

■エクスプローラーベルト(Explorer Belt)
(英国連盟の資料より抜粋・要約翻訳:愛知連盟豊田地区副コミッショナーのTZ氏の翻訳文を転載しました:下記文)

○エクスプローラーベルト(以下「EB」という。)は、16才より上のエクスプローラースカウト(日本のベンチャー年代)およびスカウトネットワーク(日本のローバー年代)メンバーを対象とした「人生の挑戦」を行うアワードである。

○EBは「パック旅行への解毒剤」と称され、外国のある国を選定し、その国じゅうを旅行し、小グループで一連のプロジェクトに取り組む(中でも、特に重要なこととして現地の人々との交流があげられる)ことにより、青年ユース年代がその国への理解を深めることを目指している。

○EBの実施にあたっては以下のことが要件となる。
・小グループは3〜4名が理想。
・特定の国を10日間以上旅行する。
・自身で設定した「メジャープロジェクト」(1つ)を完遂する。
・「マイナープロジェクト」(10以内)を完遂する。
・遠征期間中、日記をつける。
・遠征後の報告会(帰国前に派遣団で行う)に参加する。
・帰国後に遠征についてのプレゼンテーションを行う。

○メジャープロジェクトは、訪問国のある面について、ある程度の深さまで見ることを主眼としており、例として、ある地域での農業、ある地域での建築と自身の家との比較、地域経済における川の重要性、などが挙げられる。完遂時間を10〜15時間としている。

○マイナープロジェクト(10以内)は、グループ遠征で他のメンバーからの提案によるものや、サプライズプロジェクトなどのように楽しさの要素を加えることも可能であり、うち5つは本人が選択し、あとの5つは原隊の仲間が選択する。

○遠征後の報告会は、派遣団の仲間とともに、遠征中の経験を自由に話し合う。これはインフォーマルな形で実施するものとし、何らかの判定をするようなものではない。帰国後のプレゼンテーションを行うための、自身の考えを整理するためのものである。

○帰国後のプレゼンテーションは、帰国後記憶が鮮明なうちに行うものとし、原隊や地区の仲間に対して行う。また、派遣団指導者や原隊指導者、地区等から選ばれた人がその内容を評価する。その後アワードが授与される。


■マイナープロジェクト
(E = Explorers, S=Swindon, N=Network, A=全グループ)

1.現地のユースが集う場所に行き、活動に参加した証拠として写真に残す。
Approach the places where the local youth meet and get photographic evidence of you taking part in activities with the local youth. (E)

2.伝統的な衣装の絵を描き、自分が着てその写真を撮る。
Draw a local traditional costume and take a photo of you wearing one! (A)

3.日本の国歌の歌詞の意味を知り、歌えるようにする。
Find out the words to the japanese national anthem and learn to sing it. (A)

4.現地の人々の姓名や地名の意味を知り、リストを作る。
Study the meanings of names and surnames of local people/ names of villages and make a list of popular ones. (A)

5.現地の人々が英国/スウェーデンのことをどれだけ知っているかを調べ、新しいことを教える。
Conduct a survey on how much the local people know about the UK/Sweden. Teach them something new. (A)

6.現地の新聞の1面を英語に翻訳する。
translate the front page of a local news paper into English (A)

7.劇場へ行き、衣装や動きなどを観察し、演劇の意味を理解しようと試みる。見た感想をもとにストーリーを書いてみる。
Go to the theatre and try to understand the play by observing costumes, acting, motions and mimics. Write your own story based on the impressions. (A)

8.現地の習慣・芸術・伝統を研究し、それを表現した作品を作る。
Research local customs/arts/traditions and produce a piece of art depicting this (A)

9.現地の家庭の伝統料理を学び、作ってみる。
Learn about and prepare a traditional local meal for a local family

10.出会った人皆からことわざ・格言を収集する。
Collect a proverb from everyone you meet

11.現地のラジオ・テレビに出演するか、現地の新聞に写真を掲載する。
Get on a local radio / TV station or get you photo into a local / national newspaper

12.日本の茶会・茶席に参加する。
Attend a Japanese Tea Ceremony

13.普段体験できない日本に典型的なことを行う。
Do something typically japanese which you could not normally do at home

14.出会った人のうちグローバールな日本企業の最も職の高い人に自己紹介し、自分のしていることを説明し、写真を撮ってくる。
Introduce yourselves to the most senior person you can meet in a global japanese company then explain to them what you are doing and get your photo taken with them

15.国際的なスポーツを行う会場を訪れ、そこで行われた有名な大会とその開催時期を知る。
Visit an international sporting venue and find out about the major events that happened there and when.

16.現地の学生・生徒と話し、学年次が似ているかを知る。
Speak to local school schildren and find out if their school year is similar to ours.

17.自分の名前を日本語に訳し、書き方を学ぶ。
Get your name translated to Japanese and learn how to write it out on request.

投稿者:imorimasuda

弓角キャスティング〜サーフトローリング

日曜日の朝、眼覚めたらAM5:30を過ぎていた。
寝過ごしてしまった。

前夜考えた予定は、近所のTバーにいくつもりだったが、前日の海辺の状況を思いだし、しばし熟考・・・鵠沼から柳島までの近くの浜辺は、どのゾーンも潮の色が茶色気味で悪い。
134号線から、南東方向の沖合を見る.
沖目はサーフに比べ、少しは潮の色が良さそうだ。
急遽、行き先を潮通しの良い磯場に変更。

私は、荷物全てをザックで背負う両手フリーのトレッキングスタイルが一番歩きやすいと日頃から思っているので・・・
釣り道具クーラー等を登山用アタックザックに積み替えパッキング、徒歩で山を越え磯場に向かう。

出発が遅かったため、7:30頃、磯場に到着。
竿を出す前、Uさんを見付け、久しぶりだったので、ご挨拶。
Uさんから、コマセと籠・錘をいただく・・・ありがとうございました。

磯場で、偶然、某大学院生の若い友人(BSスカウト関係者)と遭遇。
今夏、VS達と離島サバイバル野営に行くため、釣りトレーニングに来たとのこと。
私は、数年前彼に釣りを教えたこともあり、自分の釣りはそっちのけで、彼に仕掛けを教え作ったりキャスティングをチェックしたり・・・1時間ほど種々面倒を見ていた。

随分時間が経ってしまった。
さてさて〜何釣りをしようかと考えた末「自作遠投自立ウキ仕掛けで、ちょっとテストしてみよう」と企んだ。
色々考え、特性自作長尺ミックスサビキ仕掛けを選択しウキ下に装着。
どの種類のサビキに魚が喰らい付くか実験してみることにした。

ところが、6投目くらいにラインブレーク:どうも、4号PEラインにハリが刺さり絡んだ時に、ラインにキズが付いていたことを放置してしまったのがブレークの理由だと思う。
なにせ、あの自立自作ウキだけで、150g40号相当もある。
その重さでフルキャストしたため、PEラインがウキ止め下でビチッと破断。
ウキから先の仕掛け共々、空中をぶっ飛んで行ってしまった。
80mくらい遠方に、ただただ漂うウキ。

あのウキは遠投フカセ用に作ったので、なんとか回収しようと・・・
天秤錘にエギを付けてウキを回収するために数投しているうちに、ウキはどんどん沖に流され、120mくらいの距離に漂って行ってしまった。

私の回収用エギ仕掛けでは、エギ部分が風の抵抗を受け、その距離には届かない。
その時、近くにいた方が、颯爽と両軸遠投磯竿+回収専用仕掛で登場。
ド遠投キャスティングを繰り返してくれた・・・
感謝感謝の気持ちでの15分後くらい、潮流が変化するポイントに漂流ウキが到達。
ウキは、回収エギ仕掛けでも届く80mあたりのポイントまで近寄ってきた。
私のエギ仕掛けと二人で交互にキャスト。

カッコ良く颯爽と登場されたその方は・・・Mさんだと後日判明。
Mさん、ありがとうございました。

それにしても、Mさんの両軸リールキャスト・正確な遠投能力は凄かった。
キャスト後の最後の一伸びが違う。落下し始めるのかと思っているとググーンと最後に一伸び。
私の回収用天秤錘エギは、風抵抗で途中で失速落下。
Mさんの親切な姿勢にとても感謝。

冷静になって考えてみたら「ウキ下の仕掛けは底に沈んでいるに違いない」と思い直し・・・「仕掛けは付いていないと思いますから、不可能です。すいません、ありがとうございました。」とMさんに伝え〜ウキ回収不可能〜回収チャレンジは終了。



私は回収諦め後、周辺がコマセ釣りバクダン仕掛けだらけの中、圧倒的不利を承知で弓角サーフトローリングオンリーで果敢にチャレンジ。
必殺不思議巻きでの弓角〜1時間くらいでマルソウダ4つゲット、バラシなし。
ロングキャスト後、一撃必殺の心構えで、魚層探り変幻自在に巻き巻き〜巻き巻く。
「サーフトローリング」は、直訳で「遠投寄せ波擬餌曳き巻き釣り」ということになるのか・・・?
使用した弓角も市販品ではなく、ちょっと内緒の工夫を施してある秘密のハイブリッド弓角。
選択した天秤錘も自作品:海中を彷徨うツーシーム仕様の絡み防止機能付き&魚層探査対応の変則内緒仕様。



まあ、ソウダは4つもあれば充分過ぎるので、正統遠投キス釣りに変更、北の磯へ移動。キスは25cm1つと20cm2つをキープし釣り終了、帰路も山越え。

大キスは、いつもは刺身で楽しむことにしてるが、今回は勿体ないけど大きいヤツも塩焼きにすることにしよう。
マルソウダが、たくさんあって刺身と漬けにできるから・・・


投稿者:imorimasuda

0806熱海の捜査官というテレ朝番組の食事の場面の場所

3人でパスタを食べているレストランは・・・
あのレストランバーは「スターダスト」Bar StarDustだ。
前回の放送でも、あのレストランバーで食事をしていた。
暴力団の組長と市長の娘がカフェタイムをしていた場所も、同じだった。

ノースピアにあるバーだ。
HGKNGの東の海側埠頭の根元にある。


今でも、あの「バー・スターダスト」はあるのだろうか・・・
1980年代の中頃、バブル時代の前によく行ってカウンターで酒を飲んだ。
懐かしく思った。

「熱海の捜査官」という番組を見ながら、リアルタイムで書いているので、見たり書いたりするタイミングが難しい。



熱海のようだが、YKHみたいな感じもある。
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ