イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2010
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

英国UKのスカウト受け入れHOHO 鵠沼野営場

鵠沼野営場に英国UKのスカウト4名(18歳〜23歳の男性2名と女性2名):英国エクスプローラースカウトが移動野営で来訪します。
彼ら彼女らの英国UKプログラム:エクスプローラーベルトプログラム(Explorer Belt: EB)で、野営&交流プログラムでの鵠沼短期宿泊滞在ですが、スカウト関係の方々の皆さま、お顔は出せるような感じでしょうか。

日本の色々な場所を約2Week転々と移動野営するプログラムの中のワンポイントが鵠沼野営場なのです。 
今回はその英国バークシャー県連盟スカウトネットワーク派遣メンバー16名の内の4名が野営場を使用することになりました。

お近くの方々は、お時間のご都合のよい時にちょっと顔出しできますでしょうか。
各日夕方から朝までは野営場でキャンプ生活しています。昼間は鎌倉方面江の島方面に出かけていると思います。

交流プログラムは、地区地元藤沢鵠沼のRS達が考え実行。
お近くの興味のある方は、お顔を出していただけると、大変嬉しいのですが・・・・
お時間があれば、数時間でも楽しくなるような感じがしています。




Nさん(Hisaさん)、顔出し・・・どうですか〜

真夏猛暑の夜、涼しげな夜風を期待しつつ、英国UKの若手スカウト達と楽しい熱帯夜のひとときを楽しんでみませんですかぁ〜(^^)
必ず涼風が・・・無風ということはないと思っていますよ。



英国UKスカウトプログラムEB:エクスプローラーベルトプログラム(Explorer Belt: EB):エクスプローラースカウト(14-18歳の部門)のうち16歳以上、およびスカウトネットワーク部門(ローバー年代)を対象としたもの:人生における挑戦であり、10日間以上の海外遠征し、その国と人々、生活についての理解を深める機会を自らチャレンジし得ることを目的にしている。
EBは、その国中を小グループで旅行し、一連のプロジェクトを遂行し、最も重要なこととして、現地の人々と会うことにより、その国の真の理解を促進するため・・・という英国UK連盟のプログラムということのようです。
投稿者:imorimasuda

熱海の捜査官というテレ朝番組の警察ハット=スカウトハットについて

テレ朝の番組を見た。

南熱海署の警察官のハット(警察官の帽子)がボーイスカウトのかつてのハット:カナダの警官ハット:そのもので、とても面白い。

ですが、カナダ警官のものよりも、かつての日本ボーイスカウトハット:そのものを使っている感じが強い。

どうも、このあたりは、この番組関係者か脚本家演出家のどなたかが、スカウト経験者であると確信できる。
それは、あのハットの色合い・くぼみ&かぶり方がかつての典型的なスカウト指導者のかぶり方そっくりであると思うからである。

ちょっと異なるのは、あの番組の警察官が、ハットの紐を顎に掛けていることであるが・・・私もスカウトに入隊した初めての日には、ハットの紐を顎に掛けて隊集会に行き、最初にその間違いを注意され、頭後方に紐を掛け直したことを今でも記憶していて、その当時無茶苦茶恥ずかしかったことを覚えているからだ。
とても間抜けな感じでとても恥ずかしかったのだったのだ・・・私は・・・

多分、私の想像であるが、そのハットの紐の掛け方の間抜けさ恥ずかしさを、私と同様に経験した方が、何らかのこともあって、場違いな感じと間抜けさの表現を表すために、このあたりの演出衣装あたりに関与しているのではないかと・・・思った訳である。

何故ならば、あのハットの紐をアゴに掛ける:アゴ紐に使うととても妙な佇まいのファッションになるというか〜「カナダ警官ハット着用ド初心者」に見えてしまう滑稽な日本人となることを知っている人<スカウト経験者>であると私は確信したのである。

しかも、その方は子供頃=中学生頃までスカウトだった方で1980年代の頃のスカウト最盛興隆期にボーイスカウトであった方だと想像できる。
恐らく中学生以降はスカウト活動をやめてしまったような感じがする。

その理由は、あのハットに対するシニカルかつ希少マニアック的な扱い方によると私は思う・・・

高校大学年代とスカウト活動を続けていたならば、スカウト活動を重視尊重神聖視的扱いする気持ちになってしまう故(成人したらもっと強くなるような)、あのように面白く楽しく笑える雰囲気で「あの奇妙なハット」を、デフォルメ的に自由奔放に扱えない・使いこなせない気持ちが強くなるからだ。



かつて、あの当時、カナダの騎馬警察官のTV番組が放映されていたことの影響もあり、当時入隊してきた新入スカウトの多くが、あのハットのアゴ紐掛け方でかぶって登場してきた記憶があった。
当時、私はRSであったので、よくハットのかぶり方とその訂正を新入の小学生BS達に説明していた。

また、あのハットの正面にある大きな金色の星記章は、日本BS記章とカナダ警察記章の違訳デフォルメ拡大誇張版だと確信もできるのだ。

こいつは・・・なかなか手が込んでいる、こんなディテールまでも、こだわりのある演出構成の番組だと確信、今後も大きく期待できるぞと思ってしまったのだ。
テレ朝「熱海の捜査官」これは侮れないぞ・・・また、次週も見てしまう感じだぞ。



それに・・・あのハットをかぶった「南熱海警察署の責任者の長身細身の大柄な警官」の方は、故五十嵐さんのような雰囲気・・・故五十嵐さんが、再び登場してきたような・・・私の頭の中に、五十嵐さん姿が強い残像として思い浮かんでくるのだ。


南熱海署のバズーカ砲持った小柄な女性警官<スカウトハットカナダ警官ハット着用>が、新入スカウト隊員と見えてしまったのは私だけなのだろうか・・・

1980年代初頭の新入スカウト(裕福な家庭の方)は、何を誤解してきたのか?モデルガン(ゴルゴ13M16機銃のようなモン)持ってきたヤツもいたしね。

1990年代になるとそんなこともなくなりましたが・・・
投稿者:imorimasuda

論理性のない、詐欺的・視点ずらしのコメントは・・・無いだろう


NHK20100712AM0:37を見つつ聞きながら書いている。


ギリシャの事例を持ち出して、論理論点の焦点をはぐらかす言い訳とは・・・過去の財務大臣時の経験を例に持ち出し、現在では一国の代表者となった方の発言・・・記録に残ってしまうことすら考えていないのか?と思うと信じられない思いです。

超党派で・・・とか何とかかんとか言っているが、それも言い訳だと思えてしまう。

一体、どうのようにして、今後の方向性を提示するのか・・・




ギリシャ問題〜日本の課題〜違い〜???


ギリシャ財政問題・税金の使い方の課題:ギリシャの抱えていることは、税金で公務支出:給料経費:国の支出を賄っている公務給料パーセンテージが物凄く過大過ぎることと、安易簡易な脱税の相互構造及び対外収支において利益を生み出さない産業構造らしいし、財政赤字のごまかし粉飾、対外関係諸国への巧言令色・不可能な好転構想表明等々。

ギリシャの例を出して発言すれば、この課題には手を付けられないほど重い問題なのでどうしようもないことなのだ・・・という隠れた意図が見えて・聞こえてしまう。

「削減不可能なのである。」
全国的に網羅された公務費用=地方から中央へ網目状に繋がる公務官僚組織体にかかる費用は莫大であるが、節減・節約することはできない。
簡単な言葉に変えれば、全国の人件公務費用を減額することは、とても不可能なのだと・・・

産業構造として「生産体・生産組織・生産構想イメージ:今後将来に向けて価値ある事柄を発信可能なメンバーと組織体・他者から求められる欲しがられる価値あるものを生みださない組織」=管理することのみに存在意味がある組織・・・その維持存続にかかわる経費・人件費・人数等の見直しをすることは、現在においてできないのだ、不可能なことなのだと・・・

直接端的に言えば良いのだ。



ギリシャの問題を声を大にして訴え「今の日本の問題」にすり替えて、言葉を変えて、ごまかすのは、一国を代表する方の発言としては納得できない。

日本の税金の使い方の課題・・・「ギリシャ」という言葉を「日本」に置き換えて考えてみる。

負の財政状況=「ギリシャ=日本」の現状であるならば、選挙敗北の理由として、今の日本の財政構造は手を付けられないほどの重症であり、それを懸念して発言してしまったのが、消費税増税発言「選挙敗北の理由である」と、堂々と宣言すればよい。
「日本中、これからは覚悟してください。お願いします。」と堂々と宣言すればよい。



比例代表は、政党毎の票集めのタレント人選が目立つし、何故立候補したのか理解できないようなケースが多いように思える。
マスコミ取材を受けるように目立つための候補者達は、必要であるかどうか不確定であり、不明であり、不要なのかもしれない。

まず、正当に立候補表明した個人候補者(?何が正当かどうか?わからないが?)が選挙で選ばれたならば・・・この人を信じて、私はこれからの時間を大切に真摯な姿勢で過ごしていく気持ちになるはずだ。




・・・であるが、
私は、誰が選挙に当選しようが関係なく、これからも時間を大切に、真摯な姿勢で日常の時を過ごしていく気持ちになるはずだと思う。
今までと同じように。

怠けながら、反省しながら、真摯な姿勢で・・・・
投稿者:imorimasuda

天気予報は曇りだったが晴れてとても暑かった

日曜日・・・も仕事でした。
その仕事を終え、別件の用事を済ませた後、天気がとても良かったので、15:00〜19:30まで、帰り道沿いの三浦方面の磯と浜へ行ってみました。
しかし・・・無茶苦茶暑かったです。
炎天下無風状態の時は、熱空気の中に立っているような感じで、汗が絶えずダラーダラーと落ちてきました。
頭から水をかぶりながら、釣りをしていました。〜〜クソ暑かったです。



一番大きなサイズはクロサギ(30cmくらい:下の写真の白い魚:白いのにクロサギという変な名前)、美しかったのはホウボウ、とても嬉しかったのはカワハギ(28cm)でした。この3種は刺身にしてみました。
カワハギの肝は小さく残念でしたが、刺身はとてもうまかったですよ。

キスは、塩焼きにしました。

両方の刺身のアラは、三河八丁赤味噌の汁もののダシ、それに入れた野菜具は、野営場畑で収穫したモロッコインゲン・ツルナシインゲン・ハツカダイコン・アシタバにしました。
これも、とてもうまかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ