イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2009
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

嬉しく楽しい 夜の散歩釣行

早速、改良3mmLED光源遠投ウキで実戦してみました。

日曜日、PCソフトの交換&データ移設の影響を受けて、仕事に追われているのですが・・・
仕事のきりが良いところで、一旦切り上げました。
夕飯を食べずに、気分転換を兼ね、オカズ・酒肴捕獲=海獲物稼ぎ+自己身体の運動をしようと思い、出かけました。

17:30〜20:30の干潮潮止まりまでの約3時間だけです。


昨夜、酒飲みながら考え超短時間で改良した3mmLED光源遠投ウキは、結構遠くまで良く見えました。
GOOD・OK、とても良い感じ、高価市販品と比べても遜色なし <これは市販品を凌駕している!!と思いました。
ですが、市販品にはある品質保証は自作のためありませんから、すべての故障は自己責任です。当たり前ですけど・・・

超ローコスト(60〜80円原価)で、LED交換可能・リチウム電池交換可能で、防水性能も完璧でしたので、コイツは優れた自作品だと実感し、気分は上々です。



自ら課した限られた時間内での夜業釣果は、カサゴ21cmを筆頭にキープ持ち帰りは4つほど。
下の写真にある他のカサゴはリリース、写真にないチビカサゴも2つリリース。

根に潜られて針が折れてバラシたのが1回、掛けそこないバラシは4回くらい。
全部でアタック回数は、15回ほど。
10分に一度くらいアタックがあった感じ。


今回も、ワームのみで攻めてみました。
やはり、アオイソの喰らい付きの深さに比べて、ワームだと食い付きが浅い感じでバラシ掛け損ないが増える感じです。

その変わり、口先に必ず針掛かりするので、元気な状態でリリースしやすいので、少々気持ちが楽ちんだと思いました。

しかし、メバル、フッコ、メジナが釣れないのが、かなり寂しい感じです。
次回では、ビッグメバルかブットイ平フッコゲットなんぞを目論んでおります。







他には「美味すりゴマ」を2袋ゲットして帰りました。

それは・・・1か月くらい前の夜に隣にいた「若くて大らかな性格の気持ちの良い釣り人:ご夫妻用」に、刺身可能サイズのカサゴを2つプレゼントしたんですが・・・
その釣り人に「今度会った時にはうちの会社で作っている:美味すりゴマ:をお礼にお返しします」と言われて、釣り場から帰ったことがありました・・・

今晩、そのご当人の方に、再度遭遇しましたら、彼は「美味すりゴマ」を持ってきていて、プレゼントしていただきました。
ありがとうございました。

私は、大変嬉しかったし、久しぶりに驚きを伴った楽しい気持ちになりました。
今夜は、気分がとても良い海への散歩釣行になりました。
嬉しいハッピーな夜でした。


今夜の釣果写真:釣った直後に、活かしてスカリに入れておいたもの:内キープ持ち帰りは4つ。
他は元気な状態を確かめてリリース。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda

3mmLED光源 電気ウキトップ

クリックすると元のサイズで表示します

5本の赤色3mmLED発光部の比較写真です。
発光カバーの内部状況によって、異なる光り方をしています。

LED光源1本の制作時間は、2分くらい。
防水発光カバーの制作時間も2分くらいですが、接着材が乾く時間は24時間かかり、その間は放置しておきました。

防水発光カバーは、100均で売っていた薄い色彩が入った透明プラスチックの鉛筆カバー(10本入り)です。
接着剤は、スーパーセメダインX2と透明スチ糊です。
接着剤は、仕事で使うために以前から所持していたものです。

カバー内部には、100均で購入した赤色プラスチックビーズを2個ほど入れて接着剤で固定してあります。

合計原価は、1本あたり、90円くらいでした。

棒状リチウム電池3V(富士灯器)差し込み交換式:1本80円を使っています。

このリチウム電池は、4時間X3回夜間釣行=12時間くらい持ちました。
1回釣行の場合は、連続して使用するとおおよそ10時間くらいもつようです。
分割使用の場合の方が、発光時間が長持ちする感じです。
リチウム電池は、1年くらい前に安売りしていたので購入したのですが、使わずに収納に放置してあったものを引っ張り出して使いました。



↓使用材料・防水カバー等
クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:imorimasuda

自作LED光源の仕様を変更してみた

「自作の夜間遠投ウキ用のLED光源:完全防水仕様」を撮影してみました。

今回は、5mmLEDから3mmLEDに変更して試作しました。
LEDの交換時間は1分くらいです。
市販の夜間ウキ用LED光源は3mmでしたから、自作のものも3mmに変更して比較してみました。

釣り具店に売っていた自作用LEDの5mmLEDと3mmLEDを単純に光らせて比較したら、3mmのほうが輝きが鋭かったこともあり、3mmを採用することにしました。


左が3mm赤LED自作、右が120m視認可能な明るい市販LEDウキ3mm赤LED内臓のもの。
多分、同等の距離が視認可能かと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:imorimasuda

色々自作してみた

祝日でしたが、仕事・・・仕事を終えて夕飯食った後、酒飲みながら、LED電気ウキを2個自作してみました。
作成時間は、1時間でした。
赤色LED光源です。
写真ですと輝度がわかりませんが、暗闇視認距離は80mくらいかと思います。

LED光源発光体(5mm)が、1個60円。
光源拡散ピースは、100円ショップでたくさん入っているやつを購入し、そのほんの一部を使用しました。
透明チューブは1m200円のやつの一部。
強力耐水接着剤少々使用で、リチウム電池抜きで、原価は約80円くらい。
90mくらい遠投するので、毎回の水没に備え100%に近い防水型。
海面または礒岩への衝突に備え、変形追従性:弾性性能を満足するように耐衝撃性も高くなるように構想しました。
形状もシンプルかつ合理的経済的な電気ウキです。

電気ウキ市販品は電池抜きで安価500円から高価1500円くらいですから、かなり安く自作できました。
ロスト時に一番高価なのが電気ウキのため、とてもくやしい思いをしていましたので、自作に走ってしまいました。
市販使い捨てケミをも超えた安い価格のLED電気ウキ:電池&LED交換式が作成できましたので、自己満足しています。


遠投ウキは、今までの150gよりも重い仕様に変更し、新規175g(47号程)で先週末に自作。
先端の錘は石膏で型を作り、古い鉛150g40号相当を溶かして流し込んで先鋭ロケット新型を再製造。
発泡材35mm円筒を一部削り込んで、ステンレス1.2mm鋼棒中通しで一体化、全体を変性シリコン系接着剤で形状固定。
アクリルシリコン塗料で上塗りしました。
ウキの制作時間は接着・塗装を除くと、1本1時間くらいでした。

自作のウキは、作る度に、遠投距離が延びるように強風にも立ち向かえるように、だんだん巨大化・弾道ロケット化して行っています。
次回はどういうサイズと形状になるのか・・・自分でもわからないです。
次回も構造・デザイン・性能等を思考しながら、試行錯誤しつつ、制作していくことになるでしょう。

ウキの遠投性能がどんどん増してきましたから、次回からは竿ロッドの性能が課題になってきそうです。
ライン道糸も現在は、磯岩切れ・高切れロスト防止に考慮して、かなり太めの引張り高強度ファイヤーライン&PEラインの組み合わせで対応していますが、遠投性を考えると細め高テンションのラインにしていかないと、更なる飛距離が確保できないので、ライン選択と組み合わせについても悩みそうです。

投稿者:imorimasuda

PCトラブル 時間ロス 復活 海で気分転換

水曜日から今日まで、XP搭載PCとモニターがパンクで真っ青・・・必死で対処。
新しいwin7に全データを交換:とにかく必死・集中し真剣にデータ移管作業。
ようやく、復活しました。

仕事のデータ等はなんとか無事に移管、使用可能な状況になったので、ホッとしています。

ネットモデムと無線ルーターも作動、メールも何とか復元使用可能になったので、安心しました。

既存のスキャナー&プリンターのドライバー等は7対応用をダウンロードインストールし対応しましたが・・・安価なソフトはVistaまでしか対応しておらず、これから再購入しなければならないのか、でも過去のデータは生き残って使えるのか?と暗い気持ちになっています。
高価なソフトは、7対応してくれそうですから、何とかなるかと思っています。
しかし、現実には高価なソフトは実際に使っていなかったので、何とかなりそうだと思っています。



パソコン機能復活後、やっと仕事に集中。
数日間のロスとダメージを取り戻さねばなりません。





でも・・・きりの良いところで気分転換。
夕方から海に行ってきました。
17:00〜21:00頃まで。

またまた、デカイマアジ37cm1つ、カサゴ21cm1つ、中小カサゴ4つ唐揚げ用を我が家に持ち帰り。
カサゴ25cmくらい1と中カサゴ2つをOさんのお土産に。

他には、リリースカサゴは5つくらいだったかと思います。
バラシが、3回ほどありました。

マアジの引きは、かなり強烈でした。
距離65mくらいの遠方でアタックしてきました。

今夜は、フッコのアタックはなしでした。


この前のマアジよりも更に1cmUPのサイズでした。
この巨アジは、活き締め神経抜きして刺身用に捌いて持ち帰りました。


クリックすると元のサイズで表示します

画像は巨アジと普通サイズのカサゴのみです。
投稿者:imorimasuda

日曜日 夜の海

仕事を終えて夕飯食ってから、ちょっとくつろいだ後、21:00〜24:00まで自転車で、近所の海へ散歩してきました。

途中、別々の2人組の警官パトロールが2度ほどやってきました。
両方とも顔なじみの警官でした。
訪問は、21:00と23:00の2度、進入禁止エリアの不法侵入者情報とか車上泥棒関係の怪しいヤツ関係などの談話時間が40分ほど。
2度の訪問の隙間時間が約2時間。

その時間内に廉価版長脚立持参短竿不法者らしき2名の禁断侵入者がコソコソと無言で私の背後から帰還していきました。
ヤツラは、2度の警官パトロールと巡り合わなかったので幸運というか・・・禁断進入常連の感じ、気配の消し方が忍者のようで、私も5mの距離まで気がつかなかったです。
私は、気配に敏感に反応すると自覚していましたので、コイツラは慣れまくっている2人組みだと直感しました。

後半には、若者釣り師が2名やってきて、色々雑談・・・
なんだかんだで話しながらの釣りになりました。

今晩の釣果:持ち帰りは今季初のマルフッコ54cm1(中サイズのスズキ)とカサゴ20cm1。
マルフッコは、活き締めの直後に神経抜きを施し、刺身アライ用にさばいて帰還しました。
リリースしたカサゴは4つ。
他にバラシは5回ほど。
針を折られたのが1回と針とハリスの結びがほどけたのが1回。
これはどちらも強烈なアタックでしたから、多分、大きめのフッコかスズキだったかと思います。
後3回のバラシは、少々あわせが甘かったように思っています。
フッコ・スズキが登場するとメバルの姿は消えるように思います。
多分、スズキの姿に怯えるのか遠慮するのか〜今まで同じ夜に釣れたことが少ない気がしています。

でも、フッコが今季初めてゲットできたので、よかったですし、色々な夜の訪問者と会話しながらでしたから、別の面白さがありました。
なんか、実釣時間が短かった気がしています。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ