イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2009
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

晴耕雨読

晴れたら、白クローバーの種を撒きに行こう。

クリックすると元のサイズで表示します

数年前の時のクローバーに加えて、もっともっと広い緑のカーペットが生まれるはずだ。



雨ならば、机の前で思考しよう。

クリックすると元のサイズで表示します

もうあとほんの少しで、実施設計が、完了するのだ。












ところで、このプロジェクトはどうなったのか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

たしか、選ばれたはずなのだが、
          説明は、今もない。
投稿者:imorimasuda

雑草との戦い

5年前よりも、まだマシですが、野営場の雑草刈りをたまにやっています。

汗ダクダクで、奮闘・・・でもこれも中々楽しいですし、よい運動になります。


とても広いので、まずは、みんなの通る抜け道というかバス停商店通りへの近道の雑草を刈っています。
それと、住宅側道路沿いゾーンとプロの農家の畑側の雑草を先行して刈っています。

道路沿いの「自然薯ヤマイモ10本と数本のミョウガ」は雑草に負けずに育っていました。

これらの先行草刈ゾーンに、第3次クローバー種蒔きを行うつもりです。
明日あたりに、滋賀から1Kgのクローバー(シロツメクサ)の種が届きます。
クローバーは自生力が大変強いので、雑草に打ち勝ってくれ、尚且つ緑のカーペットにもなり、根も浅いし緑肥にもなってくれます。
白い花を集める子供たちもいるし、テントで寝る場合もフカフカして柔らかいので、快適です。

クローバーは、色々役立ってくれる優れものです。
投稿者:イモリ

梅雨入りとニベ

梅雨入りしたらしい。

この時期には、大きめのニベ(通称イシモチ:湘南ではニベが多い)が接岸する。
30cmクラスの大きさの白身の魚で上品な味、高級蒲鉾の材料でもある。
ちなみに「にべもない」という言葉の由来となったのがこの魚「ニベ」とのことです。

先日、12のニベを獲った。
釣れる時は、大概20以上釣れるので、大漁というほどのことでもない。
最大で27cm、アベレージサイズ24〜25cmくらい。
今回は、30cmには届かなかった。
昨年は、最大サイズ36cmだった。

たくさん持ち帰っても、喰い飽きてしまうので、3つほどを隣の方にプレゼントした。


プレゼントした理由は・・・
「魚を他の釣人にプレゼントすると、次回には更なる高級魚が、海の神様から私にプレゼントされる」という、私の個人的なジンクスがあるからでもある。

このジンクス=海の神との個人的一方的な約束は・・・
             今まで一度も破られてはいない。


クリックすると元のサイズで表示します



*にべもない
語源由来辞典↓
http://gogen-allguide.com/ni/nibemonai.html

愛嬌もなく、そっけない、とりつきようがない・・・
この魚:ニベの浮き袋は、膠(ニカワ)の原料、ニベニカワというらしい。
ニベニカワは、粘着力が強く、工芸品などの接着剤として用いられている。
ニベニカワがないと、うまくくっつかないので・・・
愛嬌なし、思いやりなし、そっけない=「ニベもない」というようになったらしい。
投稿者:イモリ

コゴミ栽培をやってみようかと思っています。

コゴミの自生していた場所は、自然を満喫するような素晴らしい環境ではなく、「歩きたくないような場所・暗くちょっと湿った場所」にコゴミは生えていました。
だから、人が入らず、生き残っていたのでしょう。
生えている場所は、ほんの「長さ7m幅2m」の14uほど・ジメジメ小道沿いの極狭なエリアだけでした。

南側が雑木燐で日中は日影、明け方と夕方のみ直射光が当たり、保水性の高い湿った軟らかい土壌の斜面低地:東側と北側の土地が高く「落ち葉雑草積み場+牛糞堆肥製作置場+野菜・花捨て場」となっており、雨が降るとぬかるみになり、いつも湿っているような場所。
小川の近くにありますから恐らく昔は湿地帯の脇だったと思います。

薄暗い小道から入りますが、入りたくない気持ちになるような普通の人は避けたくなる小道です。
私が行く時には大体カラスしかいません。

今、来年の山菜探索用に新しいコゴミ場を山の方に足を伸ばして、調査しようかと思っています。

コゴミの見分け方=成長して大きくなってしまうと、普通のシダの葉みたいで中々見分けられませし、大きな葉のシダになってしまったら正確に同定できるかどうか自信はありません。
土元根元の株が大きく(直径8cmくらい)一株から6〜10本くらいの幹が出ていますので、根元で判別できるかもしれませんが・・・
コゴミは一株から6〜10本採取可能みたいですが〜全部は採取しません・・・
私は半分くらい:一株から3〜4本くらい採取する感じです。

私の見分け方は、つくし採り及びタケノコ掘りの時に色々探索歩きしながら、湿地らしき場所にめぼしを付け、その都度踏み込んで「蕾状若シダの頃に調査する方法」です。
3月〜4月末までの時期にコゴミ=クサソテツを見つけ同定・・・翌年には自分の採取場として再訪するというパターンです。
それ以外の時期に、湿地エリアに踏み込んでも私には同定する確信がないということです。
ワラビとかゼンマイならば大きくなっても同定できるのですが・・・

最近は、ホームセンターでも山菜「コゴミ=クサソテツ」とか「タラの芽」「山ウド」等の根を売っているので、購入して畑に植えて、栽培しようと、考えています。
そうすれば、貴重な自生コゴミを採取せずに、自生環境をそのまま残しておけますから・・・

ただ、水分の保持が良い土でなく水はけが良い畑なので、うまく育ってくれるかわかりませんが、一度チャレンジしてみるつもりです。






クリックすると元のサイズで表示します
*自生コゴミの写真:植物専門HPから転載しました。
投稿者:イモリ

剽窃についての見識

剽窃という行為=他人が考え表現したものを自分のものとして表明すること。




盗作=他人の著作にある表現、その他のアイディア・企画等を盗用し、それを独自に考え出したものとして公に提示表明する反倫理的な行為全般を指す。
「剽窃(ひょうせつ)」という表現もあるが、微妙なニュアンスで異なる意味に捉えられることもある。





盗作・剽窃は・・・現出された事実及び表現等内容にもよるが、オマージュ、パロディとは区別される。





投稿者:imorimasuda

コミュニケーション Ebingで・・・

春のある夜のこと、AZの海で私の左隣にいた名人エギンガーは、1バラシ&1KgUPサイズ1と800g1の2つをイカをゲットしました。
彼はエギングしかやらない:通年イカを追っかけ日本のあちこちへ、どこでも出向くベテラン名人級名手(私の右隣の彼の友人の言):とのこと。

この左隣にいた名手エギンガー〜実は昨年も、AZで出合った方、イカ釣りのコツを教えていただいた方なのでした。
今日も、私は彼の真似をしつつ、アドバイスを貰いつつ、エギングしつつ〜あの時のお礼を言ったら〜彼も私のことを覚えていたようで、話が盛り上がりました。

そして・・・彼から私に向けて遠慮がちに発せられた言葉は〜

名手:「あの以前・・・どこかで、車えびだか、ブラックタイガーだかを、くっ付けて笑いながらイカタコ狙っていませんでしたか? あの・・・その・・・エビングとか言いながら〜〜」

私:「あっ、それ私です。かなり前のことですよアレは。あんなことを良く覚えていますねぇ〜。たった1回2時間くらいやっただけの時のことですよ、エビング(Ebing)は。記憶力がいいですね。でも、あの時はイカは釣れなかったんですが、人ばかりが釣れてきて、大笑いながら笑い話しばっかりしてましたけどね。」

名手:「そりゃ、覚えていますよ。印象が強烈でしたし、刺激的過ぎる仕掛けだったし・・・エギやってるほうから見たら、大胆というか驚きの発想というか、なんか簡単に釣っちゃたら俺たちの立場がないなと思いましたし、ひょっとしたら釣るかも?雰囲気もありましたし・・・その後あれでタコはどうでしたか〜」

私:「いや〜〜、質のいいブラックタイガーが中々ないので、ご無沙汰しています。
まあ〜あの奇妙な仕掛けの名前、正式名称はごきげん底イカハンター(釣具名)というんですがね・・・(^^)
今はまあ〜、アレで釣るのは、もうどうでもよくなっちゃいましたけどね・・・」


たった3回ほど:数年に渡る長さの、楽しい有意義なコミュニケーション、夜の海の出会いでありました。




2年前のエビング「Ebing」写真です↓

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:イモリ

久しぶりにUP   深夜の海で・・・

とある夜釣りの21:00〜25:00。
私は、何と初対面の20歳後半くらいのスレンダー女性2人と一緒にお話しながら、楽しく釣りをしていたのでした。

この女性2人は、最近多くなってきた女性ルワー系アングラーではなく・・・何とあの気持ち悪いミミズみたいなヤツを餌にして針にくっ付ける「イソメ餌釣師かつ深夜釣師かつ真冬夜釣師」という、今後絶対に巡り合わないであろう「イソメアングラーヤングウーマン型」でした。

彼女たちの仕掛けは、ライトタックル・光るオモリ・3本針でクニュクニュ青イソメ装着で、近場にエイっと両手で10mくらい投げ込むチョイ投げメソッド。
ウエアーは街中普段着のジーンズ姿みたい(暗いからよくわからない)なのですが、腰ベルトにはLEDライトをカッコよく装着し、夜間対応に備えておりました。

この女性2名、寒い1月と2月深夜に、完全防寒装備をして、25cm級メバル大漁かつ季節はずれのイシガキダイとカサゴをゲットし、大変美味しかったとのこと。
餌はモチロン、万能青イソメとのこと。
その結果、またこの場所に来ましたと言っておりました。
わたしゃ、感心しまくり〜!驚きました。

私と色々雑談、楽しい数時間。
ゴンズイだけは私が針を外してあげましたが、他は全く手出しアドバイス無用でした。

私が遠投キャストする際には、
「投げますよ〜」とキャスト注意の挨拶をすると
「は〜い〜」と答え、トラブルにならない位置に移動してくれました。

しかも、25:00彼女たちの帰り際には、彼女たちから余った「ピチピチ青イソメ」を譲って頂きました。

夜中深夜に、若い女性からミミズのような青イソメをプレゼントされた幸せ者は、多分広い日本の中で私だけでしょう。
・・・過去未来、こんな妙な気持ち悪い長い虫を深夜に女性からプレゼントされるアングラーはいなかったし、今後もいないであろうと思われました。
投稿者:イモリ
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ