イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2009
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

とてつもなくうまいぞ!春の味だぞ!

コゴミを洗い一度沸騰した鍋で湯がき、フライパンでごま油とオリーブオイルのブレンドで軽く炒め、醤油を垂らして食った。

う・・・ま・・・い・・・!!!

ふっふっぁあハハハハハは〜は〜ふふぁあハハハハハの〜ふっふっぁあ〜〜






投稿者:イモリ

コゴミとつくし


クリックすると元のサイズで表示します

今日は、明け方から午後15:00まで仕事をしていました。
とても天気が良いので、我慢できず・・・山方面に行こう〜と思い、コゴミとつくし採りに行ってきました。
この季節この時期の昼間の時間帯では、海に行っても魚は釣れそうにないからでもありますが・・・

コゴミは出始め初頭でしたので、少々小振りサイズで伸びきっていない蕾的な感じ。
来週と再来週の2週間未満がコゴミの盛期だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

つくしは、最盛期〜終盤でした。
写真のつくしは今日の採取量の1/6ほどです。
東面斜面でかなりの大量を今日は採取しました。

南側土手は既に終了気味でした。
西側と北側はこれからでしょうが、数量は激減すると思います。

娘&神の茶道の先生ご夫妻に2週間前に初期美味つくしをプレゼントしたら、とても評判が良かったようで〜再度のプレゼントを心待ちしているようだ・・・との話を聞き、普段よりもたくさんの美形つくしを採取しました。

プレゼントしたつくしは、2週間前の3倍くらいです。
茶道の先生ご夫妻は、中々採取に行けない状況みたいで・・・私がついでに採取代行しているような感じ(^^)なのですが・・・
去年もそうでしたしね。


投稿者:イモリ

つくし、対花粉症効果 :個人的な考察

本日、草ッ原でつくしを選り好みしながら、大量の「頭が固く長い茎の美しい完全型つくし」を採取してきました。

神さんと長女の茶道(表)の先生へのプレゼント用と私の冷凍保存用:長期花粉症対策食材用:及び私の近々2週間分の食材用のために超大量に採取してきました。

茶道の先生には本日採取分の1/2をプレゼントしました。

先ほど、ハカマ取りと水洗い・水切りをして下拵えを終了したところです。
時間がかかりましたですなぁ〜とても・・・


私は今年の2月後半にある実験をしました。
それは・・・
去年効果があったので、今年もつくしを食べて、花粉症への効果を再確認したのですが、つくし効果を更に強化するために、つくし効果があった数時間後に、さらに市販の鼻炎薬を飲んでみたのです。
すると、鼻炎薬を飲んだ直後からくしゃみが出てきて、つくし効果が消去・相殺された感じでした。
4日間ほど続けて、これを自分の体で実験しました。
やはり、対花粉症つくし効果は、鼻炎薬と消去・相殺され、つくしを食べない状態=花粉症持続=という経験・体験となってしまいました。

ハッとして単純なことに=鼻炎薬がつくし効果をも消してしまうこと=に気がついたので、今週水曜日からは、つくしと市販鼻炎薬の併用はしていません。

すると、どうでしょう・・・薬なんて服用しなくても、くしゃみ豪快・鼻グじゅグじゅ・夜寝ていて鼻水タレ流れ・目しょぼしょぼかゆい症状等の厳しい花粉症は発症していないのです。
春の夜が、熟睡時間・うれしい時間となりました。


私の場合は、どうも、つくしは良い効果があるようです。
採取している場所の傍は、杉桧林:スギヒノキ花粉だらけ・荒地:雑草花粉全開放・雑木林:その他花粉だらけ・・・なのですが、つくしの胞子:緑胞子の粉をワザと意図的に全身に浴びながら・鼻で吸い込みながら、つくしを夢中で採っています。
すると、つくしを採取している時から、鼻グしゅグしゅは止まり、呼吸は至極簡単・健全な状況です。

私は、確信しました。
私にとって「つくし」は、憎ッ気花粉症の天敵で、私の救世主様であると・・・


もともと、子供の頃から私は、つくし料理が大好物だったのですが、仕事忙しさに「つくし採取」を長い間忘れていたというか、面倒臭くて採取菜食していなかったのです。

やはり、天然自然食材はいいですね。

尚、私が採取している場所は、犬の散歩ルートではない場所、採取しても窃盗扱いにならない場所・強い農薬(つくしが生えないですが)が散布されていない場所など・問題にならない・農家の方に怒られない場所です。

また、2月末から4月後半まで、私はつくし等山菜を採取しますから、風向き・日当り・気温・斜面角度などを考察し、点々と採取場所を転選・変遷・変えて移動しながら採取活動を実行しております。




ふきのとうは、今日はほとんど蕾が開き花が咲いたような状態でした。

来週末からは、いよいよ「コゴミ」もターゲットにしつつ、更なる「つくし摂取」に励むつもりです。
投稿者:イモリ

久しぶりのブログ:釣魚  つくし、花粉症

1ヶ月半ぶりに書きました。

仕事がとても忙しかったせいで、中々書く気持ちが・・・
ブログへ向かう集中力に、どうも・・・ちょっと、という感じでした。

魚釣りは夜釣りの3時間ほどでしたが、2週間に一度ほどは行ってはおりました。

ボウズではなく、22〜30cmほどのメバル・カサゴ等、まあまあ釣れていましたが・・・
*他にも釣っていますが、20cm未満と抱卵魚はその場でリリースしています。


実は、最近、美味い刺身が食いたいので、25cmオーバーの魚は活き締めした後、神経抜きにもチャレンジしているのです。

ですが、神経抜きは、まだ未熟で下手なのです。
釣った現地でやっているので、デジカメ忘れると家で写真を撮る気がしないのです。
尻尾のほうからではなくて、頭の方からやっていますので、見栄えに少々課題が・・・

最近のキープする魚の釣果:大概25〜30cmくらいなので、尾っぽの方からは、やり難いというか〜神経が細すぎて私の技量では少々難しいのです。

頭の方を背骨が確認できるくらい切るので、かろうじて胴体と頭がくっ付いている感じ:頭が皮一枚でぶら下がっている感じで〜頭を胴体に沿わせても、写真ですとミジメな姿になってしまいます。


しかし、12日夜:仕事を終えた後、行ってきました。
20:00〜23:00。

メバルは不発でしたが、そのかわり・・・
寒メジナ28cm1とカサゴ26cm1&22cm1の3つをキープ。
その他カサゴ2つリリースとバラシ2(何だか不明でしたが、途中までの引きは強かったです)

上記理由によりキープした魚は、ヒサン姿なので、写真を撮る気力が湧きませんでした。

寒メジナとカサゴは、冷蔵庫にネカシテおきました。
活き締め、神経抜きした刺身は、やはり美味かったです。
ですが、神経抜きしていなかった頃の刺身も美味かったので、本当に凄く美味かったのか・・・と、少々疑問にも思いましたが、旨味の深さが凄い感じがしたので、やはりとても美味かったということにしました。



花粉症緩和食材の土筆は、昨年よりも早めで、今年は2月末から採取食しています。
2日に一度は食っています。
年々暖かくなっていると感じています。
土筆の発頭・出茎も去年よりも早まっている感じがしています。
息子がまだ小さかった15年くらい前ですと、春分の日あたりのお墓参りの彼岸頃、採取していた記憶があります。

私にとって「土筆」は、季節モノのおいしい食材という価値もありますが、花粉症の薬剤という大切な価値のある食材でもあります。

なんせ、昨年は花粉症が治まってしまったからなのです。


↓、去年「つくし、花粉症」について書いたことです。
http://moon.ap.teacup.com/imorimasuda/259.html
http://moon.ap.teacup.com/imorimasuda/258.html

投稿者:イモリ
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ