イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2009
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2つ玉には要注意

中国方向からの低気圧と南側で発生した低気圧、2つの低気圧が九州東シナ海近傍で合体すると、山は猛吹雪嵐で、太平洋側は猛烈な風になることが多いみたいです。
10年くらい前までだと春3〜4月頃が多かったと思いますが、ここ数年は12月〜2月にも2つ玉になることが多くなったように思います。

15年くらい前の3月末、YT山S峠雪山幕営で2つ玉に遭遇し、猛烈なマイナス寒気と吹雪ホワイトアウトに・・・下山ルートがナダレでつぶれ通行不能になり、1泊余分に野営しました。この時も関東太平洋側に猛烈な強風が吹いていたと聞きました。

YT山S峠・・・次の日にはカラッと快晴微風。
この時期の東シナ海の低気圧はスピードが凄く早いということのようです。
山・海の天候は、とても速く急変するようです。


29日昼頃は長崎沖南東に低気圧が2つ傍にあったんですが(ヤンマー天気図)〜29日朝9:00の過去天気図を確認してみたのですが、存在していないみたいです。

昼頃の過去天気図は今となっては記録されていないみたい。
その前には、低気圧が全く表記されていないみたいだし・・・

突然2つの低気圧の発生が記録されてインターネットに記載され、その後短時間に九州近傍で1つの低気圧と認知されたのかもしれないです。
今回も、様々な場所で遭難が起こりうる可能性のある短時間進化発達型高速低気圧なのかも知れないです。


まあ、日本とは比較にならないですが、かつて90年代エベレストで大量遭難が出た時も、インド洋低気圧と高山低気圧が高速合体して、凄い惨事が高山帯で起こったことがありました。
日本人も何人かの方々が、遭難死した記事がありました。
書籍にもなりました。

毎年、GWあたりで山遭難・海難事故に当る天候急変は、こんな天気図だったと思います。

急に低気圧が九州西方あたりに突如出現、鹿児島沖あたりにも何故だか発生・・・すぐに合体・・・1つになってハイスピードで北上というパターンのようです。

山海計画して出発間際には低気圧はない・・・それで安心して出発、3〜4日後くらいに直撃をくらう〜不運のみ、そんな感じかもしれません。
しかし、10数時間過ぎれば平穏・・・運が悪いと激辛苦体験ですめば幸いです。

YT山S峠の時は、幕営サイトの近くの山小屋に行った時、気圧計が置いてあり、その針が異様な位置で止まっていました。
なんだコリャ?と・・・察知感知、こりゃ変だと・・・
そうしたら、夜明け近傍になって・・・とんでもない状況が。

夜明けの寒さと合体したとんでもブリザードでね〜マイナス15〜20度と強烈寒風が突然〜とんでもない強烈な変化にどうしたらいいのか〜という緊張感。
体感温度は一体何度くらいだったのか。
投稿者:イモリ

冬風と晴れ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の天気予報を見たら、ちょうど良い寒風と晴れでしたから、メジナ1とカサゴ1の干物を昨日の夕方から作製しています。

そろそろ完成です。

赤い無農薬唐辛子も昨年11月に畑で収穫したものを干し網に入れてずーと干し続けていた2ヶ月モノです。
写真は赤唐辛子の中の1/5程・一部です。




今日の朝3:00から6:00までの暗い時間帯日の出前の時間だけ海へ散策・気分転換に行ってみました。
短周期の軽いうねりで少し荒れ気味で濁っていて、反応がなく寂しかったのですが、動かし誘いまくって魚を振り向かせようと頑張ってみました。
45分くらいの間だけ4回程かすかなアタリがあり、全て針掛かりさせ抜きました。
小型魚は3つリリースし、腹ペチャカサゴ26cmの1つだけ(写真なし)をキープしました。
この時間帯だけ、ほんの僅かに反応があり、後の時間は全く何も反応なしでした。
投稿者:イモリ

金曜深夜というか土曜日というか・・・

仕事を終えた帰り道、3時間ほど夜の海で運動してみました。

うまい魚を獲ました。
寒めじなとカサゴです。
他に、20cm未満の小型カサゴを5つリリースしました。

カサゴは全て腹パンではなく、産卵終了していた感じでした。



サイズは、これといってさほど大きくはないので、一部は干物にしてみようと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:イモリ

「奇跡のりんご」という本

「奇跡のりんご」の話は知っていましたが、本は読んでいませんでした。

この書籍について、釣友が紹介してくれました。

http://www.cheziguchi.com/kimura.htm

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2006/11/post_35ec.html

今度、買って読もうと思っています。







*注『くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを』(伊沢正名著 山と溪谷社刊)
という凄い本も発売されたようです。
「21世紀の奇書誕生! 野○をはじめて35年、日本全国津々浦々、果ては南米、ニュージーランドまで、命の危険も顧みず、自らのウ○○を10000回以上、大地に埋め込んできた……」とある・・・そうです。
伊沢氏は自分の肩書きを「糞土師」=ふんどしと語っている・・・そうです。

これは、食事前・食事時には絶対に見ない開かないほうがよいという本でしょう。
検索する場合の時間帯には、くれぐれもご注意ください。

投稿者:イモリマスダ

茅ヶ崎から見た風景


クリックすると元のサイズで表示します
夜明け、太陽が昇る直前です。


クリックすると元のサイズで表示します
太陽が出ました。


クリックすると元のサイズで表示します
朝陽を浴びる富士山です。


クリックすると元のサイズで表示します
午後の海、夕暮れ前です。
投稿者:imorimasuda

2009 新たな場所の探索へ

今年の初釣りは、仕事終了後、小雨まじりのクソ寒い深夜2時間だけの落ち着かない釣行でした。
昨年に目を付け、計画敷地調査(仕事)で車移動の合間の夕方薄暮薄明の時間帯に下見観察をしておいた場所:東方KM方面に遠征探索しました。
しかし、残念なことにボウズに終わりました。


中途半端な時間のみの初釣りでは、不満が残りましたからリベンジするべく、本日日曜早朝2:30起床、暗くて寒い北風の中、車をふっ飛ばし現地到着、速やかに準備し4:00〜8:30までやってみました。

4:00から6:00までの2時間:針にクソデカイ不気味な変色ワームを付け誘い釣り・・・
メバル2(デカイヤツが29cm)カサゴ2(デカイヤツが26cm)キープ。他にカサゴ3つをリリース。
驚いたことに気まぐれ寒メジナも1つゲット、こんなもんに喰らいつくとは余程腹をすかせていたのでしょう。これ以外に3回ほどバラシ有り。

日の出後、太陽が気持ちよく出てきましたから、体温が温まる時間の6:30から8:30まで軟らかい竿でキャスティング・・・去年から冷蔵庫に保管しておいた瀕死のナマイソメ使用での投釣り。(*冷蔵庫内清掃処理を兼ねる)
投釣り小物ゲットで・・・傍にいた若いフィッシャーマンに唐揚げ用にプレゼント=16cmキス5+サビハゼ5+メゴチ1。

メバル(卵胎生)は、抱卵前のものだったのか、または体内孵化した仔魚を産出終了後のものだったのか、抱卵なしでしたからキープ。
5つのカサゴは、仔魚産出終了のようで腹ぺチャでしたが、デカイカサゴと針飲みカサゴの2つだけをキープし、活力のあった18〜22cmのカサゴ3つはリリースしました。
メジナは普通の腹の寒メジナでしたので、好物の白身刺身用にキープしました。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda

釣れない釣りになりそうな今年です

今年は、新しい釣り場:ポイントを開拓していこうと思っています。
地元での釣りは少なくなりそうです。


私は、今年から夜間、釣り人の多い場所には行かないことに決めました。

東西方向様々なエリア・・・面白そうな変な磯で釣り人の少ないポイントを探索していこうと考えています。
南は相模湾内の海中ですし、北は陸地で海ではないですから・・・東西方向しか探索できないので・・・


種々の事柄による様々なご意見を頂き、生じてしまった諸状況を熟考した結果、装備と知識・技術がしっかりしていないと釣りができないエリアに再びチャレンジしていこうと考えました。
当然、立ち入り禁止エリアではない場所です。
堂々と試行できるエリアでチャレンジしようと思います。

自分自身の能力を向上したい・再確認したい意識からです。


この方法だと、当分の間、多分全く釣れないでしょう。
釣れてもマグレだと思います。



チャレンジスピリッツ・新鮮な気持ちで、新しいエリアに向かって行こうと思います。



ですが、昼間の明るい時間帯は近所の海でホノボノとした休日・昼寝釣りで過ごしたいと思っています。

まあ、昼間の近所の海では、多分・・・・
          全く釣れないでしょうが・・・


投稿者:imorimasuda

私のフィッシングスタイル2009


昨年までの釣法はひとまず置いておいて、今年は他の釣り方を試行しようと思います。

今年は、ロスト物質の海中放置軽減を去年よりも更に進め、通常のプラスチックベイトではない100%天然成分の生分解性素材からできているワームを使う釣りを志向していくつもりです。
たまに活き餌を使いながら、このワーム主体でトライします。

仕様ロッドは、近場は少し固めの10ft程のルワーロッド、遠目は5.3m5号磯竿の併用、遠投キスとサーフトローリングの時のみ並継ぎ投げ竿CXを使おうと考えています。
今まで使っていた4号改良磯竿は、使用していなかった投げ竿と更にミックスさせハイブリッド竿に変則改造してみようと考えています。

リールは現在使用している数種のものを適切にコンビネーションさせながら、バランスに考慮しつつロッドと組み合わせていきます。

使用ラインは、今までと同じ考えで=糸ゴミ・鉛錘ゴミが発生しないように鉛害防止と糸放置に配慮・・・高切れしないように太め、仕掛けも太めでロストしないようにします。
鉛錘を含む仕掛けロストを極力少なくする考え方です。

年末に量販釣具店を覗いたら「鉛単体の錘の値段」が2倍くらいになっていました。
店員の方に「高くなったね・・・」と言いましたら、「その通りですが、メーカーの価格設定ですからしょうがないんですよ」と言われました。

昨年の原油価格の高騰の影響もあるとは思いますが、恐らく社会的な要請・環境的な配慮等々様々な観点からの無鉛化脱鉛化に向かう方向性からの生産コスト高価格化・・・「鉛害の影響に考慮して、鉛自体の生産が減少傾向にあるのではないか」・・・と、的はずれかも知れませんが〜個人的には考えています。

そのうちに、鉛自体が私達の身近な所から消失していくのではないでしょうか。


鉛需要の減少ー希少生産ー生産コスト回収のための高価格化ー脱鉛・代替物質使用への促進・・・というような流れなのかもしれません。

投稿者:imorimasuda

2009 陽はまた昇る

クリックすると元のサイズで表示します

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。




*陽はまた昇る

いつも ネバーギブアップ
追いつかれ 追いぬかれて
黄金の国 ジパングもう一度 陽は また昇るはずだ






*カシアス島田作詞、高原兄作曲 より一部抜粋しました。
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ