イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

雨が降る前に〜

クリックすると元のサイズで表示します

24日の天気予報に雨マークがあったので、こりゃ早めに夜釣りに行かなきゃならんと・・・23日夜、17:30〜20:00。

20:30頃が干潮潮止まりだったので、勝負は約2時間だけだ。
まずは、いつもはやらない並継サーフリーダー405CXで25号負荷の自作LED遠投ウキ仕掛けをキャストしてみるが、今一歩なじまずに良い感じでキャストできない。

何投か試投してみたが、慣れないからか、正確なポイントにキャストできない。
このため、腕が縮みフルキャストできなく試行錯誤で飛距離も出ない。
しばらくの間試行錯誤してみたが・・・
多分足場と遠投仕掛けの置きポジション・竿の振り出す方向の障害物との関係・視線・スタンスなどに戸惑いがある感じ・・・

こりゃ、あかんと思い、いつものハイブリッド改良磯竿5.3m(去年改)に再セットし、再チャレンジ。
無駄な時間を消費してしまったが、まあ、何とかうまくキャストできた。
岸壁際の遠目まで落としたが、潮の動きは岸壁からすぐ離れる流れ〜狙っても離れてしまう。
それでも、何とか数度ポイントを狙って頑張ってみた。
カサゴ22cm1のみゲット。
他には全く反応ない。全く・・・
何も喰らい付かないし、餌もそのまま・・・風音波音だけの無言の時間が過ぎる。
あまりにも寂しい侘しいので20:00、早めに終了。
餌が余ってしまった。



クリックすると元のサイズで表示します

今日、朝遅く起きて考えてみた。

そうだ、冷蔵庫のイソメを海に返さなければ〜腐ってしまったら臭いが大変だ!!

雨が降る前に〜
もう一度、あの海に〜
戻してやらないと〜

そんで〜今日、雨が降り出す前に10:00から13:00までサーフへイソメ消費に行くことにした。

おおっ!!なんだ、何だ〜凄い近くの波打ち際でコツコツグイグイくるぞ!!
こりゃ、ライトタックルで楽しまなきゃ損だワイ〜

で、投げ竿はピンギスの泳がせスペックに変更し、ヒラメマゴチ狙いに即変更。
第1投で釣ったピンギスをセットし、ウキウキしながら放置。

泳がせとは別に、ライトタックルを再セットし、近場でキス多数ゲット。
キスリリースも多数。
21.5cm〜9cmを30くらい持ち帰り。
ヒラメマゴチのフラット系には全く反応なし。かじられた跡もない。
ライトタックルのキスにもかじられた跡はなかった。
普通、これだけキスが接岸していると、フラット系も傍にいるはずなんだが・・・
もっと20cm近傍のキスがたくさん釣れればOKなのだが、今日の数時間は3つのみ。
寂し過ぎる感じだなぁ〜
これから、ヒネキスの爆があるのだろうか。


持ち帰った小さいキスは、ヒラメマゴチ泳がせ餌用にキープしていたヤツと瀕死のヤツ。
アユ釣りのオトリみたいな感じで、活きの良いチビキスを頻繁に交換していたので、15くらい活かしてキープしておいたのだ。

それでもリリースしたピンギスは30〜40以上あったと思う。
もし、夜明けから昼までやっていたら100は軽く越えた ような感じだった。



投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ