イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

夜の散歩

私は土曜日夕食後のんびりと海に散歩に出掛けた。
勿論、自転車に乗ってだ。
私の「夜間遠投一撃必殺釣法」のため試行錯誤、創意工夫したニューツール2008年仕様のテストを兼ねて出掛けたのだ。

先週も第1案のテストで出掛け、幸運にもメジナとフッコをゲットしたのだ。


2008年仕様は、様々に変化する海の状況天候に対応するため、様々なバリエーションが可能であるように考え製作した・・・

「風の強さによる選択が可能」
「目指す距離による調整が可能」
「錘重さが15号〜25号まで選択可能なLED電輝ウキ」
「交換が簡単で浮力調整可能」
「タナが自由に調整できる誘導タイプ」
「コンクリート岸壁、磯岩にぶつかっても破損しない頑丈タイプ」

更に、初期投資金額:イニシャルコスト安でランニングコスト安という優れものなのだ。


だが・・・昨日土曜日のテスト夜釣りは、全く魚の反応がなかった。
夜20時過ぎから23時まで。
釣れなかったのは、干潮潮止まりの時間に重なったせいに一応しておくが・・・


先週の土曜日に出会ってビールを頂いた方々と昨日も遭遇。
昨日は、保温ポットに入っていた美味しいホットコーヒーをご馳走になった。
とてもうまかった。


昨晩、またまた市警の警察官パトロールの方々とお話してしまった。



投稿者:imorimasuda

海からのプレゼントをいただきました

土曜夜に、釣り場で巡り会った方々にメジナとカサゴをプレゼントしたんですが・・・
やっぱり、私のジンクス通りで、天からというか海からの返礼が倍返しになってやってきました。
ふふふふふ〜

土曜日曜仕事だったし、今日は明け方の3時に起きて仕事していたので・・・
日没後半夜釣りに行ってきました。
ド遠投ピンポイント狙い一本針仕様で、18:30〜20:30まで。

短時間でしたが、メジナ31cmとフッコ42cmゲット。
カサゴの反応は、なかったです。
アタリはたった2回で、その2回を確実にブッコ抜きました。

クリックすると元のサイズで表示します

尺メジナは、久しぶり、約1年ぶりでしょうか。

刺身に即決定、海で一発活き締め血抜き、冷やして持ち帰りました。

一晩か2晩冷蔵庫で寝かせて、美味刺身を食おうと思っています。
アラは潮汁か八丁赤味噌のみそ汁で行きまっせ〜
投稿者:imorimasuda

秋の夜 一期一会

18日土曜日お昼時、満月関係うんぬんかんぬんのことをブログに書いてしまったので、無性に夜釣りに行きたくなってしまいました。
仕事終えて、家族で晩飯食った後、以前残った餌の青イソメがまだ冷蔵庫で生きていたので、やっぱり行こうと思ってしまいました。

酒を飲んでしまっていたので、自転車で近所の海に・・・20:30家をスタート。


私の目指す場所には、既に数人のグループがライト照らしながら釣りをしていました。
挨拶をして、私の釣り方法とキャストするポイントをお話したら、快く了解していただき、21:00頃から投げさせていただきました。

まあ、夜釣り乾電池ウキ使用遠投80m以上の距離で堤防際50cm〜1m範囲の根:岩礁帯の目標ピンポイント狙いですから、そのグループの方々は誰も本気にしていないというか「ホントかよ?」というような雰囲気でした。
まあ、やってみたらという感じの「いいですよ〜」という軽い返答でした。


第一投で、宣言通りの遠いピンポイント:岸壁際50cmに飛距離ピタッとキャスト。
10秒後にガツガツと当りを察知、ピシッと軽く合せて、20cmカサゴゲット。
遠くに光輝くサーフライトが上下に浮き沈むキャスト後1〜2分でした。

その直後から、彼らグループの私に対する対応が劇変。
賞賛の言葉と驚きの言葉が・・・

そして、暗くて狭い足元でも幾度も同じポイントに的確にキャストしているので、更に驚かれ誉め言葉の嵐の連続。

こうなると、誉め殺しに近い感じですわ〜

私は徐々に緊張してきて失敗キャストは許されない雰囲気になってしまいました。



しかし・・・更に遠い岸壁際50cmにキャストしメジナ24cmを遠くから引っ張り出しゲット。
益々驚きの声誉め言葉の嵐が・・・それと共に私の傍から離れなくなりました。

まあ、「彼ら数人発光ケミホタル満載+鈴付き7本竿21本針」は、それまで長い時間ゴンズイしか釣れていなかったようで、私のような一本竿一本針で到着直後、美味しい魚を速攻釣り上げたことに驚いて、嫉妬悔しさを通り越したような感じで近づいてきました。

私は到着後まだ、30分も過ぎていませんでした。

それから、仲良くなって、色々会話雑談。
暗くて顔は良く見えませんので、今度会ってもわかりません。


一期一会といいますから・・・
私はまた釣ればいいので、彼らにカサゴとメジナをプレゼントしました。
勿論スカリで生かしておいたものをプレゼント時点で活き〆血抜きし刺身で食うのに最適にしてお渡ししました。

それは・・・彼らの姿勢、気持ちよく釣り場に入れていただいたからです。
返礼に、おいしい缶ビールをいただきました。



私は、他に大ゴンズイゲットとバラシが2度ほどありました。


・・・1時間半ほど、朧月夜の下で夜釣りして自転車帰宅。




魚をプレゼントしたのには、もう1つの理由があります。
私のジンクスなのですが、プレゼントの倍返し=自然の恵み:湘南の大美味魚海から返ってくる=次回以降必ず私の手元に入るからなのです。
2倍以上の魚が釣れるはずだ・・・ということになるからです。



こんな事情ですので、今晩の写真はありません。
次回は、大漁大物の証拠写真をお見せいたす所存です。
投稿者:imorimasuda

秋から冬へ

クリックすると元のサイズで表示します

秋の月が美しい。

夕陽は夏の日に比べ一瞬の間に沈んでいく感じがする。

満月は絵画のような丸々の満月の形をしている。

すぐに冬になる。

今年も暖冬だと思うが・・・それでもきっと寒いだろう。




随分前から、晩秋から厳冬期〜更に桜散り鯉のぼりの上がる時期まで、夜釣りをし続けている。
春後半から暑い時期には、私は夜釣りをあまりしない。
理由は・・・ほしい魚:私の獲物が寒い時期に近場に集まってくるからだ。
私が、獲りたい魚・食べたい美味魚の接岸時期なのだ。

始まりの時期には釣れなくても、「絶対にやってくる・いるはずだ」という期待感と確信が大きいので、寒さ冷たさは何の問題もない。
時節柄、小魚餌獲り他魚の動きが鈍くなるので、目指す獲物を狙い撃ちしやすいからだ。
一撃必殺で仕留めるような感覚・・・それがとても気持ち良い。

私が、出撃するポイントは、釣り禁止かつ立ち入り禁止エリアではない。
しかし・・・そのポイントの先には鉄柵があり全面侵入禁止ゾーンとなっている。

夜釣りをやっていると、大概、警察官のパトロールがある。
私には何の問題はないので、その場で警官と雑談している。
「この先に誰か、入っていますか?」という質問もある。
禁止エリアに不法侵入者のライトが見える場合は・・・
「何人入っていますか?」という質問になる。

ライトが見えない場合は、わからないので答えようがないが・・・
ライトがチラチラ見える場合は、知りません・わかりませんと言えないので「多分○○人くらいじゃないですか。あの感じは・・・」と警官にお付きあいで答えるしかない。
警官も人数を想定し、ハンディ警察無線電話みたいなもので連絡、すぐにバイクとパトカーの応援が来る。
バイク警官だけでなく、パトカーがやってくるのは、侵入者を警察署に連行するためのようだ。

5人くらいの警官が大きなハンドマイクを使って、
「そこの侵入者、直ちに出てきなさ〜い。隠れても無駄です。こちらからも、お迎え確保に出向きます。諦めて直ちに出てきなさ〜い。」というような内容の強い呼びかけを何度でも繰り返す。
しばらくすると、100mくらい離れた高い侵入禁止堤防の上に数人の人影がボーっと見える。大概竿を持っているので、細長い影も確認できる。

この光景が、結構笑える。
影しか見えないのだが、みんな同じように頭を下げたような悲しげな背を曲げた格好でトボトボとゆっくりと歩いているように見えるからだ。
いい年した大人が<勘念しましたちゃん>に見えるからだ。
笑っちゃいけないけれど、わ・ら・え・る・・・大笑笑笑々々

こうなると、私は釣りをやる気がしなくなる。集中力など既にない。
警官が隣に何人もいるし、ハンドマイクはウルサイし、捕縛時の隣で呑気に夜釣りなどやっていられるか!状況になるからだ。

スゴスゴと仕舞い仕度をして警官に挨拶をして帰る。家が近いから直ぐに帰って酒が飲めるので、気分的には少し楽だから、釣果に満足感が無くても悔しさは小さい。

警官パトロールは幾度もあり、今まで4回ほど不法侵入者の捕縛時に遭遇した。
ここの高い堤防で捕まると、警察署に連行される。
みんな、怒られ住所氏名・身分証明書を確認され、道具を持ちながらトボトボと歩いてパトカーの置いてある方へ行った。

この光景も、何か侘さが滲み出ていて笑える。
笑えるのは、本格的な密漁ではなくて、素人がただただ魚ほしさに汗垂らして重い荷物と脚立ハシゴを担いで寒い夜中に頑張っていた所に「非情な呼びかけで絶望している姿」が想像できるからだ。

今年初めから、更に厳しくなり2度目以降捕縛されると罰金は30万以上になるらしい。常習者と考えられるかららしい。

多分、今年も遭遇するだろう。
海が静かで、弱い北風で新月の真っ暗闇の夜に。
幾度も、きっと・・・

投稿者:imorimasuda

いろいろやることが多い・・・3連休は仕事せにゃあかんわい

■連休はいろいろ・・・
11〜13日の連休は、俺は仕事*計画案と検討案の作成をしなければならない。
11〜13日の連休は、千葉東京からスカウト関係者が鵠沼野営場で楽しそうに野営とサイクリングに来訪している。
顔も出したいし、皆さんと、話もしたいし、酒も飲みたい。
この野営は、辻堂松戸埼玉にまたがって動いているHさんがいるから、私はあまり気を使わなくていいので気が楽だ。
Hさん、よろしく。
到着日の今日11日朝に顔を出した。
Hさんは、野営場の草刈をやってくれていた。深く感謝。
私は、野営場の倉庫屋根が壊れかけていたので、近所の子供たちがイタズラ遊びで屋根から落ちないように、小雨の中修理。
畑を見ると、種付けした野菜の育ちが芳しくないが、手だてが無いし、それもしょうがないので、ほっておくしかない。

この連休の野営中、原っぱの彼らの幕営に親睦夜酒を飲みに自転車で行こうかと思っている。
でも・・・時間をどうやって工面するか・・・



■連休中の上のそれらのことがわかっていたので、金曜日の夕方少しだけ竿を出した。
場所は、近所だが、Tバーでも港でも西浜でもない。
近場はピンギスばかりかと思い、思い切って遠投してみた。
あまりやらないことだが、餌もでっかく一匹掛けで、針も大きくしてやってみた。
小さいピンギスを釣らないように掛けないようにするためだ。
すると・・・
ヒネキスのトリプル掛けが3度続き〜うまそうなキスをゲット〜
短時間でツ抜けだったぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

刺身と塩焼きと刺身のアラの潮汁で食った。
潮汁にはソウメンを入れて食ったぞ。
う・ま・い!!
投稿者:imorimasuda

08 1004 エボシ岩が見えれば,俺の家はすぐそこだ

諸所の事情により実物魚の写真はありませんが(^^)
・・・幻の魚=イシダイ2、べラ1、メゴチ1、キタマクラ2をゲット〜
ふっふぁっふぁっふぁ〜あぁ〜(TT) 
情けないなぁ〜。
ここ数年、魚も持ち帰らずに帰ったことがなかったのに・・・
無念じゃ。

08 1004(土)今回の釣りは、夢の中の出来事だったことにしよう〜




青空が清々しかった
振り返って江ノ島を見る・・・俺の家も近い
エボシ岩が見えれば・・・俺の家はすぐそこだ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



夜明け前に茅ヶ崎から自転車で出発、日の出を磯の先端で見た。
帰りは昼前、湘南海岸のサイクリングロードを疾走した。
今回は自分で修理補強・釣り用に細部を改造した快速のマウンテンバイクで行ってみた。
私のマウンテンバイクの名前は「流星号応答せよ」号だ。
必要装備を積んで、マッハの速さで疾走する。

「流星号」はOGIN●さんのスクーターの名前なので、先輩に敬意を払い、その傍系としてちょっと名前を変えてみた。



天気が良くて、気持ちいい。
釣れなくても・・・秋晴れの空気を吸うだけで気持ち良いですね。

投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ