イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

0928 寒暖寂釣


土曜日から日曜にかけて、どうも腰が芳しくないなぁ〜
持病の腰痛が・・・この寒さでやってきたみたいです。
時代劇なら持病の癪が〜で木陰にうずくまれば、獲物が寄って来るのですがね〜

日曜夜明け前、早く起きたけれど、腰痛のせいで遠くの磯に行けなくてくやしい。

腰に不安があるので、今日は、すぐに戻れる近所のTバーへ散歩フィッシング。

しかし、夜明けから昼まで、ずーっと、青物は回ってこなかったです。
イワシもいなかったです。
Tバーも青物狙いで混んでいましたが、Tバー全体で1人の常連さんがワカシを1つだけ・・・全体でですよ。
ご本人も「通りすがりの交通事故だな」・・・と言っていました。


青物こなくても、それでもね・・・2週間近く冷蔵庫内:細々と生き絶え絶え冬眠状態で生きていたような「残り物:瀕死ジャリメ=柔らかく細くなっていたよ」でキス20cm2とアゴナシ18cm1をゲット。
針(7号)を大きくしてもピンギスが多数掛かってきました。
ピンギスはリリース不可能なものを25キープしました。
ピンギスリリースは40ほど。正確な数は数えていないので不明。



近頃は、可能な限り無銭フィッシングに心がけています。

イソメ虫餌も、掘ろう探ろうと思っています。貝類小蟹小海老の餌も現地採取ですね。
そして、自分の行くゾーンで他人には見つからないような陰の磯岩浜周辺で、地場生物を密かに個人的育成ですね。
台風が来たら絶対に流されてしまいますが・・・まあ、いいでしょう。

イソメ系は、000湾、XYZ海岸、KLM海岸では、採取跡があるし目撃もしているので、可能なことだと思います・・・これでは環境的に問題があるので、磯環境問題・自然環境破壊となってしまう方法を避けるための工夫を今思考している所です。
もの凄く難しいですが。


天然ウナギの特餌のドバミミズの大量育成には成功しました。
無農薬畑で野菜放置の隅っこの畦(アゼ:カエルじゃないですよ^^)で雑草茂放なしにしておいただけでしたけど。
このウナギ特餌のドバミミズは、いつでもキープできていますが、私はここ2年天然ウナギ釣りに行っていないし、行く気も失せたので、ドバミミズ君達は今も元気満々だと思います。


魚釣りよりも、まず地場餌採取を短時間に的確に最小限に・・・そう志そうと思っています。
まあ、釣具店に行けば、餌は短時間で入手できますけど・・・
やはりパーフェクトなフィッシングは、餌も野生の天然物じゃないとね。

人間の食べ物もニセ物・薬害・毒性詐称〜偽装されまくっているので、市販の魚の餌・配合餌なんざは、もっと凄いような気がしています。


キープした魚は、日曜日の午後〜夜の北風で干してドライフーズ:干物にしました。
ウマカッタです。
特にアゴナシの干物は絶品でしたよ。
あの鰭の長い部分と頭部がとてもウマイですな。
投稿者:imori masuda takao

自転車に乗って〜

日の出前の暗闇に出発〜買い物カゴ付きママチャリで遠い磯場へ、サイクリングフィッシャイング〜フル装備持って山越え往復26Km・・・今回実行してみました。一度は経験しておかないといけない方法だと考えていましたから・・・
ガソリン代交通費無しの0円釣行です。
朝4:00には目的の磯場に立ち、太陽が顔を出す5:30頃にオカズになる高級大物魚をゲットすることを目標にしました。餌代も0円、一銭もかけない餌現場採取を高い理想:目標におきました。

一般的なサイクリング:輪行とは、比較にならない短い距離ですが、陸の4輪と海のイカダ(−−)以外の方法で、遠くの磯場への釣行を初めてやってみました。
近所の海には、大概自転車で行っていますが、遠くの海までは今回が初めてでした。

今度は、以前から私に課せられた宿命のプログラムである「シーカヤック往復釣行DE大爆釣+江ノ島エボシ岩周辺縦横無尽プロジェクト」も、いつかはやらねばならないと思っています。

日頃の運動不足解消と体力の確認(耐力か?)も目的の一つでしたので、山を越えて磯場に到着した時点で疲労感が・・・フィッシングの釣果などは、二の次という気持ちになってしまいました。


今回の釣果は、カワハギ11:MAXは17cm。大ハギは次回に期待です。他には、大ササノハべラ1、カゴカキダイ3、シマダイ6、ネンブツダイ1、キタマクラ4、ゴンズイ2。この内リリースは17。
今回は、自作の鋭敏ダブル小針3連胴付・黄金錘緑ゴム管付きで攻めました。
しかしまたまた、隣で釣っていた釣友のカワハギ大名人に大敗北してしまった感が大きかったです。


背面で釣っていたFさんは、「孤高のアングラー、至高のルワーマン」であると再認識しました。
真っ赤な朝陽を背に浴びながら、その時ただ一人だけ釣果0にも表情を変えず、磯場の頂部に佇んで海全体に思考を巡らせている高貴なグラサンの男〜好漢ここにあり〜を宣言している姿のように見受けられました。
それから数分後「魅惑の軟体生物:怒涛の乱れ撃ち」には、さすが!〜と唸りながら、ワタシャ、タモ網を持って磯岩を何度も跳び走りしましたよ。

タコおじさんとも仲良くなりました。
真正面向いた朗らかな挨拶言葉の綾瀬の方でした。
自分で「茅ヶ崎・藤沢は高級だ。俺は綾瀬の田舎から来た。綾瀬には駅が無いからな」とか言っていましたが・・・

波を被る磯に便所スリッパ履いて鎌倉からやってくるという謎のオヤジに遭遇。しかも超高価(合計で10万を軽く突破)な釣り道具を使っていると本人が自分で言う・・・謎オヤジがやってきたのは、夜明け前の薄暗い時でした。
このオヤジの第一投は、鼻歌が聞こえたかと思うと「あっどこいった?」という言葉と共に、私の頭部背後50cmを錘付きサビキが吹っ飛んで行き、私のゴンズイクロアナゴブッコミの30cm脇に飛んできました。これはとんでもないヤツの傍になってしまったと・・・
大変危なかったです。驚きました。
隣の釣友曰く、小声で「ヘタ過ぎるにも程がある」
この言葉、言いたくても私には言えませんでしたが・・・

投稿者:imori masuda takao

楽しかったなぁ〜面白かったがぁ〜

後で書かなければ・・・くたびれたぜ。
投稿者:imori masuda takao

味の感覚と評価

夜明け前に近所の海に散歩した。
勿論、フィッシングツールは持参だ。

ひょっとしたら、パワー満々な青物が来ているかもしれんし。


来なかった。


しかたなく、投げサビキでトライ。
まあまあサイズのウルメイワシを8つとリリース不可能になってしまった小カマスを5つほどゲット。
そして、冷蔵庫で生き残こしてあった瀕死のジャリメも持って行ったので、キス釣りにもちょっとだけチャレンジ。針を飲んでしまったピンキスを6つほど持ち帰った。

土曜日にU磯から持ち帰った酢占め用のヒイラギは、面倒くさくて調理せずに冷蔵庫に入れたままだった。

これら、小物魚群を全部一緒に甘辛く煮付けてみた。

味比べじゃ〜


ごった魚煮付けで、何と一番うまいのは、ヒイラギだった。
次は、ピンギス。小差でカマス。
ウルメイワシは煮付けより、刺身が一番だと改めて実感。

ヒイラギも20cmオーバーまで育ってくれれば、絶品の美味魚として一般的に評価されはずだと思われる。
あの独特のヌメリも無ければ尚良いのだ。
更に、トゲトゲ鰭が優しくなって更に硬い骨が軟らかくなれば、凄いおいしい魚として魅惑のターゲットとなるはずだ。不可能なことではあるが。
シマアジ、ヒラアジ、カイワリ等、絶品美味と同種であるし・・・

かなり大きくなれば、今までの関東で常識的なその評価:嫌われ魚という評価も異なってくるだろう。
だが、最大15cmくらいまでのヒイラギしか、まだ見たことが無い。

それはそれで、良いことかもしれないと思う。
投稿者:imorimasuda

0914 秋の一日


クリックすると元のサイズで表示します

14日(日曜日)鵠沼野営場で、藤沢1団CS隊の野外プログラムと藤沢4団BS隊のトレーニングキャンプがありました。

午後14:00頃、顔を出してみました。

藤沢1団CS隊の野外プログラムはちょうど終了したところでした。楽しそうなカブスカウト(小学生)の顔が印象に残りました。

藤沢4団BS隊のキャンプは、これからテントサイトの設営のようでした。
15日までの1泊2日のトレーニングキャンプです。
一生懸命にテントを建てていました。
美しい家型テントが設営できた・・・と思いました。
最近のテントを見る時、ドームテント主流でしたから、私がボーイスカウト年代(中学生:36年くらい前)だった頃を思い出し、懐かしい気持ちになりました。
この家型テントは、三角天幕に皺が生じないように美しく建てるのが、結構難しいのです。
藤沢4団のみなさんには、野営場みどりの広場の草刈もやっていただき、感謝いたします。
ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します




14日、野営場に行ったのは、顔出し・スカウトプログラム見学ということもあったのですが・・・
私の住む茅ヶ崎町内自治会:11月初旬「新しくできた:みんなの広場:お披露目プログラム」で町内に住む方々に「野菜と花の苗をプレゼントする企画」の事前準備のためでもありました。

今のこの時期:お彼岸前に野菜と花の種を撒けば、ちょうど11月にプレゼントできるはず・・・と考えたからです。

16日から数日の間、曇り降雨と晴れ間が交互にあるという天気予報から推測し、発芽までの水分を確保できる14日種蒔きがベストだと考えたのです。


撒いた種は、寒咲き菜の花200株とたくさんの小松菜、それに50本収穫予定のダイコンです。
寒咲き菜の花と小松菜は、同種近縁兄弟のような花・野菜ですが、早い開花の種が「寒咲き菜の花」で冬に黄色い花が咲きます。小松菜は一般的におひたし等で食べられます。

ちなみに、小松菜を収穫せずに放置しておくと大きな菜の花になってしまいます。
ダイコンは、芽が出て、間引きしたものを」「味噌汁の具」として使える素材としてプレゼントする予定です。

思い通りにいくかどうか・・・
虫に食われなければいいのですが・・・



↓下の写真は、まだまだ隆盛・元気なゴウヤ・赤紫蘇とミニトマト。
もうしばらく、収穫ができそうです。
クリックすると元のサイズで表示します



投稿者:imorimasuda

う〜う〜 魚との強烈なファイトを味わいたい

デカイくて強引なパワー魚との戦いをしたいのだ。

対戦魚がいなければ・・・どうしようもない。

あいつらがいる所まで出向けばいいのだが、海は広いのだ。

どこにいるのだ。
どこに行けばいいのだ。


わからん・・・なぁ(^^)


しかし、東京湾側の横浜横須賀ゾーンでは、美味アジ・大サバが爆釣しているように思われる。
きっと、遠征したウハウハ組もいるだろう。
その喜び組は今頃、宴会をしていることだろう。




投稿者:imorimasuda

一ヶ月ぶりの山越え磯釣行

朝早く起きて、久しぶりにU磯に行った。

しかし・・・青物は全く釣れていなかった。
磯場にはたくさんの釣り人がいたのだが、だれも大きめの青物:イナダ・ソウダカツオ等を釣り上げてはいなかった。
寂しい光景だった。
私もチャレンジしたのだが・・・無念の結果

そこで、磯場にくっ付いている貝をひっぺ剥がし餌として使う=AMP名人直伝の「現場捕貝ハギ釣法」にトライ。
ハギ餌を持っていかなかったので、この方法しかないのだ。
しかし・・・カワハギも無念。
イモリ式創意工夫スペックの「多針+多貝」の物量仕掛けでハギに挑んだのだが、ハギ寄せ集魚効果しかなく、餌ヤリ当番みたいになってしまった。
私のニューメソッドを隣で見ていたOさんの目は・・・暖かく微笑んでいたようだが、何か関西系お笑的なものを見ている眼差しのような気もした。

その後、大鼻に戻ってAさん、AMPさんとお話し後、居残ったのだが、全く反応なく、昼寝。
昼寝起床後、昼飯食った12:30から、人がいなくなった磯平で、向い風の真南に向かって遠投・ボウズ逃れのキス釣りに再チャレンジ。
何とか14:30まで粘りキスゲット:MAX18cm。
ヒイラギは酢の物用に5つキープ。
針を飲んでしまった小キス1・小ニベ1とヒメジもキープした。

下写真の他には、ヒイラギ4とピンギス10ほどをリリース。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ