イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

猛暑と雨不足

8月20日ごろまでの猛暑と湘南エリアの雨不足の影響で野営場畑の作物は不作。
横浜川崎東京エリアでは、雷豪雨に襲われていたが、湘南には雨が降らなかった。

27日、F市の役所に計画の事前相談に行ったので、その帰り道に鵠沼野営場に寄って、一部の野菜を収穫した。
クリックすると元のサイズで表示します
ミニトマト、普通トマト、キュウリ、ナス、ゴーヤ・・・
何故だかわからないが、ミニトマトだけは実り豊かである。
しかし、それ以外の野菜の出来は芳しくない。

畑には、他に赤唐辛子、バジル、枝豆、サツマイモ、里芋がある。


クリックすると元のサイズで表示します
上写真:左・赤唐辛子と右・バジル
赤唐辛子が青い時に摘んで細かく刻み、食べる前にカレーにふりかけると甘口中辛カレーが爽やかな辛みのある辛口カレーに変身する。
辛味が足りない時に私が用いる方法・・・中々GOOD。


道路際の自然薯の蔓と葉の育ちも去年に比べて悪い。やはり暑さと少雨の影響だろうか。
クリックすると元のサイズで表示します

昨年、掘り忘れた蔓の太い自然薯だけは勢いがあるように見られる。ムカゴがたくさん付いている。
クリックすると元のサイズで表示します


ゴミ捨て防止・事故防止・犯罪予防を兼ねて「緑の原っぱの見通し」を良くするために、樹木の枝落としをやった。

見渡しを良くして子供たちがいる場所を確認しやすくすること、死角を消し犯罪者が身を隠す場所を無くすこと、走り回っても枝にぶつからないようにすること、ゴミを捨てるのを躊躇するような美しい広場にすること等を考えて枝落しを実行している。
クリックすると元のサイズで表示します

右上の写真は、枝落しをした後の伐採材で、釣り用の竿掛けを即席で作ってみた。

今使っているステンレス製の竿掛けだと重いし、落雷を呼び込むような気がするため、木の枝で作ってみた。

自然曲線と様々な枝別れ部の形が気に入ったので、この枝を選んだ。
投稿者:imorimasuda

今年も暑い・・・涼風を生む環境デザイン

●2008年、今年も暑い・・・今までに設計計画・経験した様々な環境スクリーンデザインの画像をUPしました。
涼風と日陰を創出する建築的な装置・仕掛けです。冬は太陽の光を受容でき、夏場はカットします。春秋の中間季は自然通風可能です。
視界視線の広がりについては、外の風景を見ることができるように設計しています。


屋上緑化と南日除けルーバー、通風中庭、水のテラス、屋上庭園、西日カットの縦ルーバー等です。

クリックすると元のサイズで表示します

*写真はテレビ朝日本社ビル:槇事務所勤務時に担当したもの。


住宅に設計した環境スクリーンデザインの画像もUPしました。
涼風と日陰を創出する建築的な装置・仕掛けです。冬は太陽の光を受容でき、夏場はカットします。春秋の中間季は自然通風可能です。
視界視線の広がりについては、外の風景を見ることができるように設計しています。
南北で温度差を生み出す北側金属スダレと南日除けスノコルーバー、西日カットの縦長パンチングスクリーン等です。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda

美味だぞ、ヒイラギの酢のもの

酢に砂糖を多少多目にして、ヒイラギをおろした身を浸す・・・それを食う。
これがうまい!
金銀色の皮は付けたままだ。
うまいぞ〜(^^)
ふっふぁっふぁっふぁっふぁ〜^^)
これは、うははははは〜は〜だ!!
投稿者:imorimasuda

今日は磯場に遠征した

しかし・・・
朝6:00少し前、磯場全体を小高い岩場から見渡すと、ルワー・弓角でサバもソウダもワカシも釣れている姿光景がない。
昨日は、アミコマセ釣りでソウダがチラホラ釣れたという話だが・・・
今日の朝になると状況が異なっているかもしれない。

朝7〜8:00頃になってアミコマセ釣りのバクダン仕掛けとカゴ仕掛けの方々が隣の磯場に大勢出現してきてから、サバばかりがたくさん釣れていた。


私はアミコマセを使わない方法なので、ジグサビキでまずはやってみた。
大きめのウルメイワシが、ジグサビキで15程ゲットできたが、後から来て釣れない様子の若い釣人にプレゼントした。

釣れない時の保険のためにジャリメを持参したので、キス釣りでなんとか獲物はキープ。

クリックすると元のサイズで表示します




途中で、南側の磯に覗き観察に行くと、YZさんとお会いしました。
YZさんのご紹介でOCHNさんとSZOUさんにもお会いしました。
皆さん、パワー溢れる元気満々の方々でした。
これからもよろしくお願いいたします。


YZさんとは、今までは地元近所の真冬夜中の真っ暗闇釣りで偶然遭遇していましたから、何回かお話はしましたがお互いの顔はわからないままでした。
顔知らずのコミュニケーション=隣にいるのですが暗くて顔が見えないし、極寒真冬の夜で北風もありましたから、厚着でブクブクの上、動きも鈍いし会話だけが弾むというか、会話のみが動いているような感じだったのです。
わざわざ、お互いの顔を確認しあうこともしなかったですし・・・


今日も、お互いの顔は知らない:わからなかったのですが、私が喋ったので・・・
私は独特なダミ声で、他者の耳には二度と忘れられないような悪声大声らしいですから・・・YZさんから「あのイモリさんですか」と言われ、確認されてしまいました。

TPPさんからも、Lさんからも、KBさんからも、Pさん、Iさん、STさん、MGさん、KZさん、HRさんからも同じようなことを言われていますしね。



キスは、16cm〜20cmを14。
目標は20尾オーバーだったのですが、途中他の磯を調査視察に行って息抜きしてしまい集中力が途切れてしまいました。

ヒイラギは、泳がせ釣り用に確保しておいたのですが、暑くなってきたので泳がせ釣りをやらずに終了・・・シルバーヒイラギは持ち帰りました。
久しぶりに滋味美味の酢〆で食うつもりです。

Iさんとは、数ヶ月ぶりに久しぶりにお会いしました。潮風を受けて帰られる後ろ姿に爽快感?^^)が漂っていました。

イカ名人のPさんは、デカハギを複数持って潮風を受けて帰られる後ろ姿にキモキモ感?^^)が漂っていましたよ。
投稿者:imorimasuda

う〜う〜う〜ま〜い〜

大キスとセイゴとデカニベ(イシモチ)を刺身にした。

何と言っても、キスの刺身が一番うまかった。
何という上品さだ。
何という甘みだ。
半透明と言いたくなるような白身の美しさ。
パールピンク海の女王様に納得だ。
むふふふふ・・・


刺身を取ったアラを潮汁にした。
これは、セイゴの頭部が一番の味だった。
トロケルようなゼラチン質、目玉周辺の食感と食味・・・素晴らしい味だ。
ふふぁふぁふぁっふぁ・・・

笑い顔になっている自分が恥ずかしいが、やっぱり思わず微笑んでしまっている。


中キスとチビニベは塩焼きで食った。
大キスとセイゴ、デカニベは刺身。
キスとセイゴのアラは潮汁。
デカニベのアラは八丁味噌で味噌汁にする予定。
ニベの中型4つは干物製作中。

中ニベ1つとチビエイは煮付け用、中ニベ1つは塩焼き用に冷蔵庫にて保管中。


ここ数日は微笑む日々となりそうだ。


昨日釣った魚は、釣り上げた直後に全て活き〆めし冷やしておいたので質には自信があった。
しかし、更なる高度な技「神経抜き」にも挑戦したが、うまく抜けたかどうか自信がない。


*神経抜きは・・・
http://www.gear-lab.com/shp/ikijime-kun/
私はこのツールを購入していないので、ピアノ線で代用してみた。
昨日は大きな魚ではなかったから、神経部をピチっと抜き通したかどうか定かではないのだ。


投稿者:imorimasuda

欲深い夢想はしたが、疲れのため実際は無心無欲になってしまっていた

クリックすると元のサイズで表示します

ここ2週間、ずっとぶっ続けで仕事だった。
しかも日曜の夜は徹夜、月曜夕方が締め切りだったからだ。
それで昨日月曜の夜は、ベッドに横になった途端、爆睡バタンキュー。

朝起きて、とても仕事する状況にない。
本日朝7:30から地元の○浜へ・・・釣り場所選択の理由は、駐車場傍が釣り場だったから・・・疲労で歩きたくなかったからなのだ〜。

でもって〜
●釣り方も亜熱帯気候向きのダラダラ投げ釣り^^)
 *しかし、欲深いので、誘いは頻繁で結構せわしない。
●真昼間で常識外だが、気が向いたら時々ジグサビキ、期待しないけどやってみるスタイル^^)
 *ただし、あわよくば運次第という気持ち100%

という欲深い両刀でやってみようと思いました。

しかし、疲労がかなり残っているため、ボーとしながら釣っているため、いつのまにか無心状況・・・そんな訳で、まあまあ飽きない程度にとても楽しく釣れました。


途中、カミナリの音で1.5時間ほど中断し様子見。幸い、茅ヶ崎には雷雨なし。
釣り再開。


キス最大25cm、ニベ最大29cm、それにセイゴ?フッコ?33cm。
それに絶品の煮付け魅惑味のチビエイ。
■これの煮付けを食ったらあまりのウマさとヒレの食感に驚くこと請け合います!! 
*注:大きなエイの煮付けでは、味わえない絶品の食感味ですので誤解しないでください。また小さくても尾っぽには強烈な毒針がありますから、決して尾っぽには触れてはいけませんです。切断してください。)

他チビニベ6ほどとクサフグ6リリース。
で・・・計28くらいだったか?

一応五目は達成。


しかし、投げ釣りの他のジグサビキで、アジ、カマス、イワシ、ワカシ、ショゴ、サバ、ソウダがくれば12目になったはず・・・
今日のジグサビキには、29cmニベとチビエイが掛かったのみ(セイゴは投げ釣りのジャリメに掛かってきた)


極度の疲労虚脱感故、冷静な判断思考は放棄して、ダラダラと蒸し暑い中で、多種多量品目釣りを達成することを夢想して出かけたリアリティのない「癒し釣り」だったのですが・・・
望外の数の獲物が獲れて、楽しく終了。


キスの25cmは久しぶりで、とても嬉しい。これは刺身に決定だ!!

むふふふ・・・キスの刺身はとてもうまいぞ。
なんたって、25cmだからな。



今年は尺キスゲットの予感がする。
ふっふっふ(^^)



投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ