イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

敗北の翌日  自生自立の力

昨日敗北したプロポーザルコンペ=前の記事:の状況のため、今日の昼間は仕事に集中できそうになかった。
こういう時は、気分転換が必要だ。


汗をかこう・・・と思った。


鵠沼野営場に行って、畑・作物の手入れ。
それと、倉庫整備、補修、ゴミ拾い、雑草刈り・・・

水道蛇口周辺が破壊されていたので、修理。
扉もガタガタにされていたので、修理。
この二つは、倉庫の屋根に登ろうとする近所の子供たちの足場踏み台にされてしまうのだ。

どんなに注意しても、登りたい欲求があるようだ。
子供たちと話をすると、「何んだか登りたくなるんだよ〜」とのこと。
私は笑って答えるしかない。
「そうかもな〜そういう気持ちになるんじゃしょうがないな〜」

いつも、監視できるわけではないので、やむ終えないし、いくら説明しようとも子供の欲求を止めるすべがない。けがをしないように注意する。
注意看板、禁止事項看板を掲示するしかないのが、実情だ。

そんなこんななので、年に数回、定期的に補修するしかない。



自然薯20本の蔦とミョウガの周辺の雑草を刈り、キュウリとミニトマトを収穫。
枝豆とナス・トマトも順調。
コゴミの移植もなんとかなって、根付いたようだ。

ダイコンが、大量に自生し出してきた。
引っこ抜かないで放置していたら、花が咲き種が落ちて、今頃葉を出してきた。
かなりの数・・・これもほっといてみるか。

ジャガイモもほっといたら、勝手に育っているし、小松菜・水菜・ゴーヤもほっといただけで、同じだ。


私が植えたものは少ないが、それはそれで何とかなるもんだ。
雑草が茂るよりは良いと思う。

勝手に出てくる野菜は、中々魅力的だと思う。




投稿者:imorimasuda

抜きん出た最優秀案を目指す

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

昨日まで、石川県の金沢市に滞在していた。

公立の図書館の設計プロポーザルコンペの最終面接ヒアリングのためだ。
全国の建築設計者に公開され、実力のある設計者公募で、設計者最終候補の上位5人に選抜され残ったのだ。

大変緊張感のあるヒアリング・面接であった。
面接の時間構成は、自らの計画コンセプト説明10分と質疑応答20分というものであった。

結果は、当日の夕方連絡があり・・・残念ながら最優秀でなく・・・というものであった。


4月、東京都町田市の音楽ホールと図書館・生涯教育の複合建築:設計プロポーザルコンペでも、全国建築設計者公開公募で、設計者最終候補の上位5人に選抜され残ったのだだが、これも、最優秀とはならなかった。

建築設計のプロポーザルは、最優秀=1等でなければ、仕事にならず・・・何等でも落選すれば実現・実施案とはならない。
いくら、優秀案でも、実施計画とはならないのだ。

2つ続けて、今一歩、届かず・・・
2つ続けて、ファイナリストには選ばれている。中々無いことだとは思うが、何かが足りないと考えている。

説得性があり、社会課題に応答し、他を圧倒凌駕するコンセプト・計画案を提示しなければならない。

再び、挑戦するしかない。


*画像は提出した一部のドローイング。

投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ