イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

鶏と鰻の記憶

鶏を捌く・・・友人のBLGにこの話題があったので、1ヶ月くらい前に友人の所に寄稿したものをここにも記載しておくことにしました。


スカウト活動のプログラムでこれを初めて体験したのは、シニアスカウトの頃高校1年でした。今から35年くらい前のこと(^^)

愛知県連主催のシニアスカウトトレーニング野営の時でした。
事前にプログラムは公表されず、伏せられたままで、野営地に集まり、 初日食料配給の時に2人に1羽ずつ配られましたよ。
しかも、テント脇で逃げないような工夫しつつ、(確か4日間だったと思うが)飼育しておき、最後の夜に、食え・・・という課題でした。

その時まで飼えというのがとても、面白かったです。

朝、雄鶏の雄叫びがうるさかったです。
逃亡する他班の鶏がいたりして、それを捕まえるのもとても楽しかったですね。(^^)

結局、食肉にして食いましたが、その日の他の食料配給は、塩とタマネギだけしかありませんでしたから、皆一生懸命捌いて食っていました。
どうしても、できない人もいました。
まだ生きている鶏から目を背け、見ないようにして離れていきました。

私は、家での日常と爺さんの養鶏関連で鶏捌きは慣れていましたから、それほど難しくはなかったですが、他のスカウト仲間達は大変でしたよ。
ナタ一発という凄いことやったヤツラもいました。
その光景は、あまりに凄くて書けませんが・・・・

BS課程でも、私の親友の指導者が自隊で1回だけや実施したところ、泣き出すスカウトがたくさん発生し、中止したこともありました。
色々な課題問題もありましたね。
自団のBS課程では、それ以来実施しないことになりました。


そのかわり、自団BS隊夏の長期野営で生きた鰻ウナギを捌くという大変高度で難しい課題にしたこともありました。
ウナギの捌きと料理は、大爆笑の連続でした。

私と後輩RSの計3人で、後輩RSの親戚ウナギ養殖のおじさんの所に行って入手(20代でした)、生きたウナギ20数匹水エア入り袋各人1つをザックの上に背負って、山を登りました。
重たかったですね。 計60匹の生きているウナギ(^^)
スカウト一人に超高級ウナギ1匹の配給でした。
ウナギ食い放題(^^)


湘南地区では、鶏捌きと料理は自隊F8SS・VSで2回実施しました。
また、地区の当時SS・今VSの他団スカウト達から「鶏の捌き方を教えてください」という要望があり、実施したことがあります。
その時のことは、↓の自分のBLGに書いたこともあります。
http://moon.ap.teacup.com/imorimasuda/199.html
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ