イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

<うら若い魅力的な女性が近寄ってくる釣り師> 考

「臭いアミコマセを使っていなかった」こと「より原始的な漢らしい」釣りを志し、実践していたら、思いもかけず、表題の「うら若い魅力的な女性が、自ら身を投げ出して近寄ってくる(^^)」という経験をしました。

この経験は、実は一回だけでなく、実は今まで年に数回あります。
私は、ただただ「しぶとく大物を狙って」佇んで釣りに集中している時に、年に2・3回くらいあります。

そこで、様々なシチュエーション:感覚:感情:感性がその時:その場合に存在・誕生したから、このような現象が私の身に起こったのかもしれないと考えました。
ただ、これらのケースでは、彼女たちの事情・状況は想像できませんですから、私の状況のみで考察してみました。

その考察結果は・・・

私はコマセ使わない族なので、魚臭く無い、あのアミエビとかオキアミ独特のコマセ臭さが無い。
おっさんなので、色気殺気に欠けるというかギラギラ感が薄いし、淡白派故無臭感がある。
太っていない体型で日焼けしていて、湘南サーファーっぽい粋なフィッシャーマンみたいに見える。(実際は欲深い釣り師^^)
イカダとかカヌーとかヨットとか無人島とか冬山とか洞窟とか、色々変な話に詳しい。
実は、メガネを外すとかなり二枚目ハンサム(古い^^)であるかもしれない。


こんなことを書いてみました。
異論反論オブジェクションというのは某TV番組のタイトルではありますが・・・まあ、大目に見てください。



釣り師には色々な狙いの釣魚 試行嗜好志向等があります。

それを女性たちにアピールする「狙いの魚系:匂い香り等々」合コン自己紹介のキャッチコピーのような感じで表現してみました。

イカ臭い男です(これはマズイ表現ですね)
ブリ香の男だ俺は(ナンジャこれ^^〜出世魚系で)
タイの匂いが漂う自分ですが(芸人みたい)
サンマみたいです私(明石やさんにはなれない)
フグ男ですが(美味だが猛毒があるな^^)
カワハギのような私(宇宙人のようなヤツで内臓が見透かせそうだ)
ウマヅラが好き(細長い顔の女性しか寄ってこないな)
サバ男です(いつでも釣れそうだ^^)
ハゼ好き男です(ダボハゼだな)
キス派です(危ないぞ、セクハラで訴えられそうだ)
カンパチ狙いです(わからん?)
タコが好き(女性に殴られそう^^)
アジが一番(何だかすぐにBED直行みたい^^)
私はゴンズイが好きです(ホントかよ?)
メバル好ですけど、イイでしょうか(目が大きい人の時に)
私はカサゴ女が好みですが(口コンプレックス場合)

・・・等々限りないですね。
このような話は・・・


大変、失礼いたしました。





投稿者:imorimasuda

釣れたのは・・・

昨日の明け方、U磯に久しぶりに行ってきました。
地元茅ヶ崎サーフでは味わえないU磯独特の強烈な引き:魚との戦いを堪能しようと考えたからです。
ところが、その雰囲気はまるでなかったのでした。

投げ釣りで、良型キス2、メゴチ5、ヒイラギ1。
ヒラメ・マゴチ・青物・大物エイ狙いのメゴチ餌の泳がせ釣りもアタリすらなし。
投げサビキで、ウルメ3、小型アジ4(大ジンタ)
・・・という結果。一応、5目15尾ゲット。

睡眠不足もあって、8:00〜10:00頃まで磯岩に倒れこむようになりながら爆睡。
起床したその後、投げサビキをしてトボトボと家路につきました。



しかし・・・良いこともあったのです。
今日のDKの鼻で若いおネエさん二人に何度も「すんげぇ〜カッコイイ〜」と言われたんですよ。
ヒイラギとメゴチの活き餌泳がせ釣りの時でした。
小魚釣ったらすぐに、別の竿仕掛けで活きたピチピチ小魚を針にブッ刺しブン投げる・・・
この手際に凄く驚いたようです。

色々質問話かけられ・・・
「こんな原始的な釣りがカッコイイのか?・・・これはね、わらしべ長者という昔話のような釣り方なんだなぁ〜知っているこの話?」
「知ってる、知ってる。だんだん貰えるものが大きくなっていくヤツ。」
「そうそう、ソレソレ、そういう釣り方・・・でもなかなか予定通り釣れんけどね〜」

私と彼女たちそれぞれペアになって写真を数枚撮り。
更に、私は彼女たちに、何枚も隠し撮りまでされてしまいました。

近寄ってきてくれたのは、これはきっと、私自体がカッコイイこともあったのかも?とは思いますが、恐らく臭いアミコマセを使っていなかったせいだと確信しています。
投稿者:imorimasuda

利用  捏造 偽造 

利用しやすかったのか
そうだったのか


なんだい、所詮お前は
無関係

黙って向こう行かずに


簡単なことだ
正面向かって
はっきり言えばいい

利用したよ・・・と




今になって、静かにそっと笑うを見た





贋者は勘弁、虚勢も勘弁、詭弁も勘弁








偽造するヤツは問題外 











投稿者:imorimasuda

鶏と鰻の記憶

鶏を捌く・・・友人のBLGにこの話題があったので、1ヶ月くらい前に友人の所に寄稿したものをここにも記載しておくことにしました。


スカウト活動のプログラムでこれを初めて体験したのは、シニアスカウトの頃高校1年でした。今から35年くらい前のこと(^^)

愛知県連主催のシニアスカウトトレーニング野営の時でした。
事前にプログラムは公表されず、伏せられたままで、野営地に集まり、 初日食料配給の時に2人に1羽ずつ配られましたよ。
しかも、テント脇で逃げないような工夫しつつ、(確か4日間だったと思うが)飼育しておき、最後の夜に、食え・・・という課題でした。

その時まで飼えというのがとても、面白かったです。

朝、雄鶏の雄叫びがうるさかったです。
逃亡する他班の鶏がいたりして、それを捕まえるのもとても楽しかったですね。(^^)

結局、食肉にして食いましたが、その日の他の食料配給は、塩とタマネギだけしかありませんでしたから、皆一生懸命捌いて食っていました。
どうしても、できない人もいました。
まだ生きている鶏から目を背け、見ないようにして離れていきました。

私は、家での日常と爺さんの養鶏関連で鶏捌きは慣れていましたから、それほど難しくはなかったですが、他のスカウト仲間達は大変でしたよ。
ナタ一発という凄いことやったヤツラもいました。
その光景は、あまりに凄くて書けませんが・・・・

BS課程でも、私の親友の指導者が自隊で1回だけや実施したところ、泣き出すスカウトがたくさん発生し、中止したこともありました。
色々な課題問題もありましたね。
自団のBS課程では、それ以来実施しないことになりました。


そのかわり、自団BS隊夏の長期野営で生きた鰻ウナギを捌くという大変高度で難しい課題にしたこともありました。
ウナギの捌きと料理は、大爆笑の連続でした。

私と後輩RSの計3人で、後輩RSの親戚ウナギ養殖のおじさんの所に行って入手(20代でした)、生きたウナギ20数匹水エア入り袋各人1つをザックの上に背負って、山を登りました。
重たかったですね。 計60匹の生きているウナギ(^^)
スカウト一人に超高級ウナギ1匹の配給でした。
ウナギ食い放題(^^)


湘南地区では、鶏捌きと料理は自隊F8SS・VSで2回実施しました。
また、地区の当時SS・今VSの他団スカウト達から「鶏の捌き方を教えてください」という要望があり、実施したことがあります。
その時のことは、↓の自分のBLGに書いたこともあります。
http://moon.ap.teacup.com/imorimasuda/199.html
投稿者:imorimasuda

雨に打たれながら

昨夜、プリンターのインクを急遽入手しに、夜遅くまでやっているホームセンターに行ったら、まだ野菜の苗を売っていました。
すかさず、手入の掛からないようなモノを購入。
ついでにこの時期でも、まだ間に合いそうな種も購入しました。

それで・・・
今日、雨が止んだ一時に畑に行ってみました。

膨大多量の雑草がありましたから、奴隷作業のように必死に掘り返して根ごと撤去完了。
夕方近く、開墾終盤、雨にうたれて、びしょ濡れ。

ナス、トマト、ミニトマト、鷹の爪、キュウリの苗の最終時期のモノが、茅ヶ崎SMCHで入手できましたから、植えてきました。
バジル、枝豆、地這えキュウリの種蒔きもしてきました・・・遅れた時期でどうなるか。

逞しい雑草に再び占拠される前に、地面はつつましい野菜の葉っぱで覆いたい〜と思ったのです。


しかし、まだまだ畑には余地がある・・・ので、次の一手も考えねばならないと思っています。
そうしないと、またまた雑草一面になってしまいそうで・・・ね。
投稿者:imorimasuda

夏前の一時

今年に入って野営場の畑:農作業を100%サボっていました。
まあ、サボるつもりはなかったのですが、休日はないような状態で仕事が忙しいかったことをサボる言い訳にしておったのですが・・・

しかし、この梅雨の季節、野営場雑草の繁殖が凄いと思い、刈草機でガンガンと草刈しないと・・・近隣から苦情が来るなと考え、先日しょうがなく草刈整備にいってきました。


今季、農作業を100%サボっていましたので、種付けとか苗を植えていませんでしたが、昨年、自然に落ちた種とか掘り忘れ芋とか、諦めていた根菜等が、雑草群の中で勝手に育っていました。

伸びきった元気満々の雑草を引っこ抜いたら、色々な健気な野菜共を確認できました。


ゴーヤはアチコチ生えてきていますし、紫蘇と小松菜と水菜は自由奔放な場所で雑草のように繁殖しています。
ジャガイモも点在しながら20本くらい茂っています。里芋も生え出してきました。
ホウレンソウらしきものまであります。
去年諦めていたミョウガも今年は雑草に負けず元気に育っていました。

なんといっても凄い勢いなのがヤマイモ「短形改良自然薯」でした。
ごっつい蔓にたくさんの蔓葉っぱが繁殖していました。
昨季はムカゴもたくさん落ちたので、今はかなりの数が芽吹いていました。

去年の晩秋、ヤマイモを掘っ後、そのイモの頭部を切って種芋として再度埋めておきましたので、今年は、何も努力しないでヤマイモがたくさん収穫できそうです。


野営場でのガンガン草刈・・・去年と同様、草刈っていると多数のムクドリ軍団が私の後方3mくらいに集い連なって虫に喰らい付いていました。ムクドリ君たちの数はおよそ100羽くらいでしょうか。
彼らは、私が振り向いても逃げないです。
つぶらな瞳を見つめると、私を見返してきましたよ・・・(^^)
投稿者:imorimasuda

内容と質こそが大切だと今また思う

評価結果としての数値のような表記は、評価する場合の最初の基準にはなっても、一番優れていると判断したいのは〜

その効率性・機能性と人を惹きつける魅力・おおっコレだと決断したくなる構想であろう。

ただ、相対的な評価か絶対的な評価か、という二極単純な眼差しで考えると、生き物が介在する場合では絶対評価の真実・・・これしかないというような真の判断は、幻のような感じでは有るが・・・現実には有り得ないのではないか、難しいのでないかと思う。

その場合その場合、ケースバイケースで、判断し、惑わされる。
惹き付けられて魅力に感激感謝して判断する。

物理学とかで言われる定理のようなことは、実際の世の中では滅多におお目にかかれない。
定理のような、絶対的な正しい事柄も体験したことがない。
書物の中で、歴史的な事象で記述されているだけだ。

まあ、重力関係では、実際に実感しているが。



建築の場合において空間評価の基準について、感じたことを書きなぐっているので、真の真実について考えているのではないのだが・・・


仕事関係のことを考えていたのだが、釣りとか、趣味の野外での活動とか、スカウト活動とか、対人関係等々、多々他でも同じように思う。


大らかに大きくものを考えて、繊細な心遣い・優しい配慮と大胆な行動で、もう少しこの方向で生きて生きたいと・・・思う今。


損してばっかりだ。


笑ってまた、チャレンジ。




投稿者:imorimasuda

如何・遺憾・イカン

う〜う〜う〜

緊張感があって期待感溢れるような・・・ファンタスティックでエキサイティングなフィッシングに行きてぇ〜〜


表現が、カタカナばっかりじゃな(^^)
日本人としては、これではイカン〜


正確には遺憾・・・だな。
如何とも・・・なんやらかんやらで〜・・・フムフムフム^^)
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ