イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

一緒に、羽ばたこうぜい!!

クリックすると元のサイズで表示します


本気?アンタ・・・・



この画像が物語るコメント。
YZさんにGOODアドバイスを受けたので、コメントコピーを変えてみました。




YZさんのBLGに魚の正面顔の写真がありました。

それなら・・・私も以前に撮った魚顔があるので、久しぶりにUPしてみました。


私は、自分の獲得魚画像からインパクトが強いヤツを選んでみました。




茅ヶ崎の「めおとハコフグ」だす〜〜



↓以前このBLGに書いたハコフグの記事
http://moon.ap.teacup.com/imorimasuda/7.html




他にもこいつらの発言ならば色々ありますね。・・・この表情はね。


A「飛ぶぜ〜〜」

B「俺たちゃ、モンスターペアレンツじゃねぇ〜まともなんだよ」

C「いいじゃねえか、もうどうでも〜マナ板の上だしなぁ・・・」

D「文句あっか、オラァ〜」

E「文句はねえよな、俺たち二人に・・・ナニカ?」

F「夫婦で、捕まっちまったぜ〜クソータレ!」

G「おめ〜らには、関係ねぇ〜・・・これからが勝負だ!!」
  
   私「じゃ・・・一体、どやって勝負するのかいな、あんたら夫婦は^^)
       やってみい〜」


H「う〜噛み付いたるぞ、お前にな・・・動けないけどなッ!!(KME田みたいかも^^)」


とか・・・色々なんでも、ありだな。コイツラなら(^^)

やっぱり、KME田みたいだな。こりゃ・・・




他にも、コイツラの主張は様々色々あると思います。
思いついた方々は寄稿をお願いいたします。


投稿者:imorimasuda

日曜日

クリックすると元のサイズで表示します

土曜、日曜とデスクワークをしていた。
フリーハンドで計画コンセプト考え方を平面的にスケッチし・・・PCでドローイングする。

画像にあるような某計画案をスタディしていた。

画像にはないが、他の2つのプロジェクトもスタディした。

休日中にスタディした案を日曜日中にメールで送っておくと、月曜日の朝一番、他のメンバーが机に座った段階で、確認できるようにしておきたかったからだ。


やはり、休みなしにデスクワークをすると、とてもとても疲労する。


それで・・・またまた夜に釣りにでかけた。
風が止んだ月夜、満月の下、某所でUJさんに出合った。
色々と楽しい会話をした。

釣り?・・・釣り?魚?・・・持ち帰り魚はなく、楽しい会話の時間だけを持ち帰った。


この日〜日曜日夜の釣果〜小振りカサゴ1つのみ。
このカサゴはリリースしようと思ったが、傍にいた2人の中学生が欲しいと言ったので、プレゼントした。


19:00〜21:30まで海にいて・・・帰宅した。
投稿者:imorimasuda

野生のクレソンを話題にした会話で思い出したこと

今年の3月に、釣友のBBSに書いたことを再び思い出した・・・



クレソンは・・・水辺、湿った場所にあるみたいです。

今、色々なところで視認できるクレソンは、だれかが、放置捨てた野菜クレソンが勝手に繁殖したか、わざわざ植えたものが多いのではないでしょうか。

湘南では、きれいな水が流れている場所が少ないので、私は、採って食べることはあまりしていません・・・
しかし、湿った土があれば育つようなので、どこかにきっとまだまだたくさん生えているんでしょう。


F市ならば、GSMにあるの広場沿い水源池からそそぐ小さな小川の土手周りのクレソンがお勧めですが、まだあるのかな?
その小川沿いには数本のタラノ木もありますが、採取ライバルがいますから、そこのタラの芽を未だ採って食ったことがありませんです、私。

GSM:SFC付近の湿地帯小川にもあると思いますが、あの辺の川には高級KZブタ・乳牛育成時の生命排水:糞尿・堆肥類が流れてきますから、私は敬遠しています。(^^)

TZDKH公園の池周りの水もキレイなんで、かつて生えていたのですが、あそこは年に一度プール開きの前に水を抜き流す際、池も一斉清掃するので、まだ生存しているかどうか不明です。今の状況ですと多分ないでしょうし、食べるのはやめた方がよいと強く思います。

他にはH町のG邸東あたりの丘陵:AYの北側「KYの里」を流れる小川周辺の水もキレイですから、クレソン場としては良いように思われます。

でも、クレソンは雑草みたいで間違えやすい感じなので見過ごすことが多いですね。
クレソン目当てでいく場合は写真持参のほうが良いと思います。



当たり前ですが、箱根と富士○○近傍にはたくさんありましたよ。

タラノ木の群生密集地があって、凄かったです。
トゲがあるのでその群生の中には侵入できませんでした。
私のボーイスカウト友人の○市北方面在住の友人は、自分の家の庭に栽培し、毎年窓から手を出して採って食っています。

この方は○市で代々続く狩猟家系で、キジ・コジュケイ等の野鳥も飼っていますし、鉄砲も持っています。
先祖代々、狩猟免許ももっているマタギ系のツワモノです。



H町G邸近くの天然水汲み場を過ぎたあたりの丘の樹林帯を西に上ると:自然薯盗っ人掘りエリア:遠方から来る盗っ人達で穴だらけがあります。
たくさんの放置された窃盗穴が確認できます。
本当に、困ったモンです。

車で遠征してくる自然薯盗っ人連中の野郎達には・・・


その丘を登りきって南に歩くと馬が人を乗せてポコポコ歩いていた光景の記憶があります。
海に伸びる崎の北側にある高台でした。

そこの樹林帯の中を探り歩くと、海の先端の岬:崎から竜が飛んできて池を作った?(記憶が不確か)とかいう伝説が残る小さな神秘的な池沼があります。
この池沼には天然の大量のタニシが自生しています。

ここのタニシは貴重です。

不思議な魅力の樹林と森・・・でした。

今はどうなっているのでしょうか。
ほんの、7年前の記憶です。



以上の記述は、今年の3月に、釣友のBBSに書いたことを再び思い出したので・・・記載してみました。
データとして記録しておいたものです。


投稿者:imori masuda takao

腰を痛めたのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この公共施設のプロポーザルコンペの提案を、必死で考えている時に腰を痛めてしまいました。

3昼夜仮眠しながら、椅子に座りっぱなしで提案コンセプトとドローイングを作成していました。

ほとんど、動かずにPCの前で・・・

2段階の選考審査を経て、公開プレゼと最終面接審査を終えました。


実際の画像データは重過ぎてUPできないようなので、提出した一部のドローイングをスキャンし直して新たに画像データとしてUPしてみました。

投稿者:imori masuda takao

寒い一日

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと前までは、とても暖かったのですが、今日の日曜日は北風が冷たく寒い一日でした。

昨日は早朝から深夜まで東京郊外まで出向いての仕事だったので、今日はゆっくり起きましたが・・・しかし、午後4時までまたデスクワークをしてしまいました。


3月17日に提出した:東京都の某市「○○駅前公共施設設計プロポーザル 」のコンペ(図書館・音楽演劇ホール・生涯学習施設・屋上庭園等複合公共建築)で全国を対象とした建築家の応募案の中から上位5チーム(公開プレゼンテーション参加者)に選ばれたのです。

昨日4月12日(土)が公開プレゼンテーション&公開審査会だったのです。
1等でなければ、実施設計の設計者になれません。

私達は、2月中旬以降から専門家6名と若手スタッフでチームを編成し、横浜オフィスをワークスペースとして、図面スケッチCG&コンセプト:計画書を作成し提出しました。

設計者候補である上位5チームに残った他の建築家は、かなりの強敵ばかりです。
しかし、私達チームのメンバーも建築実績と能力では負けていないですし、多分提出案の内容も優れているはずだと確信しています。

昨日は、市役所の人達たちにより、朝から缶詰状態にさせられ自分達のプレゼ順番を待っていました。
くじ引きで、一番最後:5番目が私たちのプレゼだったのです。

そんなこんなの緊張した時間を過ごし、開放された後、打ち上げで深酒をしてしまいました。
そして昨日の審査会のため、未完だった残りの仕事を今日の午前中からやるはめになってしまいました。


溜まっていた残っていた仕事を終えた後・・・
またまた、夜釣りに行ってきました。

夕食を食わずに、18:30〜21:30まで。
場所は、いつもの所ではなく、対岸にしました。
小振りのメバル21cmとカサゴ18cmのみでした。
北風も強くなってきたし、雨もパラついてきたので、強制終了という形になってしまいました。

今日の仕掛けは、先日思いついたアイデアの「海苔メジナフカセ2段浮き:飛ばし浮き+アタリ浮きコンビ」を重量化・変形させたもので攻めてみました。
サーフライトよりも遠投でき、仕掛け絡みもなく、100m以上の飛距離ポイントにある電気浮きも視認できました。

これは中々、実践向きだと思いました。



夕食を食っていなかったので、小振りでしたがカサゴとメジナを持ち帰り、塩焼きにしていただきました。

とてもとても新鮮で、美味しいオカズになりました。

投稿者:imori masuda takao

春盛期

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

暖冬の影響で年々、土筆の終わりとコゴミ(クサソテツの若芽)の始まりが早まっているような思いがしています。

土曜は一日中デスクワークでした。
日曜日も午前中PCに向かい計画案をスタディしていました。午後になってポカポカ陽気に我慢できず・・・今年最後の土筆採りと最初のコゴミ採りに散歩がてらに出陣しました。
採取時間はたった30分です。
土筆もコゴミも同じ場所に隣接して生えているからです。

山菜としてのコゴミは、タラの芽と同等で山菜の王様とか女王とか白馬の騎士とか言われています。
私がそういう風に言っているだけですが・・・まあ、欧州貴族のような上品な味だと思っています。

ホクホクとして若干粘りがあり、苦味はなくとても美味しい山菜です。
口当たりの良いブロッコリー的な感じで、大きなワラビの味・里芋の小さいものをがぶついた食感、甘みのある・・・
まあ例えようのない美味という表現もできます。


先々週の週末にコゴミ調査に出かけた時は、全く兆候がなく、土面しか見えなかったのですが、日曜日はムクムク、コゴミの若芽が出てきていました。
コゴミ採取は出てきている芽を選んで採りました。
今後の成長のために、かなりの数の芽を残しながら、束になって出ている芽の中からポツポツと部分的に採取します。
樹木の剪定のような感じです。

土筆は残りわずかな美味しそうなヤツだけ選んで採取しました。


コゴミ料理・・・今回は天ぷらではなく、オリーブオイルで強火でサッと炒めて塩コショウで食いました。

「コレも大変な美味であるぞ!!(^^)」

と、またまた感激。

まあ、この前のタコほどの驚きの味ではなかったのですが、私にとっては鮪の大トロを食べるような感覚の味ですね。
それは・・・


1年に1度しか味わえない〜ということで。




土日は仕事していました。
日曜日、我慢できずに昼間は山菜採り、夕食後夜に釣り(20:00〜23:00)に〜
夜光虫と大量のプランクトン(エビ系オキアミの幼生のよう)が浮遊していて、赤潮か青潮が発生気味。釣りのコンディションは良くない:悪い感じでした。
ほとんどアタリがないまま終了。
結局、苦闘しながら誘いまくって、カサゴ1:19cmのみゲット。

私はこのサイズは、いつもリリースするのですが、今日のカサゴは隣の方にプレゼントしました。


私のジンクスなのですが・・・
欲しい・食べたいと言う釣人にプレゼントしておくと、次回お返しで自然の神様からのプレゼントが大いに期待できるからです。

今までは・・・プレゼントしたものの倍返しが相場でしたよ(^^)


投稿者:imori masuda takao

風情 旬 滋味  それは・・・

火曜日の夜、遅い時間帯の3時間、やってみました。

少し時間ができたこともありましたので、酒を飲む時間を夜釣りに使おうと思ったのです。

いつもの場所では無く、以前反応があったポイントで、久しぶりに魚の反応を試してみたい気持ちになったからです。
去年は、春になって釣れ出したことを思い出したからです。

メバル26cm1ゲット、しかし・・・それ以外に、仕掛けが絡まった後、ハリスを結び直した時、結び直したつもりが、結び方法と締め甘かったようで・・・もう一つメバルを掛けたのですが、逃亡されてしまいました。
よしやった、グイグイ・・・アレ?どうした?

サルカンから下のハリス・針・メバルががありませんでした。ドジ踏みました(^^)

チクショウ!!ワイはアホタレじゃわい!
3時間でたった4回しかアタリがなかったのに、何やっとるのかいな〜〜
このような失敗は、年に1回か2回くらいあります。
針結びが甘くて逃しすことも年に1回か2回くらいあります。

まあ、こういうことがないと、気持ちが弛緩してしまい、ろくなことがありませんから、自省反省というの意味で謙虚な気持ちになれるので良しとしたい〜と考えました。




先週末に釣ったカサゴとメジナの刺身もうまかったです。
火曜日夜に釣ったメバルの刺身もうまかったです。
もう、何でもうまいような気がしてきました。

旬でうまい魚なら何でもうまい、魚種にこだわらず、変な常識噂にこだわらない。
当たり前でしたね。
喜ぶ嬉しい気分です。
・・・基本的なことを再確認しました。



火曜日夜のメバルは、写真を撮るのを忘れて、食ってしまいました。

メバルの刺身は、やはり・・・とても美味しかったです。


先週末のメジナとカサゴのアラは「花粉症対策の旬生土筆」を入れた「スペシャル吸い物と味噌汁」にしました。
これも中々いけました。
うまかったですよ〜

先日の掌蛸の驚くような美味・衝撃的な美味ほどのものではありませんでしたが、日本的な風情のある「心地よい滑らかさ」の貴い尊い味・・・
  
  日本四季を彩る先鋒〜春の香りが漂うような
      深い感慨を与えてくれる滋味だと思いました。
投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ