イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2008
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ほっとけ農法

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

24日日曜日、横浜120団BS&VSのトレーニングキャンプが終了しましたので、野営場に行き挨拶を兼ね、閉錠閉栓してきました。

ついでに耕作地の唐辛子を採取しダイコンを2本だけ引っこ抜いて頂いてきました。
このダイコンは、N氏が種を撒いて育てたものです。
唐辛子は私が育てたものです。

完全無農薬の体にとても良い野菜です。
殺虫剤なんて、そんなもんは知らねぇ〜という野菜です。

ダイコンと唐辛子、う〜ん、育てた・・・という表現は間違っていました。

ほっておいた・・・だけ。
勝手に育った・・・だけ。

しかも、唐辛子は赤くなっても採らず、自然に枯れて勝手に乾いたヤツを千切っただけ。

でも、うまい。うははははっはっは〜

他には、ブロッコリー・カリフラワー・豆類(これらもN氏が育てたもの)
自生してきて勝手に生えまくっている「小松菜・水菜」もあります。




もう一つ気になっていたことがあったので・・・
野営場からの帰りがけ、とある砂浜の小さなエリアに群生自生している貴重な「ハマボウフウ」を確認に行ってきました。
今年もまだ大丈夫か?・・・と、思って。

大丈夫でした。
たくさん、まだ生存していました。
昨日の強烈な南西風で砂浜の砂が覆いかぶさっていて、確認するのに手間取りましたが、砂を少しだけ払うと、そこには緑の小さな葉を付けた「ハマボウフウ:浜防風」がありました。

春・・・5月になれば一面美しい緑のカーペットが誕生すると思います。
乱獲者たちに見つからなければ〜ですがね・・・

クリックすると元のサイズで表示します

↑写真は、昨年4月頃のハマボウフウ
投稿者:imori masuda takao

ふきのとう

やはり、野営場のふきのとうは、既に掘り盗られていたようだ。


埋めていない、穴だけがあった。
根ごと持っていったようだ。

今朝視認した。







投稿者:imori masuda takao

強烈な風  前夜の半夜釣り

23日土曜日、横浜120団BS&VS隊の方々が、鵠沼野営場トレーニングキャンプを朝から行うため、早めに野営場に行き開錠開栓してきました。

10時ごろまではポカポカして気持ちが良く春のようでした。
11時ごろになって突然強風が吹き出しました。
春一番なのでしょうか。
砂塵が舞い、枯葉竜巻がいたるところで発生、フトンも飛んでいました。
横浜120団のテントは凄い形に変形、一部のテントポールも破断してしまいました。
強烈な突風でした。

横浜港北方面から湘南鵠沼にキャンプにみえたので、120団の指導者の方々に自然薯を一本掘ってプレゼントしました。
↓コレです。
クリックすると元のサイズで表示します
掘って洗って進呈。
5〜6人分の自然薯トロロができる大きさだと思います。

明日24日朝の予想天気図。
クリックすると元のサイズで表示します
北からと東シナ海からの低気圧が合体した典型的な二つ玉の配置です。
こりゃ、日本海側と山はブリザードで大荒れですね。
太平洋側は強風突風が吹く気圧線形・・・しかも寒い北西方向からの風。

今日は春一番、明日は北風の強い木枯らしですか・・・




昨晩22日金曜日仕事後、久しぶりに夜釣りに出かけてきました。
2月に入って休み無く閉じこもり気味で仕事していましたので精神的な癒しが必要でしたし、ようやく休みを取れる週末土曜日夜は、強風が吹き海が大荒れだと予測したからでもありますが・・・

22日金曜日大潮の日没後18:30〜21:45まで〜チャレンジ

メバル3(22cm)とカサゴ3(19,22,24.5cm)海タナゴ1(19cm)が釣果。
↓上の写真は、私が持ち帰った3つ:海で〆て捌いたもの。
↓下の写真は、再度巡り合ったYZさんに活かしておいた魚をプレゼントしたもの。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


海は荒れていましたが、ド遠投フルキャストピンポイント釣法で磯壁際ギリギリ狙いでやってみました。
貴重なド遠投ウキを一つロスト・・・悔しい思いで続けました。
このウキの欠陥欠点がようやくわかりましたが、もう予備はなくなってしまいました。
もう買わないつもりですが、また注文してしまうかもしれません。


一人暗闇で奮闘中、新年早々に知り合いになったYZさんにまたも偶然遭遇しましたので、海タナゴ1・メバル1・カサゴ2(19,24.5cm)をプレゼントしました。

昨年晩秋から今シーズンは、カサゴばかり釣り上げているため、一人でほくそ笑んでいると良くない感じ=たまには誰かにプレゼントしないと「幸運の神様」に見放される感じがしたからです・・・

それに、幸運をお裾分けしておくと、次回にさらに大きな恵みが私にやってくるはずだとも思っているからです。
今まで、プレゼントした後には、必ず更に良い事がありましたしね。
実はコレ↑私のジンクスとしています。
縁起かつぎですね。


毎度同じ感じで「冬季の釣り」をやっています。
毎度毎度変わり映えしないので、もう少し何とか違うことをしようかと思ったり・・・
なんだか、今後飽きそうだな〜と自分で思っています。
投稿者:imori masuda takao

こんなことを書いている場合ではないのだが・・・

映画の影響で「トンビで鷹匠」なりたくて、トンビ捕獲を思いついて実行したことも思い出してしまいました。

で・・・しょうもない事なんですが、BLGに記録しておこうと思いました。



小学生時でトンビを捕獲しようとして、私が考えたその時のワナは〜

50cmくらいのヘビ(ヤマカカシ)を捕まえて餌用に〆て、針金で木にヤマカカシごと縛っておいて、トンビが無我夢中で足の爪で持ち帰ろうとジタバタしている時に、私自身が飛びついて抱きついて捕まえる・・・
という甚だ荒っぽくて原始的な方法だったのです。
コレホント。

それでヤマカカシを手で捕獲して実行したのですよ。
たくさんいましたからね。

でね・・・
計画通り、イメージ通りにトビが見つけてやってきました。

しかしね、凄い力:パワーなんですね、トンビ。
ホバリングしながらヤマカカシを引きちぎって空に飛び去っていきました。

私は、100mくらい先から呆然と見ているだけでした。

空は青く、雲は白く、トンビが翼を広げてホバリングしている姿は、とても大きかったです。

鮮烈な記憶が残っています。
あんなのに抱きついたら、無茶苦茶になっていたでしょう・・・

傍にいなくて良かった、血だらけにならなくて良かったナア〜〜と、ホットした記憶があります。



ヤマカカシ:昔は無毒なヘビということでしたが、今は毒ヘビとして認知されています。
私が子供の頃は無毒ということでしたし、小型だし、マムシと違って向かってこなかったので、かなり簡単に捕まえることができました。
青大将の方が大きくて太くて長いので、不気味でしたから触るのが怖かったです。


締め切り20時間前で、かなり苦しい感じ・・・仕事中なんですよ、今。

夜22:00過ぎなのですが、思い出したので、気分転換に一気に書いてしまいました。


さあ、仕事に「ふっかぁ〜つ!!」です。
投稿者:imorimasuda

「鷹とトビの思い出」

YZさんのBLGに「ツグミ」についてコメントを書いたら、思い出したことがありました。
そこで、自分のBLGにも改めて記載しておこうと思いました。
私の仕事系BLGに昨年書き込んでおいたり、BS湘南地区のBBSに以前投稿しておいたものです。


クリックすると元のサイズで表示します

映画の記憶 「鷹とトビの思い出」

近所に済む大学院生で釣りの友人との「狩猟に関する話題」がきっかけで・・・
小学生の時に見た映画「少年と鷹」の影響を受けて、鷹の代わりにトビを捕獲しようとしたことを35年ぶりに思い出しました。

罠を作ってトビを捕獲しようとした小学生の時のことです。
…そこで、小学生の時に影響を受けた映画「少年と鷹」について調べてみました。

日本では1969年か70年ごろに「少年と鷹」というタイトルでテレビ放映されていました。
本当の映画タイトルは「ケス」監督ケン・ローチでした。
しかも、鷹ではなくてハヤブサでした。
日本語タイトルは、結構イイカゲンですね。

監督のケン・ローチは、イギリスの黒澤明とも呼ばれていて、「高松宮殿下記念世界文化賞」など様々な有名映画祭で賞を受賞していた人でした。
映画「ケス」は優れた作品で評価も高く、1994年に改めて日本で劇場初公開となった世界的な名作でした。

レンタルビデオ屋にもあるらしいです。
海が荒れた時、お暇な時に御覧になってください。
きっと、私のように「ハヤブサ」がほしくなること…請け合いです。

↓「少年と鷹」「ケス」&ケン・ローチについて
http://www.cine-monde.com/film/film_kes.htm


小学生の頃から鳥が好きだったのです。
家の周りにたくさん鳥がいたので、色々な図鑑を良く読んでいました。
身近にやってくる鳥類は大概わかりますが、スズメより小型の場合は、肉眼ですと見極めがツライですね。双眼鏡がないと・・・

鳥の捕獲飼育に興味を持った直接のきっかけは・・・
コレ↑上に書いてあります。

鷹の代りにトビを捕まえて鷹匠のようになりたいと子供の頃愚考したからですね。(^^)

他には、シギ系の鳥も好きでした。
田んぼにたくさん飛来してきていたタシギとかも追っかけていましたよ。
獲れなかったですがね〜
待ち伏せしたり、走って追っかけているだけ(^^)

小学生から大分年月が経った、今から30数年前、大学生1年くらいの頃、知識も増え創意工夫もできるようになって中型小型の鳥を捕獲する手法を研究・習得しましたが、「禁手」としました。
ようやく捕まえる方法を会得したのに「捕獲は違法」だということも、その30数年前にほぼ同時に知ったからでした。


現在ではほとんどの野鳥は、捕獲も飼育も禁止されているはずです。
時々紙面に出てくるのは野生「メジロ」の捕獲飼育売買の事件ですね。

ですから、約30年前から私は「鳥好きの観察者」となっています。

冬の餌の無い時には、たまに餌を庭に撒くか木にそっと置き、密かに観察するくらいです。
私は、本物の「バードウオッチャー」ではないのです。

このような訳で、BLGに「鳥関係」というジャンルも作ってみました。
投稿者:imorimasuda

雑談WEB

コミュニケーションには色々ある。

親しい釣友・仲間とのWEB上の雑談もその内の一つだと思う。
特に海に行けない、釣りに行けない状況の日々を過ごしている時は・・・
WEB上での時間をおいた話・会話も、中々良い間が空いて不思議な楽しいコミュニケーションだと思う。

先日のWEB会話から・・・

「スズキの煮付け」について、私が深夜書いたコメントを記しておいた。


テーマ●「スズキの煮付け」

子供の頃はよく食べていました。
スズキというサイズではなくて、セイゴが主で小振りフッコを切ったサイズでした。
美味しかったですが、多少独特の臭い:良く言えば香り〜もありました。
三河湾の河口域ではたくさん獲れたのです、昔は。
料理屋からの法事用仕出弁当にも入っていました。

川も河口域も、今ほど汚れていませんでしたから。
35年くらい前までのことでした。
イナ(ボラの小さいヤツ)も煮つけで食っていました。

田中角栄が大臣登場直前の高度成長期頃から川に洗剤が流れ、工場の汚水が垂れ流されて河口の魚を食わなくなりましたし、魚屋が売りにも出さなくなりました。

分岐時点は、確か1970〜1973年くらいの頃でしたか・・・
日本列島改造論の真っ盛りで、全国の農地:耕地整理で平野にある自然の小川がほとんど無くなった頃の少し前頃でした。
高校野球で剛球江川が鮮烈なデビューをした頃の話。

記憶に残っている・覚えている理由は、私が10代の頃、わが愛知三河の実家の田んぼ周辺:市の大規模耕地整理工事の時、東北からの出稼ぎ労働のおっさんが「夏の高校野球を見させてくれ」「トイレ貸してくれ」とか言って、家の土間まで入ってきたからなんですが・・・
投稿者:imorimasuda

UP

トップページに、かつて実行した野外プロジェクトレポートをUPした。
久しぶりに見たレポートだった。

●会津湘南合同雪中野営2001&2002
http://moon.ap.teacup.com/imorimasuda/html/snowcamp2001.pdf

PC内の仕事の資料を探していたら、偶然出てきた=目に留まったから・・・

楽しかったことを思い出した。

・・・UPした。


投稿者:imorimasuda

Weekend Yam:週末薯

本日午前中辻堂まで、設計終盤段階の建築:敷地の隣の所有者の方の所に説明に行った。
市のまちづくり条例による近隣説明の必要性からだ。
建物軒高さが少し高いため、事前に計画内容を説明し、ご意見を書類にまとめる必要からである。
敷地周辺の所有者・居住者の方々は全部で7軒ではあるが、ご本人は住いとしてはおらず、駐車場として貸してある敷地が多く、少し遠い所でも出向いて説明しなければならない・・・少々時間がかかってしまう。


まあ、辻堂まで来たのだから、鵠沼野営場が近くにある・・・そこで、管理チェックを兼ねて説明の後、野営場に寄ってみた。
一回り見回りゴミ回収しながら、色々確認。

「ふきのとう」が一つ出て来ていた。まだ小さい。
これからが本番。
もっとたくさん出るだろう。
恐らく、盗掘採取される。
毎年、芽吹くGOODタイミングで盗掘されてしまうのだ。
多分「ふきのとうマニア」が近所に住んでいるのだろう。

恐らくあの人=この場合はある年齢のあの女性だろうと推測している。
かつて目撃したので・・・
別にいいけど、採って食っても。
勝手に自生してきたフキだし。
アケビの実も別にかまわない・・・いつのまにか勝手に蔓が伸びて実が付いたヤツだし。


先週試し掘りした自然薯も再チェック。
また掘り出したくなって、掘ってみた。
今日は数箇所から掘り出し、収穫した。

掘り出した後、薯の上部の蔓側5cmくらいを折って、再度それを埋め込む。
こうすると、種芋になるのだ。
掘り出しと植え付け・穴埋めが同時にできるので合理的。

むかごを植える場合よりも成長が早い。
多分来年には収穫できる大きさになると思うが、理想的には2年ほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

結構たくさんの薯を得た。
かなり、ポキポキ折れてしまったが・・・
かっこ悪い薯の写真になってしまった。

この薯は「自然薯」という名称ではあるが、短く太くなるように改良されたものである。
随分前に購入した種芋の名称は確か「短形自然薯」だったと思う。

だから、掘り出しやすい。
すばやく掘り出せる。
しかし、一箇所10分くらいは掛かるが〜
長くなく、横に玉分かれした薯。

タバコの箱の長さくらいで一人分のトロロご飯になる:そういう感じの丸実・太さ。
今日の収穫では8〜9人分くらいある。

娘と神さんが通っている表千家の茶道の先生が「是非食べたい」とおっしゃったので、三分の一ほどをプレゼントした。




*参考: ウィキペディア(Wikipedia)より転載
ヤマノイモ(山芋)は、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の1種 Dioscorea japonica の標準和名。
あるいは D. japonica の芋として発達した担根体。
ヤマイモ、ジネンジョ=自然生、転じて自然薯と言う
英名はGlutinous yam。

小売店などでは「ヤマノイモ=自然薯」とナガイモを混同して販売しているケースを見掛けるが、ナガイモは「ヤマノイモ=自然薯」と異なり日本原産の野菜ではなく、また山野に野生化することも無い。
また、染色体の数も異なる。

ヤマノイモ科の植物は野生種が数種あるが、いずれもよく似ている。
むかごを作るものもあるが、食用にならないものもあるので、注意が必要。

近年、高知県(2006年)や静岡県(2007年)で、グロリオサ(ユリ科の鑑賞用植物)の球根をヤマイモと間違えて食べ、死亡する事故が起こっている。
葉の形は似ていないが、球根の形状が似ているので、誤って食べることのないよう、注意が必要。

投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ