イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

こりゃ、うまい。

活き締めスズキ一晩旨味寝かせの刺身が、これほど美味かったとは!!

でっかい卵がありましたから雌のスズキだと思いますぜい。
抱卵中ということは産卵前ですから、デップリとして身もたっぷり豊富。
やはりこの味、川から離れたエリアのスズキの味。感嘆の味!

湘南スズキは、東京湾のスズキとは違うぜい・・・
  東京ベイのヤツは食ったことないけど(^^)
ついでにスズキのアラの澄まし汁も食ったぞ。
これも、「こりゃ、うまい!!」
脂と旨味がいけてるぜい。

カサゴの塩焼き、これもいいぜい!
久しぶりに塩で食ったぞ。今までは刺身か煮付けにしとったからなあ〜
うまいぞ!!
・・・デッカイカサゴは巨煮付けにしてやろうと思うとります。


大きいほうのスズキ1つは、近所の「大魚を捌くことができて魚好きが大勢いる家」にプレゼントしましたよ。
投稿者:imorimasuda

夜の海

クリックすると元のサイズで表示します

今日午前中、計画中のデザインを見直して再作成しながら過ごし、午後は葉山の古材屋(桜花園)に行き材料をチェック。夕方日暮れまでは住宅施工中の現場で打ち合わせ調整。
一昨日から昨日までは、半徹夜状況で、PCCADで設計図・プレゼ計画提案書を作成していた。

日が暮れて、暗くなったので・・・
海へ行ってみた。
寒くなってきたので、食べておいしい、とてもおいしい接岸時期の黒メバルを狙って・・・

本命黒メバルの反応はまだなかったが・・・
フッコ(中スズキ)65cmと60cmをゲット。
フッコは他に2つを足元でバラシ:とても悔しい思い〜

カサゴ27・23・22cmの3つをゲット。
カサゴは他に18cm2つをリリース:普通はキープする所だが、フッコが手元にありましたから、家族だけでは食いきれないと思いリリース。

とにかく、フッコのアタリが多かった。
太めメバル仕様アオイソメ餌でルワー感覚のような曳き誘いを数多くしたら、突然ガバッときた。

カサゴは岸壁ギリギリに遠投投入した時にガバガバッと食ってきた。

この感じだと、私の大好物の黒メバルの本格シーズンインが待ち遠しい。


上の写真は、釣り上げた後も生かしておいて、暗い堤防上で帰り際に活き締めした時のもの。
下の写真は、家に帰ってきてからサイズを測った時のもの。



クリックすると元のサイズで表示します

*追記:教えて貰ったこと
フッコ60cm以上はスズキと呼んでいいそうです。
私は今まで、70cm以上をスズキと呼ぶと思っていました。
ですから、今回はスズキ2本ゲットということになります。
少し、嬉しいです。
投稿者:imorimasuda

忙しい現場・構造を表現してみた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在進行中の現場。
この屋根組み(小屋組み)は仕上げ材として室内から見える。
登り梁(垂木)が連続し、竜骨(キール)のように吹抜け上部に表される。

竣工まで・・・急ピッチで現場は進行中。

全ての勾配(角度)と長さの異なるこの屋根を作るために、棟梁には大変頑張って頂き深く感謝しています。
最近にはなく、現場で複合勾配の切り込みを梁・桁・棟木に掘り込み、空中で登り梁の仕口を合わせてくれました。
ぴったりと納まっています。

後は時間の問題・・・です。
投稿者:imorimasuda
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ