イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Zebranian Chigasakinn

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の猫の種は、正式には「Zebranian Chigasakinn」:ゼブラニアン チガサキンという「アフリカンとロシアン」のハイブリッドである。


私は家族全員に確信を持って「アメリカンショートヘアとの雑種に違いない」と思う〜と宣言してしまった・・・しかし、獣医さんからそれを完璧に否定されたのだ。
・・・ですね・・・だね。

その後、我娘は友達が来ると何かと「アメショーじゃないけど・・・」とか、言い訳がましいような、ちょっと残念なような言葉を何回も繰り返しながら友達達に喋っている。

そこで、私は本当の血統種の名称を初めて明かしたのだ。
「Zebranian Chigasakinn」
これが、我が家の愛猫の正式な名血統種の称号である。


ゼブラニアン チガサキンだ。

誰でも判りやすい。

縞模様の茅ヶ崎のヤツ。
雌だから茅ヶ崎レディ。

Zebranian Chigasakinn ZC ゼッシー
と呼んで欲しい。

我娘、
「ナニソレ?」




かつてKAWASAKIの名車「Z2」ゼッツーがあったのだ。

投稿者:imorimasuda

潮汁

カサゴを刺身にした。
カサゴを煮付にした。
カサゴを塩焼にした。
カサゴを唐揚にした。
カサゴを干物にした。

大カサゴを刺身で捌いた時に残る頭尾背骨鰭廻りのアラの部分と・・・
煮焼揚干で食い残したというかシャブリ尽したというか・・・頭とか骨とか尾とかヒレとか皮で潮汁を作った。

食った。

絶品!絶品!ゼッピンのピン(^^)であった。

特に、刺身にした大カサゴのアラ:胸下部分の身のホクホク感、目玉廻りのトロトロ感、ぶっといクチビルのゼラチン感覚、たくさんある皮の旨味、背骨にまとわり付く残った身をボソボソっと喰らい付くしゃぶりつく幸福感と言ったら・・・
何物にも変えられない旨味のバミューダ海域というか魅惑のバリアリーフだな。


丁寧にダシをとりアクをとり、微妙なバランスで僅かな塩を加え、僅かに薄口醤油を垂らす。

その昔、幻の名人「包丁人味平」が集中しながら潮汁を作った時、緊張のあまり彼の額の汗がその潮汁に1・2滴落ちた・・・
その汗の塩が偶然「絶妙の塩加減」になって包丁人勝負に勝った時のようなイメージの塩加減で調理した。
その味は知らんが・・・漫画の世界だからなぁ〜

だが、私の作った今回の「カサゴのミックス潮汁」は、抜群の味であった。
次回再現できるのか?どうかわからないほどの抜群の出来であった。


多分、2度と再現はできないだろうな。

・・・今の私は「味を再現できる」ほどの料理の腕が僅かながら足りない。
投稿者:imorimasuda

試行 工夫手製 やってみるもんだな

この前の夜釣り遠投で気に入っていた5.3m4号磯竿:波濤daiwaの上2番ピースを折ってしまった。
暗かったため、ラインがトップガイドに絡まっているのに気がつかず、フルスイング。
PEライン4号を使っているため、ラインが切れずに竿がボキッ・・・

その後は、予備の安価なSZM製5号磯竿4mを使っていたのだが、目指すポイントまで届かず納得できない状況だった。
5号の方が硬くて飛距離が出るのが普通なのだが、やはりSZM製は腰が弱く軟弱で良くないのがわかった。今までさんざんSZM製の各ツールには悩まされているから、仕方がないか・・・だから、今ではSZM製を何も買わない。

4号磯竿:波濤daiwaを修理に出せば問題は解決するのだが、高いし年末で時間が掛かり待っていられないので、自分で工夫することにした。

そこで、収納に眠っていた中古屋で2000円で買った船釣マダイ竿:海峡・30号負荷4mインターラインと合体させてみることを思いついた。
興味本位で購入したのだが、一度も使っていないし、船マダイもやらないし〜
これなら費用は最低限で済む。

波濤の上部2ピースを外し、インターライン海峡の上部2ピースと交換。
インターラインのトップガイド部分を切断して、太い磯竿用トップガイドを接着。
太さに合致するラインガイドを3つ取り付けた。
海峡の竿太さが微妙に細く、すっぽ抜けてしまう。
そこで、竿尻にメンディングテープを貼り太さ調整、抜けを防止し、キツク止まるように工夫・・・しかし、フルパワーでキャストし続けたらいつか飛んでいってしまうかもしれないが・・・その時はその時だと諦めよう。

竿の錘負荷も異なるし、竿の調子:硬軟レベルも異なるので、少々心配になってJ屋の仲の良い店員に相談した。
「フルスイングしたら、折れるかな?」
「折れはしないだろうが、ブヨンブヨンすると思うよ。錘負荷は高いけどマダイ竿は柔らかく作ってあって、シナリが大きく戻りが遅いからね。竿先に糸が結構絡むかもね。」
という返事。

で・・・実践で使ってみた。
夜釣りのフルキャストド遠投のピンポイント狙いで。

驚いた・・・凄く飛ぶ。飛距離が今までよりも20〜30mもUPした。
多分、しなり具合が偶然マッチしたのだろう。
単3乾電池2本ウキのサーフライトを装着して投げるので、その重さと竿のしなりが偶然ベストマッチとなったと思われた。

サーフライトウキも通常マンガン単三電池2本のものを沈まないギリギリでアルカリ乾電池に交換し重量アップさせた。
単3マンガン乾電池2本からアルカリ電池に変えると10gから15g程重たくなる。
料理秤で重さを計ったので、目盛りを見た感じの適当な重さ・・・
決められた標準的な使いかたではないので、浮いてはいるが沈みすぎてトップギリギリのため電池ウキの中に海水が入ってくるようだ。
こんな使い方だと、長持ちはしないだろうな。

電気ウキだけで85g、23号くらいの重さで遠投。
飛距離が以前よりかなり伸びたおかげで、今まで突っ込んで投げていない未踏ポイントに届いた。

なんでもやってみるもんだ。
試してみるもんだ・・・な。


また、違うことも思いついた。
23号の重さがあるのなら、通常の投げ竿でも良いのかも知れない。
並継ぎ竿でフルスイングしても竿錘バランスは崩れないのでもっと飛ぶのかもしれない。
でも、竿が硬いと釣味が劣る、どんな魚でも強引に寄せられるのでつまらない。
面白くないだろうが・・・
しかし、今度一度やってみるか。


クリックすると元のサイズで表示します

工夫した結果が下↓の記事になったと思っている。
思いつきの偶然の工夫が幸運を呼んだのだろう。
投稿者:imorimasuda

そんなアホらしい気持ちを払拭するために海に行こう

そんな気持ちになってしまった時には、夜の海に行こう。

冬の冷たい夜の北風はちょうど良い。

イイカゲンなヤツラだと思う怒りはそのままにして。


獲ったぞ。
短い時間で、集中して。
それで何になる。
それが何だ。・・・そんな気持ちは別にしても


獲ったぞ。
狩猟本能は強いのだ。
嬉しい。
うはははははは。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の夜、怒りを鎮めて行った夜の海:18:30〜21:00。
今宵は、カサゴだけしか反応なし。
20〜28cmの5つをキープ。
20cm以下は9つリリース。

投稿者:imorimasuda

一生懸命で良い加減な人達

一生懸命目一杯に頑張っているのだが、結果がでない。
段取りが悪いというか、先が見えない・・・見ようとしていない。
本人は目一杯一生懸命なのですが・・・
こんな方々と仕事で、不運にも一緒になってしまいました。

困りました。
ほとほと困りました。
一生懸命やっているのは理解できます。
頑張ってやっているように見えます。
自分たちには都合が良い方向で頑張っているから悪いことをやっている訳ではないということなのでしょう。
自分たちには良い感じで進んでいる=良い加減で進む=いい加減で進む=イイカゲンになっているようにも思えてしまいます。


本当に必要なことを実行するのではなく、自分の行動:仕事のアリバイ作りのように仕事を実行していく。

再度・・・繰り返しますが・・・
自分たちには都合が良い方向で頑張っているから悪いことをやっている訳ではないということなのでしょう。
自分たちには良い感じで進んでいる=良い加減で進む=いい加減で進む=イイカゲンになっているようにも思えてしまいます。

参りました。
ほとほと・・・
投稿者:imorimasuda

無言仲間

ウキが動くことも、引くことも、何もなし
ただ漂う沈黙の夜、三時間
ただただ試行錯誤、三時間

十間隣には、同じく沈黙AB氏
ABもいない、MBもいない
GNもいない、DNもいない
お互い、何もなく沈黙の夜の仲間

心意気で冬の海に立った
投稿者:imorimasuda

冬の夜雨はとても寒い

今晩海に出撃しよう思っていたが、北風と雨。
明日まで雨。

出撃は、明日雨が止んだ後、夜にしよう。
狙いは、カサゴとメバルとドンコとゴンズイだ。

この4種ならば、煮付けはどれでも最高にうまいけど、まあ、4種獲れた時のメニューの可能性は・・・
メバル:刺身か塩焼きか煮付け
カサゴ:刺身か塩焼きか煮付けか味噌汁
ドンコ:煮付け
ゴンズイ:味噌汁か煮付けか干物か蒲焼

メニューはサイズによるから、釣る前の判断は何とも難しい。

やっぱり、全部煮付けがいいか・・・
それとも、全種久しぶりに干物にしてみるか・・・贅沢だけど。

弟からご馳走になった石鯛の干物はもの凄く美味しかったからなあ〜。

冬の夜雨はとても寒いから、室内でヌクヌクとしながら獲った後のことを考えてみた。
狸の皮算用だな。
投稿者:imorimasuda

明日に向かって走れ

言葉をつくろう前に・・・だ。

だな。
投稿者:imorimasuda

敗北がわかった時・・・

釣りでの敗北は悔しい。

仕事での敗北は、更にもの凄く悔しい。


両方の敗北は、更に更に悔しい。
私の今の状況と心境である。


仕事での敗北・・・とてもとても悔しい。今回は何だかわからないほど悔しい。




もっと、もっと、努力。

鋭い洞察力と先鋭な積極性、実力=説得力・提案内容・表現力の整合性を高めなければならない。

常日頃:日常の問題だと思う。
建築と自然、身近なこと・・・
投稿者:imorimasuda

上弦の月 冬の夜

12月16日、日曜日の明け方は寒かった。
夜も寒かった。時折ビューっと風が吹く。
本格的な冬到来。

しかし・・・寒さに負けず、夕食後、真冬の完全防備仕様で北風吹く夜の海に行ってきた。

獲物はゴンズイとメジナ、1つずつのみ。
両方とも、20cmくらい。
2つともリリース。

気温北風と同じく、寒々しい結果。

他のアタリも、わずか2回のみ。
合計4回のアタリ・・・寒い・・・さ・む・い。

今夜の潮廻りは、半月・小潮・潮止まりが21:00くらい、潮は動かず。
魚も動かず。

上弦の月が煌々と輝いていた。
北風寒風の中、18:30に始め、21:30の満潮:潮止まりと共に撤収。

去年は、吹雪の中、ロマンチックな雪降る夜の港へ出撃していたので、このくらいの寒さは問題はないし、北国厳冬期の雪中野営に比べれば・・・湘南の冬を寒いと思ってはイカンし・・・

しかし、集中力に欠けてしまった。
ラインが絡まっているのに気がつかずフルスイング、一番調子の良い気に入っていた竿を折ってしまった。
しかも、予備竿に変えたら、その竿も竿先のトップガイドが取れてしまった。
踏んだり蹴ったり〜とはこのことだ。

しょうがないので、先週の残りの煮こごりを食って、ツマミにしている。


*上弦の月、下弦の月については、↓こちらを参照
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0215.htm
投稿者:imorimasuda

残念だったこと

夜、海に行く場合、いつも心掛けていることがある。
ゴミのことだ。

明るい時間帯だと、自分だけでなく大概人がいるし、人目もあるので、最近は多くの人は、大っぴらにタバコ吸殻とかゴミを放置しないが、夜釣りの場合はどうも変わってしまう人がいるようだ。

昨晩は初めて出合った釣り人が、私の目の前でタバコの吸殻を足で踏んでそのままの姿を見てしまった。

私もタバコを吸うのでいつも吸殻のことに気を付けている。
携行吸殻入れをライフジャケットの胸ポケットに2つ入れているので、余計気になった。
もう少し、配慮してもらいたいと、暗闇でポイ捨てする姿を見て考えてしまった。

地元の爺さんたちが、毎日そこの釣り場を掃除しているし、そこの柵には掃除道具も常備してある。それに周りを見渡せばゴミが落ちていないことに気が付くはずだし、ゴミがない理由は誰かが片付けていることにも気がつくはずだ。
夜の暗闇だが、よく観察すればわかることだと思う。
非常に残念に思う。
一人がそのような姿勢だと、グループがそのようなノリで夜釣りをしている感じがしてしまう。
一人だと静かで遠慮がちだが、数人集まると・・・・勢いがついてパワーアップ大胆になってくる・・・
自戒しなければならないことだと、改めて思った。



今年は、12月冬期の夜釣りのポイントで人に会うことが多くなってしまった。
12月が暖かいこともあるが、去年までは寒い夜に釣りで出会うのは大概一人か二人、それとしっかりとした装備技術で移動しながら果敢にアタックしているハイレベルなルワーマンだけであった。


夜のコミュニケーションは、個人的な情報交換の短い挨拶のような感じであったが・・・・・・
    
  心が乾くような寂しい夜になってきたなぁ〜
投稿者:imorimasuda

これまた、うまいぞ

メジナ(^^)中サイズ28。

久しぶりに、塩焼きにしてみた。

う〜ん、こんなに、うまかったとは・・・今まで思わなかった。

ギリギリまで活かしておいて、活き〆して内蔵を処理して、旨味の出る頃合まで寝かせて置く努力も精一杯したので、何とかおいしく食べられるレベルに維持はしたのでね・・・

やはり、これからの寒メジナは侮れんな。


腹へっていたから、とてもうまかったと思えたとも思えるし・・・

でも、うまいぞ。

最近、美味しいと思うことが多い。
近頃、ウマイもん(市販高級価格品)を食っておらんせいなのかもしれんな。


でも、新鮮なウマイもん:獲物海モンを続けて食っとるし・・・


これからの寒メジナは、こりゃホントに美味しい味なんじゃろうなあ〜
投稿者:imorimasuda

煮凝りはウマイのう

煮凝りなのか、煮凍りなのか、煮こごりなのか、正確にはわからないのだが・・・

魚の煮付けを食い散らかした後で、煮汁と骨とヒレと少ない身と何かかかの残り魚を〜
冷やしておけば・・・ホオッテ置けば、ゼラチン質と旨味が固まって、絶品の肴が出来る。

ウマイぞ。
投稿者:imorimasuda

9寸カサゴの忘れ煮付け

今日の夜、カサゴ・メバル・メジナを釣ったので、捌いてMY冷蔵庫に収蔵した。
すると、先週のカサゴの大きいヤツが眠ったままだった。
中カサゴは塩焼きにして食って満足し、スズキの刺身は堪能したので、すっかり9寸(27cm)カサゴのことを忘れていたのだ。

既に冷蔵庫内で8日経ってしまったので、煮付けにしてみた。

これが、ウマイ!!
とてもウマイ!!ふふふふ、はっはっは〜
思わず笑ってしまう。

普通は、このサイズのカサゴは刺身にするのだが、スズキの刺身があったので、取り残しておいたのだ。・・・そして冷蔵庫の中に仕舞い込み、忘れてしまっていた。

だから、煮付けにしてみた。
食べるところがたくさんあって、食いでがある。

そりゃそうだ、デカイカサゴだからな。
ウマイ。
ビールもうまい。
投稿者:imorimasuda

日曜日の夜

最近、週末の夜にしか自由な時間がとれない。
土曜日は朝から夕方まで仕事だったし、夜釣りに行こうと思ったら、急に雨が降ってくるし・・・
今日、日曜日は朝早くから地元自治会主催の「防災防犯まつり」のスタッフで〜
午後15:30まで参加していたし・・・

それで、夕食を食べ終わった後、精神的な癒しと酒の肴を求めて、海まで行ってきた。
19:30〜22:30の3時間勝負。

相も変わらず遠投ピンポイント狙いの青イソ曳き釣り。

メジナ28cm、カサゴ24cm2つ、本命メバル22.5cmをキープ持ち帰り。
他には、24cmカサゴ1つを隣の釣り人にプレゼント。
20cm未満カサゴを3つリリース。

全部で8つを釣り上げたが、一つかなり強い引きのヤツをバラしてしまった。
針を伸ばされてしまい、針ハズレ〜何の魚だったのか、かなりの強い引きだった。
スズキかGOODサイズの黒鯛のような大きさの魚のようだと想像しているが・・・


酒の肴:白身三昧ができそうなので、まあまあだと思っている。
私の出撃する場所は、まだ本命メバルの魚影は薄い感じだが・・・
他の場所は、もっと期待できるかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ