イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

気分転換

3日4日、土曜日曜が打ち合わせとなった。

そこで、金曜日の仕事が終わった後、近所の夜の海に行ってきた。
気分転換もあるが、詳細な詰め・アイデア・発想などに行き詰まりも感じていたからだ。
フレッシュな気持ちになりたい・・・という欲求からである。
夜更かしはしたくないので、22:30まで頃の短時間とした。
狙いの獲物は、今盛りとなったスズキ・フッコである。

酒を飲むのも気分転換になるが、最近太り気味であるし・・・
中年になり二日酔いになりやすくなったと思う。
二日酔いになるのが嫌なので、ナイトフィッシング=収穫狙いかつ適度な運動ということを目的とした。
健全な発想からの行動である。
良い獲物が得られれば、気分は晴れ〜今後の仕事にも良い影響が起きてくるというものだから・・・


磯竿4号サーフライトウキ:70m〜100mド遠投スペックでの極太アオイソメ曳き釣り。
真冬の磯メバル狙いのスペックと同じものである。
スズキ・フッコ狙いで浅めを流しながら曳き、誘う。
ルワーでいうゆっくりとしたタダ巻きのような感じ。
しかし、アタリがないので、タナを深くし直して、再度探る。
チビニベ(イシモチ)とゴンズイばかりが10程掛かる。
全てリリース。

どうも、スズキ・フッコの回遊は、まだないようだ。

堤防壁際ギリギリを70mほど遠投して底目を狙うことにした。
メジナかカサゴに狙いを変更。
夜のメジナは大きいものが掛かる可能性が高いので期待する。
カサゴは食べれば美味いので楽しみ。

遠目ピンポイント狙いであるから、根掛かりとか壁貝に道糸が引っかかりトラブルになる可能性は高いが、チャレンジしてみた。

良いサイズのカサゴ3(最大26cm)ゲット。
18cmカサゴはリリース。
30cmセイゴゲット(スズキの小さい型)

カサゴは、根掛かり覚悟・遠投高堤防ギリギリライン壁際30cmくらいを平行に・2ヒロ半をソロソロと引き摺ったら、直ぐに食ってきた。
1m離れてしまうと全く反応はない。壁際ギリギリのみ。とても難しい。

セイゴは、投入ミス:壁から2m離れてしまい、壁際1mくらいまで引いた時、タダ巻きスピードで中層で仮誘いしたら、コロっと食ってきた。

カサゴは刺身にする予定。
3つあれば、新鮮な白身がたっぷりと食える。
セイゴはあっさりと塩焼きの予定。

気分が良い。
美味い獲物が短時間で確保できたから・・・


クリックすると元のサイズで表示します




カサゴの刺身を食った。
うまい。
でも、美味さは、イシダイ>カワハギ>カサゴだ。

最近、刺身と一緒にワサビを食わない。
醤油だけのほうが、魚が美味く感じている。

ワサビは本物がいいし、本物のワサビが手に入った時は、摺ったものは別にしてワサビだけを食い、残りの茎近くの部分は、かじって食っている。
投稿者:imorimasuda

自然薯

春に植えた自然薯10数本の蔓から、黄葉した葉が全て落ちていた。
ムカゴもたくさん落ちていた。
既に蔓も枯れ気味・・・

土中の山芋:薯は順調に育っているのだろうか。
少し不安になる。

しかし、掘って確かめる気持ちにはならなかった。

来年まで、我慢して大きな薯になるのを待つことにした。
一本だけ試し堀りをするかもしれない。・・・来週あたり。
薯が小さかったら悔しいが〜


F21団CS隊のサツマイモは順調に育っている模様。
もう少ししたら、掘り時、食い時だと思う。
投稿者:imorimasuda

アケビ

仕事の帰りに鵠沼野営場に寄って、原っぱフィールド全体のチェックをした。
ゴミを処理して、畑を覗く。
ダイコンの隙間にジャガイモの芽が育っていた。
多分、掘り残した芋の芽が出て育ってきたものだろう。
これが順調に育ったとしたら、ダイコンとジャガイモが隣同士で収穫できるということだ。
うまく育つのだろうか?異種同居・・・


原っぱフィールドを見回っていると、山桑の木に絡みついているアケビの蔓が気になった。
ミツバアケビではなく、ゴヨウアケビのようだ。
蔓についている葉っぱが5つある。

よくよく観察してみると、大きなアケビの実がなっていた。
実の外皮も、赤みではなく若干灰色気味。

2つ採って、生で食ってみた。
甘い〜あま〜い。
タネは吐き出す・・・渋いからだ。

去年まで、アケビの実がなっていたような記憶はない。
今年初めて実が着いたのか?
それとも、今まで気がつかなかったのか・・・

地面にも落ちたアケビの実:残骸があった。


デジカメを持っていなかったので写真がとれなかった。残念。


*アケビの実
熟し口を開けたような感じのものだけ採取。
開いている中にある半透明の果肉:黒っぽい種付きをかぶりつく。
ヌルヌルの半透明果肉を口に入れモグモグ。
口の中で種を除き種だけを吐き出す。
*同種のムベは口を開いていない。


投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ