イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

自戒を込めながら

「免罪符として使っている言葉」

努力している・・・一生懸命やっています。
精一杯やっているんじゃないですか、それなのに・・・
忙しくて・・・大丈夫です、何とかします。
もうすぐ、です。
あります。
この後直ぐに送ります。
それは確認しましたけど、大丈夫ですから。
何で信じてくれないんですか。
迷惑をかけられませんから、間に合うようにします。
こりゃ、だめですよ、これをどう細工してもやっても良くはなりません。
できませんよ、それは・・・
そんなこともやるんですか〜

等々・・・他々

新聞の第一面の下段コラムに定期的に登場する定番の言葉・・・

「最近の一言」

様々なシチュエーション・心持ち・焦燥感・心理的に追い込まれた状況である時に・・・何とかしようと必至な時に発せられる常套的な言葉。

言い訳では無い様に相手に思わせるように、様々な強弱イントネーションを付けられ、体格の大きい人とか立場の上の人に言わせる。

正確な事柄を論理的に説明できない時に使うフレーズ。





自戒を込めて・・・

厳しく辛い状況の時こそ、正確な事柄を論理的に説明できるようにしたいと思う。
そのようにできるようにいつも努めたい。



・・・私はそんな人になりたい。

宮沢賢治の言葉に、こんな最後の言葉があったように思う。
投稿者:imorimasuda

う〜ん、今日の日の出は美しかった

2:30に目覚め、コーヒーを沸かしパソコンに向かいアトリエにこもってデザイン詳細設計図検討=仕事。
PC立ち上げてCADでスタディ、検討図・設計図を作成。
模型を見ながら再検討、またまた修整し、考える。・・・その後決断。

今日の日の出は6:30頃。
そこで6:00にアトリエを出て、海へ〜
寒そうだが、行ってみた。
江ノ島方向の海に顔を出す太陽:日の出を拝む。
う〜む美しい。
鮮やかなオレンジ色が遠く三浦丘陵の南端・海と陸の狭間から顔を出した。
今の季節だと江ノ島の上あたりからではなく、もう少し南側から太陽は昇った。




私は今回も、いつもと同じく竿とか餌とか仕掛けを手にしていた。
寒い明け方とか亡霊が出そうな夜中とか関係なく、海に行く時はいつも手にしている愛用のツールである。


ソゲ(ヒラメの小型)、チビエイ(アカエイの小型)、アゴナシ(アゴが無いように見えるイシモチみたいな魚)、白ギス(他ピンギス10程とメゴチ2リリース&泳がせ餌)を獲た。

大きな(多分)ヒラメにハリス4号切られ逃げられた。
大きな(多分)ヒラメにキス針を折られて逃げられた。
とても悔しかった。

私個人としては、絶品のチビエイの煮付けと絶品のアゴナシの塩焼きが食えるのが、とても嬉しい。
キスもまあまあの形だが数が少ない。
ソゲはやはり小さいのでリリースのほうが良かったと思うが、やはりヒラメなのでキープして食いたくなってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

朝10:00にアトリエに戻り、再度仕事。
午後は、15:00から建築現場で打ち合わせ。
昨日の予定では17:00から打ち合わせであったが、当日急遽変更となり15:00に早まった。
先ほど19:00帰宅。


今日の美味しい獲物を食うのは、明日だ。
明日も仕事だから、明日の夜に食おう。




*Sさんのコメントに触発され追記
アゴナシ(ツバメコノシロ)下顎が無くて鮫みたいな変な顔。
不味そうだが、ウマイ。
尾は南洋系のコバンアジ(メッキアジと同じく多分死滅回遊魚)のよう。
コバンアジは大変美味だが、中々相模湾に回遊彷徨:迷い込んでこない。たまのたまに偶然に頼って釣るしかないため、毎年食えない。
下の画像の一番上がコバンアジ:確か一昨年の秋ごろに釣った。湘南海岸にて
クリックすると元のサイズで表示します

*メッキアジ=ロウニンアジ、カスミアジ、ギンガメアジ等のヒラアジの幼魚の通称。銀色メッキのようにキラキラしているのでこの通称になったみたいだ。
カイワリとは異なる。カイワリの味はメッキアジより数段上だと思う。
投稿者:imorimasuda

生ホタテ貝のヒモ

釣り友達と話していたら、ホタテの生ヒモが話題に上がりました。

ホタテの生のヒモには忘れられない経験があることを思い出しました。

約20年前の網走にて、北海道を南から北に徒歩・カヌー・自転車で縦断移動のゴール地点:オホーツク海の海岸網走原野でのことです。

食料調達と水調達に網走市街を歩いていて、魚屋に入りました。
そこには立派なサケが並んでいました。
「サケはやっぱり北海道だな。さすがだな。相模湾とは違う!」とか話していると、
魚屋の店主が「あんたたちは、どこから来たんか?」というような質問をされ・・・

「神奈川湘南藤沢のボーイスカウトなんですが、高校生(シニアスカウト)と大学生(ローバースカウト)とチームを組んで、釧路港をスタートして摩周湖目指して歩いたり、釧路川をカヌーで下ったり、屈斜路湖で露天風呂野営したりしながら、藤沢から自転車でやってきました。」
というようなことを話したら・・・
網走の魚屋の店主が〜
「おおっ、それならうちのサケを買わずに自分たちで釣ったらどうだい。釣り方を教えるから。餌にはホタテのヒモをあげよう。これなら晩飯のおかずになるし、酒のつまみにもなるしな〜」
と言って、大量のホタテの生ヒモをタダでくれました。


私たちは、その夜オホーツク海岸の原野:月夜の下で生ヒモを炭火網焼きで食ったのですが絶品でした。

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝、夜明け前にテント眼前のオホーツク海岸でホタテの生ヒモを餌にしてサケを釣り上げました。
魚屋の店主に教えてもらった釣り方で・・・

遠投してゆっくり手前まで曳いてくる釣り方:ウキ下75cmくらいの浅さ。
バブル時代初期の20年前・網走原野の海岸と親切な網走の方々に感謝。


ホタテ貝の生のヒモ:一気にたくさん食いすぎると、ヘロへロとアルコールに酔ったような状態に陥るから注意しろ。と、地元の人が言っていました。
体質によるようですが・・・
投稿者:imorimasuda

夜の散歩

クリックすると元のサイズで表示します

21:00頃、仕事の後、思索しながら海を散歩していたら、秋の出だしの黒メバルが一つだけ我が手に入ったぞ。
人生と今目前にある課題問題について考えながら、クッソこのヤロウと問題を振り切るように竿を振り切ってみたのだ。

メバルは20cmと少々小振りだが、まあいいだろう。
他には毒があるが美味という赤目フグも手元に入った。

今シーズンのメバルもいいかも。
幸先良いスタートかもしれん。

晩秋月夜西風北風
若潮・下弦の月・月輝面73%・干潮時20:30
美味希少湘南メバル1

このメバルは、プレゼントした。
近所のウマイ料理屋の方へ・・・
多分、彼の明日の昼飯になっているだろう。
投稿者:imorimasuda

我が家の子猫

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

1ヶ月前に我が家に来たミミちゃんです。
捨て猫でしたから、推定1ヶ月半才です。
現在の体重は1Kgほど。

もうすでに、トイレは覚えましたから、夜でも安心です。
食欲旺盛で、ジャンプ好き。

少し前に新しく家族になりましたが、今では主役のように振舞っています。
投稿者:imorimasuda

夜・思索・散歩・獲物

私には、仕事休みというものがない。
いつもいつも、どうしたら良い案・デザイン・計画・提案、そして良い建築:建物ができるかと考えている・・・というか考えて考えて確信を抱き、実行し続けないと成り立たないからだ。
だから、いつも真剣である。

泳ぎをやめてしまうと生きていけなくなってしまう鮪・鰹とか鮫のような存在である。


相変わらず、今週も土日仕事。
目が覚めて起きている時間が全て建築設計デザインと実際の施工へのことばかりが、頭の中で濛々としている。

夜も夢に出てくることが多い。
うつらうつらしていると、「これはいいぞ」という考えも浮かんだりすることが多い。


今日、堪らず海に行ってきた。
夜の散歩と思索、獲物はその状況次第。

仕事を終えて夕食も食わない。
少しの時間でも海にチャレンジする。

暗い夜の海で遥か遠くの星を眺めると、近視が良くなって視力が回復するような錯覚もある。


19:00〜21:15 いつもの近所の海:遠投して目指す魚を仕留めるMYポイント。
魚は季節毎に変わるが、ポイントは変わらない。

釣り方は、晩秋から春先まで応用できる毎度同じの遠投サーフライト:メバル・メジナ・スズキ・クロダイ兼用仕様の巨ムシ餌一匹長掛け。
ピョコピョコちょいちょい誘い誘いの曳き止め釣り:深さ=タナを自在操り。

結果、獲物はフッコ47cm(小振りスズキ)1のみ。
後は全くアタリもなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda

ウマイやつら

カゴカキダイがうまい訳・・・は、

@シマダイ、カワハギ、ウマヅラハギ等に比べて背中が偉容に盛り上がっている。これは、飢饉に備えたヒトコブラクダのように「この背中部分に様々な養分と肉質=タンパク源を蓄えている」ことによるのではないかと個人的には考えています。
あくまで私個人ですが・・・

Aカゴカキという名前が示すように「たえず籠をかついで移動するまたは野盗に変身する峠の籠カキ・・・すなわち、たえず運動を繰り返して貝類等の美食食い物をついばむ貪欲性があることを示していると個人的には考えています。
あくまで私個人ですが・・・

そしてイシダイのような模様であるがイシダイのようにに巨大にならず目立たない姑息な性格でもあるし、恐らく、欲張りで食い意地のキタナイ魚で、イシダイの影に隠れて助かろうとする、セコイくせに強い貯蓄性の性格の魚だろうと推測しています。
あくどく小金を貯めている=独特な味があるヤツ。

これらのことから、カゴカキ鯛は絶対にウマイ魚だと私は個人的に考えています。


ウマヅラハギの瞬間しゃぶしゃぶを、是非、一度食ってみてください。
これもウマイですよ〜思わず泣けてきます。
デカイウマヅラが獲れた時がチャンスです。
以前、船釣りで釣ってきて、しゃぶしゃぶ食いをしました。
船ならばデカイヤツの可能性があります・・・ね。

30cmクラスのイシダイ:シマダイ(サンバソウ)は、猛烈強烈にウマイですね。
このサイズは、最初の引きの強さ:掛けた時の根周りさえかわしてしまえば、後はそんなに難しくないと思います。掛けた時の根周りでの抵抗が強いです。
根から離してしまえば、イナダ・ソウダよりも格段に弱くなります〜離せれば浮かせれば勝ち。
しかし、40cm以上の石鯛というヤツは種類が違う魚だと思っています。
強烈過ぎて、普通の腕では中々仕留めることが難しいと思っています。
投稿者:imorimasuda

幸せを呼ぶ招き猫に違いない

今、我が家には、ミミちゃんという子猫がいます。
約1ヶ月前に娘がメスの子猫を拾ってきましたので、飼うことにしました。
とても可愛いです。
ミミちゃんは、アメリカンショートヘアが混ざったような灰虎です。
2年前にオス茶虎の愛猫「マイケル」17歳が寿命で亡くなってしまい、しばらく飼っていなかったので寂しかったです。
ミミちゃん、今はとても可愛くて可愛くて・・・どうしようもありません。
毎日、毎日が嬉しくて〜いや〜イイですね。


近所の酒屋には18歳以上の猫がいますよ。
最近は寝てばっかりで動かないそうです。
我マイケル君も最後の年は寝てばっかりいて中々動かないので心配になり、獣医さんに連れて行ったら、「心臓が弱くなっていますから、気をつけてください。」としか診断されませんでした。


白黒の牛系猫もイイ個性を出していて好きですね。
近所に巨大な猫の牛系がいます。
娘と神さんは、内々で「うし子」と呼んでいます。
これも、とても堂々としていて大親分のような落ち着きがあって大変魅力的です。
投稿者:imorimasuda

コミュニケーション

「一期一会」という言葉が昔からある。
この意味は、様々な方々が書籍で語られているから別段珍しい言葉ではない。

しかし、この言葉をそのままの意味で実感し、そのとおりになること・それを実感することは、少ないのではないかと思う。

日曜日の夜の港、日曜日の夜に海で会った人達・・・
色々な意味で中々個性的である。

休日明けの翌日の仕事のことを考えれば、夜の海に目的を持ってワザワザ出歩かないだろう。
近隣に住む散歩の人達を除けば・・・

しかし、たまにいる。
私もその一人である。

晩秋の日曜の夜に港に行ってみた。
目的は当然釣りであるが、心の底からの釣果狙いではなく、暗闇で釣りをしながらの「個人的な思索」という、極めて哲学的な志向と行動への欲求からである。
疲れてはいるが、曇り空で月も無い暗闇の静寂を好ましく思う心理的な要望が優ったからだと思う。

暗い港に着いて目的の場所に向かって釣り道具を背負い歩く。

物好きなヤツが遠くに二人いた。
LEDライトが二つ遠く離れて点滅していた。
あの点滅状況と光の向きの様子だと、釣りではなく、タコ類カニ類の網ワナ仕掛けの人だろうと思った。

もう一人、下ばかり観察している若者を確認した。
私は彼を追い越して通り過ぎる。


しばらくすると私の近くに誰かがやってきた。

「こんばんは、今日は何を狙っているのですか?」私は挨拶した。


この時間ではもう彼と私しかいない。
この時、明かりが確認できないので、網を仕掛け終わりタコカニ師は帰ったようだ。


「こんばんは」という返答があった。
「アオリイカを狙っているのですが、どのあたりがいいんでしょうか?」という質問を受けた。


私は正直に答えた。「ここはこうで、あのへんはああだし、むしろ東か西に行ったほうが良いよ」

その後、彼は私の言葉を参考にしてエギングしていたようだ。


そして釣れなかったようで、私の傍に来た。
私も釣れなかった。
そして、彼から色々話しかけられ、私も話した。

気がついたら、時間は2時間を過ぎていた。

彼が私の傍に来てから、私が帰り仕度をするまで、2時間くらい会話をしていた。
暗いから顔はわからない。

たくさんの魚とイカの話をした。
釣りの話をした。


22:45分頃港奥の堤防から帰った。
一緒に話しながら帰った。
港奥の船着場あたりで別れた。彼は離れていった。




私には、一つの疑問がある。
大きな疑問がある。

それは・・・
私が、目指す場所の堤防先端につく直前、遠くにある目指す場所に微妙に動く黒い人影を確認したことである。
だが、そこには誰もいなかった。

その場所に、私の到着後、彼が僅かな時間差で現われたことである。

顔も知らず、判らず・・・

話だけを2時間もしてしまった。
釣りを話題にした楽しいコミュニケーションが成り立った。
私は、釣りをながら話ばかりしていた。
しかし、彼は釣りをしていない。
私の傍にいて、私と話ばかりしていた。



22:45分頃港奥の堤防から帰った。
一緒に話しながら帰った。
港奥の船着場あたりで別れた。彼は離れていった。



しかし・・・私は彼が帰って行った方向を見たが、彼の姿は見えなかった。
確認できなかった。
一体、彼は誰だったのだろうか。
私の傍に2時間もいたが、彼の顔を私は覚えていない。

黒い人影の正体もわからない・・・

コミュニケーションをしたのは確かなのだが。


















投稿者:imorimasuda

気分転換

3日4日、土曜日曜が打ち合わせとなった。

そこで、金曜日の仕事が終わった後、近所の夜の海に行ってきた。
気分転換もあるが、詳細な詰め・アイデア・発想などに行き詰まりも感じていたからだ。
フレッシュな気持ちになりたい・・・という欲求からである。
夜更かしはしたくないので、22:30まで頃の短時間とした。
狙いの獲物は、今盛りとなったスズキ・フッコである。

酒を飲むのも気分転換になるが、最近太り気味であるし・・・
中年になり二日酔いになりやすくなったと思う。
二日酔いになるのが嫌なので、ナイトフィッシング=収穫狙いかつ適度な運動ということを目的とした。
健全な発想からの行動である。
良い獲物が得られれば、気分は晴れ〜今後の仕事にも良い影響が起きてくるというものだから・・・


磯竿4号サーフライトウキ:70m〜100mド遠投スペックでの極太アオイソメ曳き釣り。
真冬の磯メバル狙いのスペックと同じものである。
スズキ・フッコ狙いで浅めを流しながら曳き、誘う。
ルワーでいうゆっくりとしたタダ巻きのような感じ。
しかし、アタリがないので、タナを深くし直して、再度探る。
チビニベ(イシモチ)とゴンズイばかりが10程掛かる。
全てリリース。

どうも、スズキ・フッコの回遊は、まだないようだ。

堤防壁際ギリギリを70mほど遠投して底目を狙うことにした。
メジナかカサゴに狙いを変更。
夜のメジナは大きいものが掛かる可能性が高いので期待する。
カサゴは食べれば美味いので楽しみ。

遠目ピンポイント狙いであるから、根掛かりとか壁貝に道糸が引っかかりトラブルになる可能性は高いが、チャレンジしてみた。

良いサイズのカサゴ3(最大26cm)ゲット。
18cmカサゴはリリース。
30cmセイゴゲット(スズキの小さい型)

カサゴは、根掛かり覚悟・遠投高堤防ギリギリライン壁際30cmくらいを平行に・2ヒロ半をソロソロと引き摺ったら、直ぐに食ってきた。
1m離れてしまうと全く反応はない。壁際ギリギリのみ。とても難しい。

セイゴは、投入ミス:壁から2m離れてしまい、壁際1mくらいまで引いた時、タダ巻きスピードで中層で仮誘いしたら、コロっと食ってきた。

カサゴは刺身にする予定。
3つあれば、新鮮な白身がたっぷりと食える。
セイゴはあっさりと塩焼きの予定。

気分が良い。
美味い獲物が短時間で確保できたから・・・


クリックすると元のサイズで表示します




カサゴの刺身を食った。
うまい。
でも、美味さは、イシダイ>カワハギ>カサゴだ。

最近、刺身と一緒にワサビを食わない。
醤油だけのほうが、魚が美味く感じている。

ワサビは本物がいいし、本物のワサビが手に入った時は、摺ったものは別にしてワサビだけを食い、残りの茎近くの部分は、かじって食っている。
投稿者:imorimasuda

自然薯

春に植えた自然薯10数本の蔓から、黄葉した葉が全て落ちていた。
ムカゴもたくさん落ちていた。
既に蔓も枯れ気味・・・

土中の山芋:薯は順調に育っているのだろうか。
少し不安になる。

しかし、掘って確かめる気持ちにはならなかった。

来年まで、我慢して大きな薯になるのを待つことにした。
一本だけ試し堀りをするかもしれない。・・・来週あたり。
薯が小さかったら悔しいが〜


F21団CS隊のサツマイモは順調に育っている模様。
もう少ししたら、掘り時、食い時だと思う。
投稿者:imorimasuda

アケビ

仕事の帰りに鵠沼野営場に寄って、原っぱフィールド全体のチェックをした。
ゴミを処理して、畑を覗く。
ダイコンの隙間にジャガイモの芽が育っていた。
多分、掘り残した芋の芽が出て育ってきたものだろう。
これが順調に育ったとしたら、ダイコンとジャガイモが隣同士で収穫できるということだ。
うまく育つのだろうか?異種同居・・・


原っぱフィールドを見回っていると、山桑の木に絡みついているアケビの蔓が気になった。
ミツバアケビではなく、ゴヨウアケビのようだ。
蔓についている葉っぱが5つある。

よくよく観察してみると、大きなアケビの実がなっていた。
実の外皮も、赤みではなく若干灰色気味。

2つ採って、生で食ってみた。
甘い〜あま〜い。
タネは吐き出す・・・渋いからだ。

去年まで、アケビの実がなっていたような記憶はない。
今年初めて実が着いたのか?
それとも、今まで気がつかなかったのか・・・

地面にも落ちたアケビの実:残骸があった。


デジカメを持っていなかったので写真がとれなかった。残念。


*アケビの実
熟し口を開けたような感じのものだけ採取。
開いている中にある半透明の果肉:黒っぽい種付きをかぶりつく。
ヌルヌルの半透明果肉を口に入れモグモグ。
口の中で種を除き種だけを吐き出す。
*同種のムベは口を開いていない。


投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ