イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

今「廃鶏」考

新聞、テレビのニュースで比内鶏と廃鶏のことが偽装事件で話題になっている。

廃鶏という呼称は今まで知らなかったが・・・

生きた鶏を自ら料理:捌くという時には、卵を産まなくなった養鶏をしめる・・・ということは、私が子供の頃は、私の近所では普通だったような記憶がある。
これは、住んでいる環境とか育った時の自分の周りの職業にも関係するから「普通」かどうかは、正しくはないと思うが。

私の亡き親爺は、隣の祖父の家(親爺の実家):本家が養鶏卵を出荷していた関係で、何かのお祝いの時に、卵を産まなくなった鶏をしめてきて、食べ物=ご馳走料理の肉にしてくれた。
私たち子供には絶対に見せないように、暗くて離れた場所でしめていた。

その後、捌いた肉で料理したその鶏料理はとても美味しかった。
炊き込み鶏ご飯とか皮焼きとかモモ焼きとか汁物とは丼物とか・・・いろいろ。

その影響で、私も鶏をしめて、捌いて、食材にすることができる。
調理もできる。
ここ数年、最近はやっていないが・・・


今から、随分前、湘南地区BS:高校生のベンチャースカウト数人が、生きた鶏を捌いて調理して食べてみたい〜教えてください・・・と相談、言ってきたことがある。

その時、私は千葉幕張メッセを設計・工事監理・・・千葉で仕事をしていた。
千葉の電話帳をおもむろに開き、調べた。

「生きた鶏が安く入手できるかを」

その頃は、インターネットはまだ一般的には普及していなかったから電話帳だったのだ。

電話帳で養鶏場・養卵の項目を探すと、
「千葉若雌農場?協会?」?だったか?(うろ覚え)というのがあった。
不思議な名前だった。・・・養鶏で「若いメス」の協会。
しかも、電話先の場所が千葉市役所のある所の目の前。
千葉の新都心で中高層ビルがある所だった。

早速、電話してみた。
「私は○○と言います。怪しい者では決してありません。ボーイスカウトの体験プログラムで生きた鶏を捌いて、料理したいのですが、生きている鶏はどうすれば、入手できるでしょうか、教えていただけませんか?」
すると、
「いつでもいいですよ。何羽ほしいですか。いつ必要ですか。」
という、明るい返答が即返ってきた。
私「・・・へッ〜っへ、生きたヤツなんですけど」
協会の方「そうですよ、生きていますよ。」

私、あまりのあっけなさにしばし無言。
「あの〜おいくら掛かるんでしょうか、高いと手がでないんですが」
協会の方「お金はいりません。タダです。0円です。」

「えっ・・・・・タダですか、ホントに」

「ホント」

そいう訳で、とりあえず、2羽お願いした。

土曜日の朝一番車で「千葉若雌農場?協会?」?だったか?(うろ覚え)の所に受け取りに行った。
そこは、普通のオフィスビルの3階にあり、普通のオフィスだった。

受付カウンターにいた若い女性に・・・
「おはようございます。私は○○と言います。怪しい者では決してありません。ボーイスカウトの体験プログラムで生きた鶏を捌いて、料理したいということで、生きている鶏を2羽お願いしておいたのですが・・・」
と、言って簡単な挨拶をした。
「あそこにあります。」簡単な返答だった。
そこの廊下の暗い所にダンボールが3つ置いてあった。

受付の女性の後ろの席にいた、年配の方が言った。
「1羽サービスしておいたぞ!頑張って食ってくれ!3羽だ!!」

「えっ・・・サービスですか」私、絶句。

タダ、0円。何羽でも0円!!
気を取り直し、
「ありがとうございます。しっかり料理して食います。」

私は、ダンボール3箱にそれぞれ1羽づつ入った鶏を抱え、車に戻った。

車の中でゴソゴソ動いていた。3つが・・・
車の中は、臭いも鶏の臭い〜が充満していた。

千葉から湘南藤沢鵠沼に向かった。
船橋千鳥町入口から湾岸首都高横浜新道を走った。



今、思うと、あの卵を産まなくなった鶏=私が貰った鶏が「廃鶏」という呼称だったのだろう。

卵を産まなくなった鶏は、タダ=0円だったのだ。



「千葉若雌農場?協会?」は養鶏卵業界の事務所だったと思う。


しかし、味はとても美味かった。香ばしかったし身の締りも良かった。
ローストチキン:丸焼きと炊き込みご飯とフライドチキンにして食ったぞ。
味にも量にも、満足。
何しろ、5人で3羽もあったからなあ〜。


子供の頃は、卵を産まなくなった鶏は肉:とてもご馳走な食材だった。
ちょっと前もタダで入手できた、ご馳走な食材だった。


21世紀の今は、食材偽装で不当利益の材料になっているとは何だ!!
残念でならない。
どうすれば、真っ当な社会になるのか・・・


*鶏しめ・さばき・調理関係の話ははまた後日にします。・・・
投稿者:imorimasuda

イナダはパワフルだ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は、夜明け前の3:30起床かつ体力目一杯使う「青物魚スポーツフィッシング」とザック背負った山越え行脚だったので、昨晩は早寝し熟睡。

今日はまったりと夜明け後に起きてコーヒー飲みながら仕事。
10:00頃、まったりとTバーまで行ってみた。
昨日の余ったイソメを処理することが目的だった。
しかし、Tバーもイナダ来訪:サーフトローリング真っ盛りだった。

常連の方々にお話を聞くと、今日は数が少ないとのこと。
盛期は過ぎたのか?というようなこと。

そこで、私も参加し、イナダ2をゲット、バラシ4度。
大きいのは41cm。
Tバー南テトラは、でかいし、高いし、沈みテトラも手前にたくさんあって、取り込みがとても難しい。

テトラ上に仁王立ち、強引にブッコ抜くしかない。
Tバーのイナダはとてもパワフルだった。
筋肉痛になるくらい格闘しないとぶち抜けない。
何しろ、テトラと海面の高低差は3mくらいあるし、手前の沈みテトラは6〜7m前まである。
身長を足して高さ5mを手前7mから、イナダを豪快にブッコ抜く。
しかも落とさないようにしないといけない。
足元が隙間だらけだからだ。
自分も落ちないように注意しないと大怪我をしてしまう。


今日ブッコ抜いたイナダの腹:内臓の中にはイワシの小さいヤツが満杯だった。
ここのイナダは太っていて、とても美味そう。


Tバーのキスは、ピンギスなら釣れるが、大きいものは極めて少ないようだ。
今後どうなるか、来週また調査しようと思う。

投稿者:imorimasuda

イナダは楽しい

クリックすると元のサイズで表示します

隣の誰かが呟いた。
「イナダは稲田だから、9月10月になったら田んぼに稲が育ち稲刈りになるので、どんなに小さくてもイナダと呼んでいいんだぞい。」と呟いた。
というか、9月10月になれば、ブリの幼魚もそれなりに大きくなるという意味なのでしょう。
*イナダ=稲田説が正しいのかどうかは知りませんが・・・

ちなみに、イナダとはブリの小さいサイズ。
ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリというように名前が変化する。

湘南の陸釣りでは大概、35cm近傍が多いので、ワカシかイナダか?判別に悩むのだが・・・地方によっては45cm以上ないとイナダとは言えないらしい。
関西ではハマチ?なのか?


久しぶりに暗い登り道を山越えして、磯に青物釣りに行った。
私は、数は出なかったがとても楽しく面白い思いをした釣行だった。

夜明け寸前にサバをゲット。バラシを2回。
とても遠い所でヒットした。
若干の追い風があり、弓角サフトロド遠投スペックロッドリールで150m地点に投入。
しばらくしてガツンガツンとヒット。
遠い。
マルソウダカツオをゲット。

筋力維持には体をフルに動かすこと・・・全身を使いフルキャストコレだ。
とにかくキャストした。暗い時から日が昇るまで、とても楽しかった。

完全に夜が明けた6:30以降、遠投カゴ・バクダン仕様のウキ流しコマセ釣りの方々が多くなってきたので、何故か?(^^)場所を移動しなければならなくなった。


北方の小さい船場に移動した後、粘って粘ってイナダ40cm1とサバ1を追加。
ここでも、とにかくキャストした。
日が昇ってから暑くなるまで、とてもとても楽しかった。

ここで、久しぶりに見知った方と出会う。
挨拶して、情報交換。
ここでは、40cmサイズのイナダがポツポツあがり数少ない数人の釣人も皆さんイナダをキープ。
ここは、数は出ないが、自由にキャストできるので、ギスギスしなくてすむ楽しい釣り場。
私は好きなフィールドです。
居づらい感ではなく、のんびりできるのが良い・・・


今日の成果:サバ3、マルソウダ1、イナダ1、バラシ2のみ。
キスも調査釣りをしたのだが全く当りなし。
サバは、偶然傍に居た釣友にプレゼント。





投稿者:imorimasuda

日の出・朝陽・他

クリックすると元のサイズで表示します
10月7日:日の出〜茅ヶ崎港から江ノ島を見る。


日曜日、夜明け前に起きて港まで行ってきました。
台湾北方の遥か遠いところにいる巨大台風15号の影響を受け、明日から雨予報とのこと・・・
海も台風15号の影響のうねりが周期的にやってきていました。

荒れていましたから、早朝散歩を兼ねながら港内短時間釣行をしてみました。

港にいつも居る地元爺さん連中によると、今日の茅ヶ崎港は今年一番の人の出(釣人)だったということです。他が荒れてダメだからでしょうね。
しかし、港の浜ではドックショーが、東浜ではサーフィン大会が行われていました。
サーフィンには適した海の荒れ具合だったです。


私は、今日の朝、大勢の港東堤防の釣り人の中で、一番たくさんのゴンズイと大物ゴンズイを釣ったらしいです。
港内の見周り爺さんから言われてしまいました。
港内も底荒れしていたようで、ゴンズイがたくさん釣れました。
ピンキス・小ハゼも釣れましたから、そいつを活餌にしてヒラメを狙いましたが、不発・・・

ゴンズイは素手で簡単に針を外してリリースしたのですが、ハオコゼの時に安易に外そうとし・・・自惚れてしまって、右手親指をハオコゼに刺されてしまいました。
もの凄く痛い・・・ズキズキ痛が2時間くらい続きました。
右指五本から右肘あたりまで感覚がなくなった感じ〜麻痺した感じで、親指はズキズキ痛く、たまらんかったです。



一昨日、建築系某大企業のHPで製品を調べていたら、HP上から探し出せない辿り着けない製品がありました。
名称存在は知っていたのですがね。

そこで某大企業建築専門家担当部門に電話して質問
「どこに記載してあるのですか?どう工夫して探してもないのですが〜」
すると、某大企業専門家部門の若い女性担当者曰く・・・
「その製品を探し出せたら見事です。それには通常辿り着けません。偶然に頼るしかないのですよ。」

「ええッ!! おいおい、何じゃそりゃ、解かりきっていたのかいな。」
「そうなんですけど、わたしではどうすることもできませんです。」
「どはっは〜そんなんで良いんですか?ぶぶぶはは〜」
「変ですよね。ふふ〜」

その後、親切に辿り着き方を教えてくれた。HPの凄く変な場所にあった。

その代わり、カタログを全て送ってくれることになったが、ダンボール1箱になると思われる。
それはそれで、大迷惑なことだわい(^^)

こんなことでいいのかいな、日本企業。
投稿者:imorimasuda

偶然

クリックすると元のサイズで表示します

シマダイ(小イシダイ)20cmが2つ入手できた。
刺身、塩焼きが定番だが、今回は煮付けて食おうと思っている。
刺身があれほどうまいのだから、煮付けにしたら最高だと思う。

変な選択かもしれんが・・・
刺身の美味さは知っているが、コイツの煮付けはまだ食ったことがないからがその理由。
投稿者:imorimasuda

土曜日曜が雨、下の子供の運動会が延期延期で、今日月曜日になってしまった。
小6〜今年が最後の運動会を見たり撮影したりする年になるだろう。
中学生になれば、絶対にこないでくれという事になるからだ。

延々期の影響を受け、仕事の計画案の提出日と重なってしまった。

日曜日は夜中の12時に仮眠から起きて、今日の朝、運動会が始まる前までに完了させ提出することにした。

キツイスケジュールになってしまった。
土曜日曜の雨・・・土日関係なく、集中して提案を作成した。

某所、森の中の広い丘陵地:緑に囲まれたウイークエンドハウスの提案・・・
とにかく、集中して計画、各種ドローイングを作成完了。



判断決断に迷った時、敷地に立って考える・・・  
その場で、計画イメージが頭に浮かんでくることが多々ある。
その案が優れているかどうかは、その後の検討次第ではあるが・・・

大概の場合、最初の直感・インスピレーションは正しいことが多い。

現地の計画敷地は少しばかり遠かった。
しかし、案を迷いながら考察するよりも、現地に佇み、それまで考えていた10数の候補案を基にして、その場:環境風景情景の中で判断するほうが正解だと思う。


やはり、「場には力がある」とつくづく思う・・・
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ