イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

尺シタビラメの塩焼きはウマイのう

正式名称は、32cmのクロウシノシタの塩焼きだが。

久しぶりにコイツで塩焼きをやったがね。
汗流した後の塩焼き、最高だわい。

どぶっわっはっはっはっは〜

こいつはいいぞい。
身の厚さもほどほど・・・ぐふふふ、うまいぞ!!

キスとは別の味わい〜尺越えのシタビラメ。
ムニエルにしないところが、私の欠点じゃ・・・長所じゃ。

ぐふふふ〜ぐふふふ・・・ふふ
投稿者:imorimasuda

昼飯前

22日は夜明け前まで仕事してから、日の出とともに明るくなって海へ〜
今日24日は、夜明け後に起きて仕事してから、9:30頃に海へ〜
昼飯前釣行です。
自転車で10分以内に着く、身近な海辺・久しぶりのTバーです。
この前の台風の影響がまだ強く残っているかどうか、調査探求という目的も含んでいます。

Tバーに到着後、荷物を中央に置いて、とりあえず全域を視察・・・あまり良さそうではありませんでした。
東から西端に視察に行くと、久しぶりにGULFMANさんにお会いしました。
キス釣り状況を色々教えていただきました。
既に、まあまあの数の釣果を獲ているようでしたが、ピンが多いとのこと・・・中央の方が良さそうとのことでしたから、私はTバー中央へ〜

台風前のGOOD状況のようにはいきませんでした。
とにかく、ピンキスが多かったです。
遠目にはいませんでした。

最初の数投で小さいキスをゲット、リリースを繰り返しました。
そんな状況が5回くらい続いた時、突然ガンガンと強烈な引き・・・ヒラメが私の釣ったピンキスに喰らいつきました。
掛かったピンキスをゆっくり引いて来た時の40mくらい遠方でのこと。
15mくらい近場まで何とかジワジワと寄せて、顔と姿を見た途端、ヒラメちゃんは反転・・・
直ぐ傍でのハリス切れでした。
1.2号ハリスでキス仕掛けを作っていましたが、残念無念の結果。
ヒラメは45cmくらいあったと思います。
硬い遠投竿にドラグなしで細ハリスだと、ちょっと大きい魚だと寄せるのが難しかったです。


そこで、キス投げ仕様を変更し、竿は4号磯竿、リールは大物用ドラグ付き、ハリスは2.5号、キス針は太め7号に全交換。
小キスに喰らいつく大物スズキ、ヒラメ、マゴチ仕様の欲張りスペックで大物に備えました。

しかし、ゲットしたのは、18cm〜20cmのキス5つ。
活きのいいピンキスは、リリースしたり泳がせ餌として針に付け投げ込みました。

最初に逃がしてしまうと2度目は中々うまくはいきません。
残念無念。
これからは、ピンキス群が多い時には、いざという時に備えた仕掛けに最初からしておこうと思っています。

ピンキスを好物をしている捕食者:プレデターが近くに絶対に潜んでいるはずですから・・・



キスは、ちまたで言われている細い仕掛け有利のはず。
しかし、実際は、ハリス太さにあまり関係ないのか?
細仕掛けと同じくらいの感じで、2.5号ハリス、幹糸8号でも大小キスは全く遜色なく食ってきた。
遠投サーフライトメバルの時も感じたが、太いハリスでも、別にかまわないんじゃないかと思う・・・
実際、どうなんでしょうかね?



写真はヒラメを獲り損ねた後の「太い仕掛けで食ってきた白ギス」です。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda

夜明けの仕事後に

先週から仕事漬けだった。
今週もそうなることがわかっていた。
許された時間は少ない。
金曜日は早く寝て、新鮮な気持ちで明け方2:00に起きて、仕事を始めた。
はかどる、はかどる・・・は・か・ど・る。

5:00になって急に海に行こうと思った。
仕事が速やかにまとめられたからだ。
よし、いくぞ〜 目標は、弓角でのデカデブのヒラソウダ!
勿論、場所は○磯。

しかし、夜が明けた頃にのんびり到着した○磯には、青物の勢いはなかった。
多くの釣人の竿は全く曲がっていないように見えた。
残念。
しばらく、投げ釣りで様子を見ることにした。
理由は、サーフ近場にいたキス群がこの前の台風で深めに移動したのではないかと思ったからだ。
もう一つの理由は、青物がだめだったら、カワハギをゲットしようと企てていたので、ムシ餌を購入してきたからだ。
カワハギとキスどっちを狙うか・・・だったが、弓角をしたかったので、キス狙いにした。

シタビラメは30cmオーバーサイズ、キスは23cmが最大で、アベレージは20cmサイズ、下の赤いヤツはヒメジ。
その他、ヒイラギ多数リリース。
クリックすると元のサイズで表示します





この写真以外に、デカイキス複数を釣友にプレゼントしました。
キスの刺身はうまいので、是非食べて欲しかったからです。
何故なら、その釣友はルワーの達人かつイカ名人のため、生イソメ系餌釣で釣れるキスと最近縁が遠いみたいだったからです。

ですから、私は、もっとたくさんのデカイキスを釣っている訳です。
ふふふ・・・一体いくつのキスを釣ったのか・・・
秘密にしておきますね。(^^)
投稿者:imorimasuda

新鮮な旨味の貴重価値

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに活きのいいザリガニが食いたくなった。
ヒゲが長い赤い茶色のザリガニを・・・

何故だか、急に食いたくなった。
急に獲りたくなった。

そんな気分の夜更け間際。


私の母方・・・叔母達の昔の話を聞いていると、田んぼの傍の川とか沼で収穫したザリガニ料理の味=うまいかったよ・・・という会話が数年に一回くらい稀に聞こえてくる。
戦後のことらしい。

実は私も小学生の頃、自分と友人後輩(子分共ですが)で料理をして食ったことがある。
勿論、火を通してから食ったのですがね。




しかし、今私が食いたいのは泥臭いザリガニではなくて、磯臭いザリガニの方である。
しかし・・・これが困難なのですよ。
何故なんでしょうかね。ふふふ(^^)
金額が高いせいで手が出ないのですよ。


しかし、食いたくなってしまった。何故なんでしょうか?ね・・・






投稿者:imorimasuda

小さいけれどうまい

銀色に輝くヒイラギの煮付けは大好物です。
ピンクのネンブツ鯛は唐揚げにすると絶品です。
小さいキスは骨ごと食べると、まあまあうまいです。

今日は5:30起床で、朝6:30より近所でちょっとだけ竿を振ってみました。

土茶色に濁った海から顔を出してきた23cmくらいのキスは嬉しかったですね〜
普通サイズのキス2も嬉しかったですね〜
何しろ、周りの人はあまり釣れていませんでしたから・・・

茅ヶ崎周辺の海はとても濁っていました。
土茶色と緑クリーム色の2色の潮が境目をはっきり見せながら、風と波の動向・流動で近づいたり遠ざかったり・・・でした。

ウネリというよりも、強い南風でウサギがたくさん飛んでいる状況でした。
「サーフィンに適さない崩れた波=うねりのようなウエーブではない」グーバシャン・ドーバシャン・ドバンみたいな小さいぶつかり合いが小刻み&頻繁にやってくる感じでした。これは、港から江ノ島を見た感じです。

今の時間も強い南風が吹いています。海上の小刻みな波浪は続くのでしょう、多分。
茅ヶ崎辻堂周辺がこんな感じの時、江ノ島の磯とかエボシの沖磯は、どんな状況になるんでしょうか?



小さいピンギスとかハゼが掛からないように大きな針にしていましたが、それでも針掛かりしてきました。
とても元気の良いチビキスとチビハゼは、7つくらいリリースしました。
小振りのヒイラギも針掛かりしてしまいますが、私は食いたいのでキープ。


今日の狙いは30cm近傍のシマダイ(小中イシダイ)とカワハギだったのですが、全く反応がなく、ネンブツ鯛のみが掛かってきます。
大物泳がせ釣りの餌用に1ネンブツを生かしておきましたが、ヒラメ釣りはせずに、途中でキス狙いに変更。・・・1ネンブツも持ち帰って食うことにしました。

先週とても美味かったのでキス3は刺身にしたいと思いました。
ですから、このキス3は釣り上げた直後ピンピンしている時に、キス刺身用活〆め(青物のように頭骨首骨を折る)をして直ぐに冷やして保存しておきました。
野〆めだと少々身の締りに課題がありますからね。

残りの小さいモノは煮付けようと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します
光輝くシルバーカラーとワンポイントのピンクカラーが映えるように背景はイエローとしました。
投稿者:imorimasuda

我慢できなかった

久しぶりにいい天気。

午後、ついに我慢できずに海に様子を見に行ってしまいました。

釣果は普通ですね。

台風後のうねり波の残る「青クリーム粘土色の海」、釣れなくてもいいからと・・・とりあえず遠投してみました。
14:00〜16:30まで

第一投目でデカイキスとフグが掛かってきました。
その後まあまあ型のキスがゲットできました。
デカイキスは24.5cm。

遠くの沈み岩礁帯を狙ってカサゴ1つをゲット。
ちょっと小振りですが食いたくなってキープ。

ニベ(イシモチ)は普通サイズが3つ程と針飲んでしまった小さいヤツをキープ。
他にはチビニベをリリース5つほどでした。


キス1と普通ニベ2を、久しぶりに 刺身にしてみようかと思います。
他は塩焼き。カサゴは煮付けか唐揚げにしようと思っています。

ツマミにするにはちょうど良い数の魚達です。

海の恵みに感謝。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda

皆さんは見ましたか

8日土曜日の夜21:30から22:00までのNHK第一放送の番組を〜お〜お〜!

今となっては唯一の野球完全中継のNHKが、プロ野球:首位攻防戦「阪神巨人戦」が野球延長になった時、後番組に影響が及ぼさないように、全く困らないように=視聴者のクレームが100%こないように、周到に用意した番組。

それが8日21:30放映予定「釣り師VSカワハギ」という番組です。
予定されていますが、放映が期待すら・・・希望も全くされてもいない(仮)予定番組です。
放置放任番組・・・

それが・・・想定外の予定通りに放映されてしまいました。(^^)
ううははは、はっはっはっは〜


NHK第一放送ですが、民放では一応ゴールデンタイムに入る21:30スタート・・・



今朝、なんじゃこりゃ、ミスマッチ〜この時間にこの変なタイトルは・・・と思いながら、新聞を読みました。
それが、まさか、放映される・・・放映可能になるとは(^^)
誠に喜ばしい、嬉しいハプニングでした。

GOOD〜

海中のカワハギと船上のカワハギ釣り名人の実況中継は笑えましたよ。
カワハギのほうが数段上手でした。
カワハギ名人の説明の言葉・発言と海中のカワハギ君の行動が全く一致しない・・・イイです。
GOODです。

そうじゃなきゃいけません。
我々?私?は「敗北挫折という課題」「永遠の疑問」「真の真理を目指すが・・・到達は?いつ・・・」という壁があるからこそ、頑張れるのです。


幸運を呼んでくれた、阪神巨人戦に幸あれ!



カワハギは賢いですね。


カラスのほうが賢いと思いますがね・・・
投稿者:imorimasuda

台風の後 2

河口近くに住んでいる天然物のウナギ君、ウナギちゃんたち〜今回の台風で海に流されてきているはずです。
濁流に乗って久しぶりの海のご馳走をたらふく食い漁っているはずです。

こういう状況の時には、予想外の思ってもいない場所で、天然の黄金ウナギとか黒光りウナギとか絶品の下りウナギが獲れる可能性が高いです。


しかし・・・問題は「思ってもいない場所」がどこなのか全くわからないことです。
何しろ、予想外ですから、獲ろう釣ろうとしても狙いが、全く定まらないわけですからね。

マグレに期待?広い海辺で?ありえませんね。

でもね、絶品の天然ウナギは台風後は定位置の棲家から離れているヤツがいることは確実なんですよ。

ですから、偶然に誰かには釣れる・獲れるはずです。
「えッ!これウナギじゃない!本物?ここで?!!」というような会話が、どこかであるはずです。

私にウナギが来れば最高なんですが、私じゃないでしょうね。

釣りに行く時間が少ないので・・・残念。
投稿者:imorimasuda

台風の後

台風が過ぎ去った今でも、7日夜ですが・・・
2階アトリエの窓を開けると、荒れた海の音が聞こえてきます。

夕方、仕事帰りに車で港西浜を覗いてみたら、大量のゴミ?遺物?漂着物?というのか〜海の藻屑と大木、小振りの岩なぞが砂浜に大量に打ち上げられていました。

打ち上げられた遺物・漂着物は、港から相模川河口まで西方向にずっと長く砂浜際に続いていました。

片付けることはできるのでしょうか?どうするのか?疑問に思いました。
どうしたら、キレイにすることができるのでしょうか?
・・・やはり地道に人手をかけて集めるしかないと思いますが・・・

生活ゴミよりも、海草・木々類のほうが多かったので、処理し易いのではないかとは思います。

早朝に過ぎ去った台風後の夕方でも、海は・・・
     砂茶色の濁流の砕けた波で爆裂していましたよ。
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ