イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

カラス野郎と共に

クリックすると元のサイズで表示します

仕事の合間に野営場に行った。〜Nさんから、電話連絡があったからだ。

「大事な大玉のスイカ一個と真っ赤な大きいトマト3個が鳥に突っつかれておるぞっ!」

見た・・・触った・・・

ダメだ〜放って置けば腐るだけだ。
腐れば今度は変な虫までやってくる。
直ぐに茎・枝から捥ぎ取って、肥料にすべく菜園の傍らに置いた。

あの突っついた嘴の傷痕から推測すれば、大柄な鳥で鋭い嘴を持ったヤツだあろうし、熟したトマトと成長期のスイカを見抜く知性を身につけたヤツとなれば、言わなくても誰でもわかるアイツに違いない・・・

アマゾンとかアフリカなら他の野生動物が一杯いるが〜〜 カラス・・・以外にいないぞ、この日本には。

京都のCやんさんから、カラスとスイカの関係について事前に注意を受けていたのに、私はかまわずに放任していた。
鳥が自由に食えば、それはそれで良いじゃないか〜と鷹揚に構えていた。
大きな器量を持った人物は、カラスぐらいでジタバタしちゃイカンと、考えていた。


雨も降ってきた。
雨にうたれ濡れながらNさんと畑に佇みながら共に考えた。

・・・一端食われてみると、無茶苦茶悔しい。
カラス野郎を甘く見た自分が情けない。・・・悔しさを堪え、大切な野菜・果実たちへの優しい配慮と思いやりが足りなかったことを反省する。

しかし、まだ大玉スイカはもう一つある。これは絶対守らにゃイカン。
Nさんが簡易ビニールハウスというか狭小ビニールルームを作ってくれた。
スイカのホームレス小屋というような感じのモノ。
これで何とかカラスの攻撃をかわさなければならん。
カラス野郎のダイニングスペースになっては堪らん〜と思っているがどうなることか。



クリックすると元のサイズで表示します

写真は、心のダメージを負った後に収穫した野菜たち。
左は、赤タマネギ、白タマネギ、ジャガイモの男爵。
右は、ナス2とミニトマト、ジャガイモのキタアカリ。

ミニトマトはカラスは狙わなかった。小さいからだろう。
他に食うものが無ければ、絶対にこのチビトマトを食ったはずだ。
ほんとにアヤツらは賢い。


*枝豆、自然薯、オクラは順調だと思う。
カボチャの雌花と実の蕾は確認できたが、受粉できるのだろうか?
小玉スイカの玉も先週はあったものが、今日は確認できていないので、実が成る?既に落ちた?のだろうか、疑問が湧いてきた。

しかし、野営場を蔦・蔓類で緑化したと考えれば、それはそれで良しと考えようと思う。
鷹揚に構えながら・・・ね。
投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ