イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

動機

「いつ頃から・・・」というある方の質問に答えたコメントを、プロフィルへの補完としてここに記載しておきます。

スカウト活動へ参加したのは、12歳になってすぐくらいでした。
愛知連盟碧海地区安城1団から分封した安城2団ができて1年くらいしてからの安城2団ボーイ隊へ途中入団です。
その頃はまだ、CS隊は存在していませんでした。
入隊後しばらくしてから、初の発団セレモニーがありました。

母方の叔母がBS隊の隊長と結婚、親戚中の男の子供に声が掛かり、新しく叔父さんになった人が隊長で、入団。

中2の時に第5回朝霧高原日本ジャンボリー、中3の時に第13回世界ジャンボリ朝霧高原IN日本に参加できました。
1・2歳上の先輩達はシニア班として存在していました。
私達同年3人がシニア隊に上進し、安城2団シニアSS隊が正式結成され、隊としての第一期生となりました。

SS(シニアスカウト)とRS(ローバースカウト)の時は、安城市内のお寺の住職である鈴木了生さん(当時の日本連盟総コミッショナー<副コミの時もありました>・現先達)が隊長を引き受けて下さり、プレッシャーを感じながら様々な活動を実行しました。副長が日本山岳会所属の山屋の野沢さん(市役所勤務)でした。
他の指導者の方々も、みんな若く20代〜30代前半で、登山・ワンゲル・サイクリング等の市内若手男女専門家グループからの出身でした。

SS・RS頃の7年間に鈴木隊長・野沢副長の多大なバックアップを受け、山岳系・長距離移動・離島無人島・イカダ・雪中・ヨット・カヌー・自転車移動・各隊後輩達へのサポート等〜果敢にチャレンジしました。
・・・失敗惨敗ばかりでしたけど。

高校1年生時では、愛知県連主催のSSトレーニングで福井県の日本海から琵琶湖長浜と関が原あたりを経由、太平洋まで山越えしたこともありました。
もの凄く過酷で遠かったです。
愛知県連のおっさん達が考えたコンセプトは、「日本海の海水を太平洋にそそげ!」というもの。
個人装備野営装備以外にも意味のない重い海水を余分に背負い、ひたすら歩きました。
今考えると無意味ですなぁ〜。

ですから、湘南地区藤沢8団SS・VS隊の活動の源は全て、安城2団のSS/RS時代にありました。

藤沢8団に関係するようになって、安城2団SS/RS時代での昔の失敗した笑い話をいつもしていたら、スカウト達・団関係者達みんなが、やってみたい、やりたい・やろう・・・ということになって・・・活動内容が継続した・・・続いたのです。

藤沢8団:F8に関係した経緯は、20年前の30歳の頃四国の四万十川をカヌーで下ってきた写真を(東京の設計事務所勤務時代)のデスクの上に放置していたら、当時の上司が見て、F8のシニア連中にカヌーレッスンを頼まれたのが最初でした。
それから・・・湘南地区関係です。


*1987年に実行した四万十川カヌー下りは、当時作家デビューした野田知祐氏の名著「日本の川を旅する」(日本ノンフィクション賞新人受賞だったか?)を読んで感銘を受け、私も清流四万十川と那珂川にリバーツーリングを行こうと思いました。この頃は、椎名誠氏「わしらは怪しい探検隊」も発刊され、雑誌ビーパルも創刊された頃でした。
投稿者:imori masuda takao
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ